夜に食べると最悪!な食べ物

· 9月 19, 2015
1日の時間によって、食物の摂取を制限することは重要です。 エネルギーレベルを上げ、睡眠を妨げるという理由で、たんぱく質を豊富に含んだ食品を夜に食するのは止めましょう。チョコレートも眠りの妨げになります。

 

時に、食べた物の消化が追いつかず、眠りにつけないことで、次の日に響くことがあります。この記事では、夜に食べると良くないと言われている食べ物についてお話します。

日々の食生活は、健康と密接に関係しています。きちんとした食生活は幸せのかぎです。それだけに、どんな物をどれぐらい食したらいいか、体に取り返しのつかない害が及ぶ前に知ることが大切です。体の機能に必要な、栄養豊富な食物は沢山ありますが、適した時間に食することが大事です。体の機能は1日の時間帯によって異なるため、いつ何を食するかを知っておくのは重要です。

 

寝る前に食べてはいけない食べ物

  • パスタ類は消化の際脂肪に変えられてしまうので、夜食すのを避けましょう。血糖値を上げ、不眠症をもたらすこともあります。
  • シリアルは軽い食事として取り上げられていますが、深い眠りの妨げになるうえ、砂糖の量も気になります。もしベッドに入る前にどうしてもシリアルを食べる場合は、食物繊維が豊富で、低糖のものを選びましょう。果物を少量加えることはいいでしょう。
1

  • 味付けの濃い物、特にニンニクやスパイス類は避けましょう。胃酸の逆流や消化を遅らせる恐れがあり、快眠から遠ざかってしまいます。
  • チョコレートは体にエネルギーを与えてくれるため、身体が休みにくくなってしまいます。
  • アイスクリームを夜に食すと、脂肪に変えられてしまうので、体重の増加に繋がります。加えて脂肪分と糖分の高さが、消化を遅らせ、能の働きを活発にさせるため、夜更かしの原因にも。
2

  • 深い十分な睡眠により、体は日中の活動からリラックスする必要があります。エネルギーレベルを上げ、休むことを遠ざけてしまうので、夜にたんぱく質の豊富な食べ物を食べないようにしましょう。
  • コーヒーが睡眠の妨げになることは有名ですが、カフェインは8-10時間も体内に残って、エネルギーを与えているとは知らない人も多いかもしれません。
3

  • アルコールを飲むと早く眠りにつけますが、睡眠の質に良くない影響を与えます。
  • 赤身の肉はたんぱく質が豊富で脂質が高いために消化が難しく、従って消化のために体を忙しく働かせます。これらの食品は夜に食すのは、けいれんやひきつけなど、胃の不快感をおこす恐れがあり、快眠の邪魔になりえます。
  • 揚げ物など、脂質の多いい食べ物は、重たく消化が難しいために睡眠障害をおこす恐れがあります。

上記に記された食べ物を、少なくともベッドに入る2時間前からは食べないようにしましょう。夜、体は活動のためのエネルギーが不要なので、食べ物を必要とはしていません。1日の終わりに、8時間の睡眠時間を確保できるようにして下さい。体は睡眠中に毒素を解消し、浄化し、リフレッシュしています。