消化不良や胃もたれに効く方法

消化不良とは腹痛、胃もたれ、膨満感、嘔吐、下痢、何となく気分がすぐれない等の症状を引き起こす消化トラブルのことを言います。消化不良は普通、脂っこい料理、しつこい料理等を大量に食べると起こりますが、それ以外にもアルコール摂取や消化管に空気が溜まることなどが原因でも起こります。しかし、消化不良や胃もたれは自宅で簡単にできる自然療法で対処することができるのです!

消化不良に関係するトラブルで一番多いのは、お腹の膨満感でしょう。これは通常、急いで食事をしたり、話しながら食事をする、炭酸飲料を飲むことによって消化管に空気が入ってしまうことで起こります。服がキツく感じ、まるで胃が爆破してしまうのではという位にお腹が張ってしまったように感じます。

でも心配には及びません。自宅でできる自然療法と食習慣の改善で消化不良や胃もたれを防ぎましょう。

消化不良や胃もたれを防ぐ方法

  • ゆっくりと食べる:食事をする際には、ゆっくりと時間をかけてよく噛み、できるだけ食べる間に空気を吸い込まないようにすることが大切です。なぜならこの空気がむくみの主な原因となるからです。よく噛んで食べたものは消化されやすくなります。
  • 炭酸の入った飲み物を飲まない:ソーダやスパークリングウォーターが大好きな人は、ソーダやスパークリングウォーターを食生活から取り除きましょう。代わりに水やレモン水、お茶、天然のジュースを飲みましょう。
  • 自分の体の消化システムに合わない野菜を見つける:カリフラワー、キュウリ、瓜類、ピーマン、キャベツなど特定の野菜を食べると体が敏感に反応する方は大勢います。これらの野菜を食べるとむくみを感じたり消化不良を起こすという方は、他の野菜で代用したり摂取量に気をつけましょう。
  • 乳糖不耐症かどうかを知る:乳製品を食べると体が敏感になる方は大変多いようです。乳製品は消化しにくく、食べたことによる膨満感は下痢や嘔吐、吐き気をもたらします。
  • 脂肪が多く含まれた食べ物や食事を避ける:揚げ物、ジャンクフード、卵・バター・植物油の摂り過ぎに気をつけましょう。

消化不良や胃もたれに効く5つの自然療法

消化不良や胃もたれに苦しんでいるなら、簡単に自然にかつ経済的にその症状を改善する自然療法があります。今日は自然療法を5つ紹介しますので是非試してみてください。

シナモンティー

消化不良2

シナモンには消化の過程を助ける効果、特に上手く消化できていない時に起こる張りやむくみを減らす効果があります。シナモンティーを作るには、シナモンパウダー小さじ1杯を沸騰したお湯カップ1杯に加えます。数分蒸らしてゆっくりと飲みましょう。

オレンジジュース

こってりとしたしつこい料理を食べた時にはオレンジジュースが良いでしょう。油っぽい料理やしつこい料理を食べる前に、新鮮なオレンジを絞ったオレンジジュースをグラス1杯飲みましょう。ーオレンジは胃酸を増やし消化を促します。

重曹

消化不良3

胃がもたれたり重苦しい感じがするのは、食べた物が消化不良を起こしているという症状です。この状態を良くするには重曹が良いでしょう。重曹は胸焼けを抑え、消化管に溜まった空気を取り除きます。作り方は簡単です。重曹小さじ1杯をグラス半分の水に入れます。お好みでレモン汁を加えても構いません。混ぜたらすぐに飲みましょう。

ジンジャーティー

ショウガは消化液の促進を助け、酵素の流れを改善します。つまり、特に油っぽい食事を食べた後の胃もたれ、張り、ガス、消化不良による痛みを予防、または和らげます。ジンジャーティーの作り方は簡単です。熱いお湯カップ1杯にすりおろしたショウガを適量加えましょう。そのまま2〜3分蒸らせば完成です。

ミントティー

消化不良4

ミントには消化不良の症状を和らげ、体が食べ物をうまく消化できるよう助ける優れた効果があります。ミントティーの作り方は、沸騰させたお湯カップ1杯分にミントの葉を数枚入れ、蓋をして10分程蒸らせば出来上がりです。