消化器系に良いお茶4選

9月 16, 2017
消化器官の調子が頻繁に悪くなる方は、今回ご紹介するお茶を飲む事を習慣にする事をお勧めします。痛みや不快さを軽減するだけでなく、問題を未然に防いでくれます。

消化器官は、人間の体の中で最も重要な器官の1つです。その大切さゆえ、ケアをきちんとする事も大切です。消化系の疾患は、特に症状がない状態から始まってしまうので普段のケアが非常に大切なのです。

消化器官の主な機能は、食べ物を処理する事にあります。まず、消化は食べ物が口に入るところから始まります。

食べ物が、消化器官を通ている間に栄養素や他の物質が体のエネルギーになる為に吸収されていきます。

ところが、このプロセスが体内の何かしらの問題によって妨げられる事があります。

消化機能の問題

消化器系の問題は、色々な器官に起こります。

中には、よく知られているものもあります。その中でも、特に目立つものは以下の問題です。

  • 狭窄症(食道に起きる症状)
  • 膵臓炎
  • クローン病
  • 逆流性食道炎
  • 胆石
  • 便秘
  • ガス

どのようにして消化器官の問題を明らかにするのか

消化器系に問題が起きている場合、以下の症状がある事が多くあります。

  • 吐き気、または今すぐ吐いてしまいそうな感覚
  • 腹痛
  • 下痢または便秘
  • 炎症
  • 腹部の膨張
  • 失禁
  • 何かを飲み込む事が困難になる

他にも様々な症状がありますが、上記に挙げた症状が消化器疾患の際に主に出る症状です。

家庭でできる自然療法:お茶で消化器疾患を和らげる

消化器系の問題は、非常に一般的で誰にでも起こり得る問題です。消化器疾患を和らげる事のできる自然療法を知っておくと、いざという時にとても便利です。

昔から消化器系に使われてきた、効果的な治療法と言えばやはりお茶です。そのお茶にも様々な種類があり、効果もそれぞれです。

それでは、その中でもお勧めのお茶をご紹介しましょう。

1、カモミールティー

カモミールの性質は、様々な消化器系の問題を解決するのに最適です。消化不良を抑え、吐き気を楽にしてくれる効果があります。また、腸内ガスを抑える効果もあります。

週に3回、夜に飲むと一番効果的です。

材料

  • 水 115ml
  • カモミールを乾燥させたもの 大匙1杯

作り方

  • 水を沸騰させます。
  • カモミールを入れたら、火から降ろします。
  • 蓋をして、15分蒸らしてください。
  • お茶を濾したらできあがりです。

2、ミントティー

この植物は世界中で薬草として知られています。ミントの使用は、どんどんと一般的になってきており、ミントは消化器官にも良い効果があります。

ミントが和らげてくれる健康の問題の中に、消化不良、吐き気、そして胆石があります。

材料

  • ミントの葉 一掴み
  • 水 115ml

作り方

  • お湯を沸騰させて、ミントの葉を入れます。
  • 蓋をして、火を止め、冷ましてください。
  • 1日に最低2回、朝食の前と夕食の前に飲む事をお勧めします。

3、ボルド茶

このお茶はその消化器官を守る性質から、世界中にその名が知られています。

ボルド茶は、胆石や消化不良に悩まさせている人にぴったりのハーブティーです。

材料

  • 乾燥させたボルドの葉 大匙2杯
  • 水 460ml

作り方

  • お湯を弱火で温めます。
  • お湯が完全に沸騰してしまう直前にボルドの葉を入れます。(沸騰させないように気を付けてください)
  • そのまま3分放置します。
  • 3分したら火から降ろし、蓋をします。
  • 飲めるくらいの温度まで下がったら、濾して出来上がりです。
  • 毎食後に飲む事をお勧めします。特に重い食事をした後にお勧めです。

4、クミンティー

クミンは、様々な効能のあるスパイスですが、クミンを摂取してはいけない場合があるので使用するときには十分に気を付ける事が大切です。

様々な効能の中で、消化器官では疝痛と炎症に効くと言われています。

材料

  • 水 115ml
  • クミン 大匙1杯

作り方

  • お湯を沸騰させ、クミンを入れます。
  • 火を止め、クミンを入れたら5分間放置して、濾したら出来上がりです。
  • 効能を最大限に利用する為に、週に3回飲む事をお勧めします。
あなたへおすすめ