ガスと消化不良を避けるための秘訣

12月 3, 2015

消化不良、胃痛そしてガス溜まりは誰しも経験のある、よくある症状の一つ。一般的には、体が食物をうまく消化できない時に起こりやすいのです。その結果として体の機能が低下し、さらに消化に時間がかかり、他の症状が伴うこともありえます。

「消化の不具合」と呼ばれるものは、頻繁にまたは数か月にわたり、毎日起きることもあります。これに対し、消化不良は時々現れそんなに長続きしないもので、治療しやすい傾向があります。一方で、鼓腸(腸にガスがたまること)はとても頻繁に起きやすいものです。なぜならこれは消化の不具合と消化不良と密接な関係があって起きるものだからです。鼓腸を経験することは誰にとっても不愉快なもので、それが慢性になると余計に厄介です。こうした問題は毎日の生活習慣から生じているかもしれません。生活習慣を少し変えることが、こうした煩わしい問題を避けるポイントです。

情緒的ストレスや興奮を避けましょう

既にご存知かとは思いますが、胃は情緒的な問題に非常に敏感な臓器です。ストレスに苦しんでいる時、もしくは精神的に疲れている時、落ち込んでいる時、胃も同様にまた苦しみはじめるのです。そして痛みを感じたり、炎症があったり、一般的には消化不良、時にはガスが貯まったりするのです。情緒的バランスのとれた生活はあなたの消化を助けるのです。

正しく食べましょう

サラダ

「正しく食べること」を学ぶことは消化不良とガスを防ぐためのキーポイントの一つです。食べ物をよく噛まないと体が消化しにくくなるために、消化に時間がかかります。また、急いで食べると過剰な空気を飲み込むため、ガスが形成されはじめます。ゆっくり食べることは非常に重要です。唾液が消化を助けるように、そして満足感を得るために、食べ物を良く噛みましょう。食事の際にあまりたくさん水を飲まないことも重要です。なぜなら水をたくさん飲むと酸を中和するため消化を難しくする可能性があるからです。

食後に休息をしましょう

リラックスして胃が良い消化を行うためのエネルギーを与えるのもよい考えです。食後には身体活動を避け、少しの間、休みましょう。ソファーや椅子にもたれるのもよいでしょう。食べた後にベッドで長い昼寝をするのは健康的ではありません。

薬は満腹の時に飲みましょう

薬

消化不良を起こしてしまう薬はたくさんあります。このためできる限り薬を避けた方がよいです。日常的に薬を摂る必要があるならば、不快感をさけるために満腹の時に飲みましょう。

健康的な食事を心がけましょう

食事はよい消化とガスを避けるための基礎です。胃にとって負担がかかる食物というのがいくつかあります。そういった食物を食べないのが一番良いのです。頻繁な消化不良に悩むのならば、辛いもの、酸っぱいもの、繊維質の食べ物など、問題を起こしやすい食べ物を食事から取り除くべきです。アルコール、たばこ、炭酸飲料、ジャンクフードも避けましょう。

寝る前に食べないようにしましょう

寒色

寝る前に食べるという悪い習慣を持っている人も多いものです。これは消化にとても負担がかかりますから、就寝の少なくとも3時間前には食べておくことをお勧めします。

心に留めておくべきこと

  • 以上のような秘訣をあなたの日常生活に活かすことは、消化をコントロールする大きな助けになります。消化不良とガスの両方の問題と戦うために、よい自然療法もいくつかあることを覚えておいて下さい。生姜やレモンはガスを抑えたり、消化不良を和らげるために非常に効果的です。
  • また、胃と消化管の問題が頻繁に起きる場合には問題を深刻に考える必要があります。胃痛、消化不良、ガス溜まりが1週間に2度以上あるのならば、お医者さんに相談しましょう。なぜならそれらは大きな問題を示唆している場合もあるからです。過敏性腸症候群、肝臓感染症、食物アレルギーなどの問題です。最悪の場合にはある種の癌を示唆している場合もありえます。
あなたへおすすめ