胃が痛いのはなぜ? 胃痛を通して体が出すSOS

· 9月 4, 2018
あなたは胃痛に悩んでいませんか? いつまでも胃が痛いという人は、すぐに医師の診察を受けましょう。

あなたはよく胃が痛くなりますか? この痛みは医学的に心窩部痛と呼ばれています。つまり、おへそより上、バストより下の部分に痛みを感じるものです。

胃痛はそれほど深刻な問題ではないと考えられていますが、胃痛のために病院を受診する人は非常に多いのが現実です。

まずは、自分の体をよく知りましょう。体が出すSOSを知りましょう。胃痛の原因はたくさんあるからです。

私たちの体は全てのものを吸収できるわけではありません。これは物質的な意味でもですが、精神的な意味でもです。

あなたの胃痛の原因は一体何でしょうか?

胃が痛いのはなぜ? 胃痛の原因

食物アレルギー

牛乳とお腹

食べた後に胃のトラブルを引き起こす食べ物があります。食べた直後の場合もあれば、数時間経ってからの場合もあります。例えば、乳糖やグルテンなどがアレルゲンとして有名でしょう。

この場合、自分が不耐症を持つ食べ物を食べるといつでも痛みが現れます。自分の体が受付られない食べ物が何かを知り、食べるのをやめるようにしましょう。また、それに代わる物を見つけましょう。

ストレスや怒り

私たちの体は、憤怒、怒り、ストレスなど特定の感情に反応すると、胃の痛みを引き起こす場合があります。

私たちの体の神経系や消化系は感情の影響を受けています。体はストレス状態に入り、下痢や腸の炎症などを引き起こすのです。

こちらも読みましょう『ストレスを解消し気分を改善する簡単なエクササイズ』

ジャンクフードの食べ過ぎ

ジャンクフード

ジャンクフード(脂肪の多い食べ物、ソフトドリンク、香辛料のきつい食べ物など)を食べすぎると、お腹、特に左側に痛みが出るでしょう。

痛みはその食べ物が消化されるまで続きます。痛みが全く消えない場合は、吐き気や嘔吐を引き起こすこともあります。

消化不良

消化不良の場合は、お腹の真ん中に痛みを感じます。

消化不良になると、食事中や食後に胸焼けやガスを伴います

食べ過ぎた時、飲みすぎた時、5〜11%の人が消化不良を起こすようです。

月経痛

生理痛

月経前症候群とは、女性の体に影響を与える身体的・ホルモンの状態です。一般的に痛みは腰に起こるのですが、大部分の女性はお腹に痛みを感じると言います。

この痛みは月経が終わるまで続きます。そのため、日々活動的に過ごし、体に良いものを食べ、睡眠をしっかりとることをお勧めします。

こちらも読みましょう『辛いPMS(月経前症候群)にさよならする方法』

感染

感染症にかかったとどうすればわかるのでしょうか? お腹の感染は、食べ物に含まれていた寄生虫、細菌、ウイルスなどからきます。

症状はどの寄生虫、細菌、ウイルスに感染したかによって異なります。焼け付くような痛み、倦怠感、食欲不振、発熱などが症状として起こるでしょう。

自然の力を使って感染の症状を緩和する方法はありますが、痛みが続くようであれば、病院にいって受診することが大切です。

便秘

便秘

慌ただしい生活は体にストレスを与えます。また、ストレスだけでなく、繊維を多く含む食べ物の不足や水分不足などが便秘の原因となります。

まずは、ダラダラした生活にピリオドを打ち、活動的な生活を送ることです。野菜を食べ、1日グラスに8杯以上水を飲みましょう。

それでも便秘が解消されず、お腹が辛い場合は医師に相談し、下剤を処方してもらうのも方法でしょう。

胃食道逆流症(GERD)

胃食道逆流症は胃酸の変化、つまり方向が逆転することによって起こります。胃から食道に向かって胃酸が流れることにより、焼け付くような激しい痛みを喉や胃に感じるのです。

ではどうすればいいのでしょうか?

それほど深刻でないケースのばい、食生活を変えることがポイントとなります。脂肪分の多い食べ物、チョコレート、辛い食べ物、コーヒーは避けます。夕食は軽いものにし、繊維をたくさん摂取するように心がけましょう。

薬の副作用

薬を服用する場合は、その副作用を知っておくことが大切です。副作用として胃が痛くなるものもあります。

食道に影響を与えてしまえば、炎症を引き起こす場合があります

  • 消化管の過剰な酸は位の内壁を傷つけてしまいます。痛みをもたらし、胃潰瘍となることもあります。

自分の体が出すSOSについて注意を払いましょう。どうして胃が痛いのか、ちょっとした痛みから深刻な潰瘍まで様々ですが、その原因は数え切れないほどです。

メモ:自然療法で症状が改善される場合もあれば、抗生物質を必要とする場合もあります。時には手術が必要となることもあるでしょう。胃が痛く、何かがおかしいと思ったらすぐに病院に行きましょう。