家庭で出来る鼻づまり薬の作り方

· 11月 20, 2015
自然の力を使った自家製鼻づまり薬は、含まれる成分が素晴らしく、体内の粘液の量を減らし、気道をすっきりさせ、呼吸しやすくしてくれる効果が期待できるでしょう。

家庭で作れる、鼻づまりに効くこの薬は、風邪やインフルエンザにかかった時、鼻が詰まって息がしづらいといったトラブルを最初に感じた時に使うと良いでしょう。簡単に作れて効果的ですし、一般的な副作用の心配もないでしょう。

鼻づまり薬のメリット

鼻づまり2

お子さんを始め、家族全員が利用できる鼻づまり薬の作り方をご紹介します。以下のような効果が期待できるかもしれません。

  • 抗ウイルス作用
  • 充血除去および抗菌
  • 免疫力を促進
  • 抗炎症
  • 粘液生産を減らし呼吸を楽にする
  • インフルエンザ、風邪、アレルギー

自然の力を使った自家製鼻づまり薬の作り方

はちみつれもん

材料

  • 粉末ウコン大さじ1/2杯(5g)
  • レモン汁1個分
  • ハチミツ大さじ3杯(90g)
  • リンゴ酢大さじ3杯(60ml)
  • 水½カップ(100ml)
  • カイエンペッパーひとつまみ
  • ユーカリの葉3枚

作り方

  • 水を沸騰させ、ユーカリの葉を加えてお茶を作ります。次に、カイエンペッパーとウコンを加えます。
  • 熱を止め、温かい間に、はちみつ、リンゴ酢、レモン汁を加え、よく混ぜます。このお茶は、あまりドロドロしていてはいけません。
  • ボトルにお茶を漉して入れ、ユーカリの葉が残っていないことを確認します。
  • 昼に大さじ2杯、ベッドに行く前にさらに2杯飲みます。 子どもには、大さじ1杯に減らし、昼に2回、夜に2回飲みましょう。
  • このレメディは、冷蔵庫で最長2日保存できます。飲む時の温度は室温が理想的です。

鼻と喉を楽にする他の対処法

鼻づまり3

上記に加え、以下のような方法も効果的だと考えられていますので、鼻づまりが辛い時には是非試してみてください。

アロエ、蜂蜜、レモンのお茶

寒い朝に最適です。沸騰したカップ1杯のお湯に、アロエ大さじ1杯を加えます。その後、レモン汁半個分と、はちみつ大さじ1杯加えます。温かいうちに飲むと、楽になるでしょう。

オニオン吸入

古くから使われている伝統的な方法ですが、今日でも有効です。玉ねぎを4分の1にカットし、ベッドサイドテーブルの上に一晩置きます。 その特異なにおいが、天然抗生物質として機能し、殺菌します。

こちらもお読みください『咳、アレルギー、インフルエンザを撃退する玉ねぎのパワー

ミントティー

簡単で美味しく、効果的です。 このお茶は午後に淹れましょう。水1カップを沸騰させ、ミントの葉を5枚加え、約5分蒸らします。飲む時は、鼻の前にカップを掲げ、深く息をしましょう。

蒸気を鼻と毛穴に浸透させましょう。その良い香りがあなたをリラックスさせます。また副鼻腔が通るようになります。少し冷めたら、お茶を飲みましょう。これは、最高のうっ血除去作用のある方法の一つです。

こちらもお読みください『発見! ミントティーがもたらす様々な健康効果

塩水

喉の炎症を減少させ、気道を通りやすくするためのよく知られた方法です。ぬるま湯カップ1杯に、塩を大さじ1杯加えます。この液でうがいをし、飲まずに吐き出します。お湯は熱すぎてはいけません。塩以外に、重曹も良いオプションです。 お湯1カップに重曹大さじ1杯を加え、一日を通して少しずつ飲みましょう。