腸内ガスから分かるあなたの健康

· 4月 29, 2017
ガス、おならというと、笑いのタネとなったり、恥ずかしいこととして受け取られがちです。しかし実際は、あなたの体の健康状態を教えてくれる貴重な情報源でもあるのです。

消化器官の問題で一番厄介なのが、ガス、おならです。

なぜだか出てほしくない時に限ってもよおしてくる上、我慢するとお腹の痛みや他の人にも聞こえてしまうような音を発します。

おならが出るのは自然な体の機能であるにも関わらず、公の場では絶対に出したくないという気持ちから、お腹の中に無理に留めてしまいがちです。おならを好きな時に自由に出すのはとても失礼なことですし、そうしてしまうと社会関係にも不都合をもたらします。

しかし、それほどまでにも出したくないというおならは、実は、体が健康かどうかを知ることが出来るとても便利なインジケータなのです。

ガスは消化過程の終わりに出来るので、その過程で問題があったかどうかがガスで分かるのです。

ご存知の通り、食べ物が正しく代謝されることは、身体的、心理的健康にとても大切なことです。

例えば、代謝が正しく出来ると、不安感や悲しい気持ちをコントロールする免疫システムやホルモン分泌を正常に行います。

これからはもっと、体から出るガスに注意を払ってみましょう

偏見や恥じらいはひとまず忘れて、ガス、おならは、くしゃみや肌のかゆみなどと同じ自然な現象なのだという事を考えてみてください。

体の絶え間ない変化をしっかりと受け止めましょう。

腸内ガスから分かるあなたの健康

過敏性腸

過敏性腸症候群は(IBS)は、度重なる便秘や下痢によって見つかることが多いようです。ガスが出るなどのお腹の張りは、その最初の段階と言えます。

・1日14回程度ガスが出るのは普通です。

・IBSの場合、ガスが出る回数も多いのですが、それに加えて臭いもきつくなります。

・もしこのような変化に気づいたら、すぐに医者に相談しましょう。

 

不健康な食べ癖

あまり早いスピードでがつがつ食べると、消化に問題を起こします。消化に必要な酸や体液を作り出す十分な時間がないため、上手く消化することが出来ないのです。

その結果、腸内でいくつかの問題を引き起こし、それと同様ガスも発生するのです。

早く食べる習慣がついてしまうと、過度の鼓腸を引き起こすアレルギーや感染症を発症する可能性があります。

 

潰瘍や寄生虫によるガス

ガスは、怪我や潰瘍のような臓器の異常を示している可能性があります。これは、げっぷを伴ったりします。

これらは食べ方の習慣などによって起きることではないので、変化に気づきやすいと思います。

気づいたら、早めに専門医に診てもらう事をお勧めします。早期に発見すれば、割と簡単に治療することが出来ます。

 

特定の食べ物や飲み物に敏感になる

これはアレルギーに限った話だと思っておられるかも知れません。特定の食べ物や飲み物に対して、体が常に大きな反応をするわけではなく、ただ単に少し、あまり「具合が良くない」という程度の影響を与えることがあります。

自己免疫反応とは関係なく、体がある一定の物質をうまく代謝できていないことを、ガスが教えてくれているのかも知れません。

ガスが普段より多く出るときや、そのまた逆にあまり出ないときには注意を払うべきです。そうすることで、どの食べ物が問題を引き起こしているのか見つけ出すことが出来ます。

 

薬の副作用

慢性的な病気に対する薬でなければ、これはとても気づきやすく大した問題でもありません。薬によって体内にガスが発生しているのです

これが一時的なものなら問題ありませんが、長期にわたって飲む薬なら話は別です。もし慢性的な病気のための薬による症状なら医者に相談しましょう。

他にもいくつか薬の選択肢があるはずですので、他の薬も試してみて自分に合うものを探してみてください。

ガス、おならが出るのは嫌だと感じることが多いですが、小さな問題が大きく発展する前にそれを見つけることが出来るきっかけとなることがあるのです。

誰も周りにいなくておならを普通に出すことが出来る時はそうしてみて、観察してください。臭いはきつくないですか? 回数はいつもより多いですか? おならを出す時なにか気持ちが悪いと感じますか?

これらの情報は、体が健康かどうか、医者に行くべきかどうかを教えてくれる重要なものです。