禁煙するための自然療法

1月 8, 2016
甘草は、手にするとまるでタバコを握っているかのような錯覚に陥るので、不安感を拭ってくれます。つまり、煙草を吸いたいという欲求を心理的に打ち消してくれ、体のデトックスを促します。

禁煙することの難しさは、タバコを吸っている人なら誰でも知っているでしょう。なぜなら、例え本人が止めたいと思っていてもタバコの中毒性は強く、あらがうことは難しいからです。今日、禁煙する方法を探し求め、生活の質を改善したいと願う人々が世界になんとたくさんいることでしょうか。

 

タバコを吸うことは、主に肺、口、喉、食道ガンなど深刻な健康問題を引き起こします。また、膀胱、腎臓、膵臓、心臓血管系などにもダメージを与えます。これらのトラブルはタバコに含まれている成分が健康に与える影響によって引き起こされるのです。ある研究結果では、タバコに含まれている有毒物質が、喫煙者本人だけでなく、煙を吸ってしまう周りの人にも同様に害をあたえるということがわかっています。

禁煙したいと考えている人は、タバコを止めた際に起こるであろう禁断症状を恐れがちです。しかし、確かに禁断症状は繰り返されるかもしれませんが、1ヶ月や2ヶ月で必ず乗り越えられるものなのです。もちろん、それぞれの人の依存状態によって期間はケースバイケースとなります。あなたはまだ禁煙できませんか? もし禁煙することが難しいと悩んでいるなら、今日ご紹介する自然療法を是非一度お試しください。

 

甘草(リコリス)

タバコを吸いたいという思いにかられているなら、甘草の根をしゃぶることをお勧めします。 甘草の根を手に持っていると、まるでタバコを手に持っていた時の習慣そのままのようで、気持ちが落ち着くかもしれません。甘草には体のデトックスを促す作用があり、タバコが嫌になるでしょう。

ヒマワリsunflower seeds

ヒマワリの種は喫煙したいという欲求、禁断症状と闘うのに効果があります。ヒマワリの種は生のまま食べることが一番ですが、様々な料理に混ぜて食べることもできます。

カモミール

禁煙したい時、カモミールの煎じ液は大変有効です。作り方は、カップにカモミールの花を小さじ1杯分入れ、上から沸騰したお湯を注ぎ入れます。しばらくそのまま置いてから飲みます。1日に2度飲むと良いでしょう。

 

カノコソウ

valerian-2

カノコソウには鎮静効果、リラックス効果があり、寝付きを良くし喫煙したいという欲求を抑える効果があります。 煎じて飲んでも良いですし、カプセル状でも購入することができます。煎じる場合は、15gの量の根を水にいれ、一晩置きましょう。

フルーツや野菜ジュース

フルーツを食べることは、タバコを吸いたい気持ちを抑えるだけでなく、タバコを吸い続けたことで蓄積された毒素やフリーラジカルに耐えてきた内蔵を綺麗にしてくれます。リンゴやブドウでフルーツジュースを作ったり、ニンジン、セロリ、タマネギ、ほうれん草などの野菜とフルーツを合わせたジュースも良いでしょう。

ショウガGinger-hair

タバコを吸いたいという気持ちを抑えてくれる効果的な方法に土ショウガをかじるというものがあります。ショウガの独特な味が苦手という方もいるでしょうが、大変効果がありますのでお勧めです。

 

ニンニク

ニンニクは大変健康的な食べ物で、私たちの体を綺麗にする効能があります。また同時に、喫煙習慣を止めるのに効果があります。この“ニンニク療法”のやり方は 、空腹の状態で生のニンニクを2片食べ、その後、昼食前にさらに2片とレモンジュースをグラス1杯飲みます。夕食前にも2片食べるというものです。このニンニク療法は大変効果的なのですが、血圧が低い方、血栓を防ぐ治療を行っている方は行わないでください。

 

オーツ麦タバコ.オートミール

オーツ麦にはたくさんの効能があり、特に体内の掃除をし、健康を維持してくれるとされています。オーツ麦は減量にも効果があるとして利用されており、フリーラジカルや喫煙によって体に蓄積された毒素を除去する優れた作用があります。作り方は、水1カップにオーツ麦を挽いたものを大さじ2杯分を入れ、茹でます。これを食後に食べましょう。禁断症状をコントロールするのにも役立つでしょう。

あなたへおすすめ