腹部膨満をおさえるヘルシースムージー

· 4月 30, 2017

スムージーはそのフルーティな味、クリーミーさ、魅力的な見た目、健康な成分などによりますます人気が高まっています。小麦粉や砂糖、加工食品が入っていないので、朝や午後の飲み物として完璧です。

ここでは、3つの魅力的でヘルシーなスムージーをご紹介します — グリーンスムージー、イエロースムージー、オレンジスムージー―の3つです。スムージーの成分が腹部膨満に効果があるだけでなく、消化機能や腸の動きを改善してくれます。

100%健康なスムージ―

スムージーは一般的に生、冷凍、凝縮のフルーツで作られ、氷などと混ぜ合わせられます。この記事では普通のものよりも更にヘルシーなスムージーを共有します。味を損なわず、もっと簡単に消化できて可能な限り軽いものをご紹介していきます

  • 牛乳やヨーグルトの代わりに、食品店やオーガニック食品マーケットで手に入る、米や オートミール、ココナッツやスペルトなど植物由来の飲み物あるいはクリームを使ってください
  • 砂糖で甘くする代わりに、アガペシロップ、ハチミツ、ステビアなどを使用してください。
  • 生の、出来ればオーガニックなフルーツを使用してください。

スムージーがもたらすものは?

これらのスムージーのレシピはたくさんのフルーツあるいは野菜を含んでおり、あなたの好きな味に合わせて変えられます。

タミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、とても栄養価も高い飲料ですが、太る原因にはなりません。実際、とても満足度が高いので、体重減少につながります。朝食、あるいは午後の間食として、あるいは食事や特別なディナーでゲストを驚かせるのにも完璧です。この場合は、広めのグラスかカップに盛り付けてみてください。あるいは、上に少量の米、オーツ、ココナッツのクリームを乗せてもよいでしょう。

スムージーは全ての年代の方に効果があります。小さな子供には、フルーツを与える、ユニークで栄養価の高い飲み物になります。そして身体的に大きな負荷がかかっている人には、またドライフルーツやミックスフルーツを加えてタンパク質を与えることもできます。

グリーンスムージー

緑の葉の野菜 はとてもマグネシウムや食物繊維がとても豊富で、体内を綺麗にし、神経系を整える効果もあります。朝にいいサラダを「飲む」のはよい方法ですが、スムージーにすることで甘さも加えることができます。アボカドを入れるとクリーミーになり、健康に必要な脂肪酸が摂取できます。このドリンクを朝飲めば、便秘薬なしでお通じが自然に改善されるでしょう。

材料

  • アボカド (お好みで、種の繊維も入れてもいいです)
  • 新鮮なほうれん草
  • 完熟バナナ
  • 植物性の飲み物あるいはりんごジュース
  • アガペシロップ、ハチミツ、ステビア

これらの材料を混ぜて、広めのグラスに注ぎ、リンゴやバナナスライスでデコレーションしてください。

イエロースムージー

イエロースムージーは消化を改善し、体液貯留を予防し、代謝を高め、ダイエットにも効果的な完璧な飲み物です。

このスムージーはリフレッシュ感があり、トロピカルで少しスパイシーな味がします。暑い日に最適です。よりクリーミーにするために野菜のクリームを加えるのも大事です。

材料

  • 完熟バナナ1本
  • 生姜汁あるいはジンジャーパウダー
  • ココナッツパウダー
  • オートミールや米、ココナッツなど植物由来のクリーム
  • 純正ステビア

パイナップルの皮を使うのも効果的です。健康にいいものが色々と含まれています。15分間茹で、5分冷まします。他のスムージーに入れることも可能です。

オレンジスムージー

オレンジスムージーは便秘や下痢、大腸炎、寄生虫など、腸に問題がある人に特におすすめです。また、この健康への効果に加えて、味も大変おいしいです。

材料

  • パパイヤ (抗寄生虫効果として種も入れる)
  • マンゴー1個
  • 亜麻仁 (一晩少量の水に浸します。スムージーにはこの水も加えて大丈夫です)
  • 少量の植物由来飲料
  • オーガニックオレンジの皮 (小片のみ使用)
  • アガペシロップ、ハチミツ、精製ステビア

パパイヤの種と亜麻仁がよく混ざるまで材料を混ぜます。オレンジの皮や、丸ごとあるいは角切りのオレンジで飾り付けてください。