ガスと消化不良を避けるための秘訣

· 12月 3, 2015

消化不良、胃痛、そしてガスにお悩みですか?

これらの症状は一般的には、体内で食物を十分に消化されない時に起こる傾向が高く、その結果、体内機能が低下して消化に時間がかかったり、他の症状を併発することもあります。

消化の不具合は、頻繁にそして数ヶ月と長期にわたって毎日発症することがありますが、消化不良はその症状も一時的なので、治療をしやすい傾向があります。

一方で、鼓腸(腸にガスがたまること)は、消化の不具合によって発生する非常に不愉快な症状です。

これらの症状にお悩みの方は、その原因が実は不健康なライフスタイルや生活習慣がその原因になっていないか改めて自分の生活を見直しましょう。

生活習慣を少し変えることで、煩わしい問題を回避することができます。

ストレスや興奮を避ける

私たちの胃はストレスなどの精神状態と密接な関わりがあります。

ストレスに苦しんでいる時や神的に疲れている時、そして落ち込んでいる時、胃の不調を感じることがあります。

兵庫医科大学内科学消化管科主任教授の三輪洋人 先生 は、花王ヘルスケアナビサイトにてp胃の働きは自律神経と密接な関係があります。そのため、ストレスを感じやすい人は、交感神経が優位になり続けることで、自律神経のバランスが崩れてしまい、胃の健やかな消化活動が行われなくなる場合があります。その結果、食べ物が胃の中に長時間滞留すると、胃もたれなどを招いてしまいます。」と話しています。

胃の痛みや炎症、そし消化不良やガスなど、精神状態が直接消化器系に影響を与えます。

精神状態を安定させることで、消化器系機能を促進するように心がけましょう。

正しい食生活の維持

サラダ

「正しく食べる」方法を学ぶのが、消化不良とガスを防ぐためのキーポイントの一つです。

消化を良くするためにはしっかりと食べ物を噛みましょう。

食べ物をよく噛まないと体が消化しにくくなるために、消化に時間がかかります。

急いで食べると過剰な空気を飲み込むため、ガスが形成されはじめます。

ゆっくり食べることで、唾液の分泌が促進されて消化を助け、少量で満腹感を感じます。

食事の際にたくさん水を飲まないことも重要です。水をたくさん飲むと酸を中和してしまい、消化機能を低下させる危険がります。

こちらもご覧ください:胃腸に溜まったガスに効果的な5つのお茶

食後に休息をとる

リラックスして胃が良い消化を行うためのエネルギーを与えるのもよい考えです。

食後には激しい身体活動を避け、少しの間休みましょう。

ソファーや椅子にもたれるのもよいでしょう。

ただし、食べた後にベッドやソファーなどで長時間の昼寝をするのは健康的ではありません。

正しく薬を服用する

薬

消化不良を起こしてしまう薬はたくさんあります。

現在服用している薬がある場合は、医師の指導のもとで正しく服用してください。

健康的な食事を心がける

消化機能の促進とガスを予防するための基本は、バランスの取れた健康的な食生活です。

胃に負担がかかる食物というのがいくつかありますが、頻繁な消化不良に悩むのならば、辛いものや酸っぱいもの、また脂質や糖質が多く含まれた食品を避けることが大切です。

また、飲酒や喫煙などの習慣を改善するだけでなく、ジャンクフードや加工品も食生活から取り除くように心がけてください。

健康に良いとされる食物繊維が多く含まれている食品が問題を起こしているケースもあります。

食生活を改善する時には、必ず栄養士や医師などの専門家の指導のもとで改善を行ってください。

寝る前に食べない

寒色

寝る前に何かを食べると、消化機能に多くの負担がかかるため、就寝の少なくとも3時間前には食事を終えることをお勧めします。

こちらの記事もご参考に:寝る前に食べるのは避けたい10の食べ物

注意事項

  • 今回ご紹介した方法に加えて、生姜やレモンはガスを抑えたり、消化不良を和らげるために非常に効果的な自然療法です。
  • 胃腸などの消化器官の問題が頻繁に起きる場合、特に胃痛、消化不良、ガスが1週間に2回以上起こる場合は、必ず医師に相談してください。過敏性腸症候群、肝臓感染症、食物アレルギーなどの問題や、最悪の場合にはある特定の癌の兆候である可能性も考えられます。決して自己診断は行わないように注意しましょう。

引用サイト:花王ヘルスケアナビ