胃腸内にたまったガスを排出するハーブ6選

· 1月 30, 2018
鼓腸の症状や腹部の痛みにお悩みですか? これらの症状以外にも、食後に胃もたれがしたり腹部が重く感じるときは、本記事でご紹介するハーブを用いて不快な症状の改善を目指しましょう。

胃腸内にたまったガスを排出させ,ガスによる圧迫感を取り除く効果のある駆風薬として働くハーブは、消化管に蓄積するガスを緩和します。

これらのハーブは、特に胃の不快感や消化機能の低下を改善する効果があるため、何百年以上もの間、自然医学の世界では重宝されています。

実は製薬業界でも、これらのハーブから抽出したものを抗鼓腸薬の成分として使用していますが、そのままの自然な状態のハーブも非常に有効で、化学物質を使わない自然療法として高い効果を発揮します。

特に抗痙攣薬としても作用するため、ハーブに含まれている栄養素とともに、腸内フローラと呼ばれる細菌を正常化して、栄養を補給します。これまでに駆風薬ハーブを試したことのない方は特に、今回ご紹介する6つのハーブをお試しください。

1.  カモミール

カモミール

カモミールには抗炎症成分が含まれているため、鼓腸、腹部の炎症、そして 疝痛などの緩和に使用します。

またカモミールの成分が消化機能を促進しながら、腸内でのガスの発生を減少します。

材料

  • カモミールの花 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらカモミールの花を加えます
  • 10分間抽出した後、濾してから飲んでください
  • 腹部の炎症やガスが溜まったように感じたときは、1カップを飲んでください
  • 予防として、何か胃腸に不調がが起こりそうな食事をした後に飲む方法もあります

2.  セイヨウトウキ

アンゼリカとも呼ばれるセイヨウトウキには、消化促進、駆風効果、抗炎症作用などが含まれているため、腸内のガスの原因となる老廃物の消化と促進に効果を発揮します。

また胃炎や不安障害の症状を軽減する鎮静成分と鎮痛成分が含まれています。

材料

  • セイヨウトウキ(アンゼリカ) 小さじ1  (5 g)
  • 水 1カップ (250 ml)

使用方法

  • 水の中にセイヨウトウキを加えたら沸騰させます
  • 沸騰したら弱火で5分間火にかけます
  • 火を止めて蓋をしたら、10分以上室温で抽出させます
  • ガスや炎症の症状が現れたら飲んでください
  • 毎食後に飲むのもおすすめです

3.  タイム

タイム

タイムのエッセンシャルオイルには、駆風薬としての作用、抗酸化物質、抗炎症物質が含まれているため、腸内で発生するガスと、蓄積される毒素や老廃物を軽減します。

また、タイムに含まれる抗痙攣成分の働きが、腹部の膨らみや炎症を軽減します。

材料

  • タイム 小さじ1 (5 g)
  • 水 1カップ (250 ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらタイムを加えます
  • 蓋をしたら5~10分間抽出し、濾したら出来上がりです
  • 食後に、特に胃や腹部の不調を感じたら、このお茶を飲んでください
  • お好みで1日2回まで飲んでください

4. リコリス

リコリスの根は、消化機能の改善と抗炎症効果のある自然療法として人気です。適度にリコリスを摂取することで、老廃物を体外に排出し、過剰に分泌される胃酸を正常に保ちます

リコリスの駆風薬としての働きが、胃腸内に溜まったガスを排出し、胃もたれや腸内の炎症を軽減します。

材料

  • リコリスの根 小さじ1  (5 g)
  • 水 1カップ (250 ml)

使用方法

  • リコリスの根を入れた水を沸騰させます
  • 沸騰したら弱火にして3分間火にかけます
  • 室温でしばらくそのままにした後、濾したら出来上がりです
  • 1日に2~3カップ飲んでください

5. ボルド

ボルド

南米が原産の薬用植物であるボルトは、駆風薬としての働き、天然クレンザーとしての働き、そして抗炎症作用があります。胃や肝臓の機能、そして便通を改善します。

特に脂肪とタンパク質の消化を改善することで、胃腸内のガスや胃の痛みを抑える働きがあります。

材料

  • ボルドの葉 小さじ1  (10 g)
  • 水 1 カップ (250 ml)

使用方法

  • ボルドの葉を水に加えたら沸騰させます
  • 沸騰したら弱火にして5分間火にかけます
  • 火から下ろしたら10分かけて抽出し、濾したら出来上がりです
  • 胃が重く感じたりガスが溜まっていると感じたら、1カップを飲んでください
  • 重い食事をした後などに飲むのもおすすめです

6. コリアンダー

コリアンダーの葉と種の両方に、胃腸内のガスを排出する駆風成分が含まれています。

腹部のむくみや胸焼け、そして消化不良を緩和して、胃腸の機能を正常に保つ効果があります。

材料

  • コリアンダー 小さじ1 tsp  (5 g)
  • 水 1 カップ  (250 ml)

使用方法

  • 水を沸騰させたらコリアンダーを加えます
  • 火を止めて室温で5~8分間抽出した後、濾してください
  • ガスの症状がおさまるまで、1日に2~3カップ飲んでください

鼓腸の症状や腹部の痛みにお悩みですか?

これらの症状以外にも、食後に胃もたれの症状や腹部が重く感じるときは、本記事でご紹介したハーブの中から一つを選び、不快な症状の改善を目指しましょう。