胃が痛い時には避けたい8つの食べ物

炭酸飲料水はガスの生成や胃の痛みを引き起こすことがあるので、胃が痛い時に飲むのは避けましょう。

細菌や食べ物に入っている成分が原因となって消化に問題が起きると、胃が痛くなったりします。

他にも炎症や神経系のバランスが崩れることで起こることもあります。それらのたいていの原因はストレスや不安です。

深刻なものじゃないとしても、ガス、胃酸、その他消化器官の不調などを伴う事があるので、とても不快なものです。

また食べ物に対するアレルギーから胃が痛くなることもあり、それは同時に便秘や下痢を引き起こしたりもします。

原因となる食べ物の摂取を控え、治療と予防をしましょう。

ここでは胃が痛い時には食べるのを避けたい8つの食べ物をご紹介します。

 

1.乳製品

乳製品

乳製品は多くの人が毎日取り入れている食材です。とても美味しく、あらゆる栄養素を含んでいます。

ですが炎症を起こす成分を含んでおり、特に乳糖不耐性の人には悪い影響を及ぼします。

乳糖は分解にとても時間がかかるため、胃に溜まりすぎると炎症や痛み、その他の不調を引き起こします

そのため胃の調子が悪い時はどんな形であれ摂り入れるのは避けた方が良いのです。

 

2.脂肪分

脂肪分は消化の妨げになるので、胃が痛い時が出来るだけ食べるのを避けてください。

腸に吸収されるとき、炎症を押さる力を阻害するため痛みや消化不良を引き起こします

揚げ物、アイスクリーム、肉などは消化を阻害し便秘や炎症の原因となります。

 

3.香辛料

香辛料

香辛料にはとても体にいい栄養素がたくさん含まれていますが、胃を刺激する事があるので痛みがある時は避けましょう。

あまり辛い物を食べると胃酸の分泌が促進され焼けるような感覚をもたらします。

普段は適量を守って摂り入れればとてもいい食材なのですが、消化器系に不調を感じている時には避けるようにしましょう

 

4.辛い食べ物

香辛料と同じく、辛い食べ物は胃を刺激し胃酸の分泌を促進します。

食道に胃酸が逆流しない働きのある括約筋の動きを弱めるため、胸やけを起こします。

胃に痛みがある時は辛い食べ物は避けましょう。普段でも、適量を守って食べるようにした方が良いです。

 

5.砂糖、甘い物

デザート

精製砂糖やそれを含んだ食べ物は代謝や消化に悪影響を与えます。

腸内の電解質のバラスを崩す有害なバクテリアの餌となります。また炎症を引き起こし、感染症や病気のリスクを高めます

砂糖の過剰摂取はその他の栄養素の吸収を阻害し肥満の原因となります。

 

6.カフェイン

カフェインを含む食べ物や飲み物は胃を刺激し消化に影響を与えるため、酸逆流になる可能性を高めます。

腸の動きを弱め便秘、痛み、炎症を引き起こします

以下のものがカフェインを含んでいます。

・コーヒー

・ソーダ

・ブラックティー

・ダークチョコレート

・アイリッシュクリーム

 

7.炭酸飲料

炭酸飲料

代謝や消化にとって炭酸飲料は大敵です。味は美味しいかも知れませんが、胃を刺激しガスの生成を促します

クエン酸や安息香酸ナトリウムなどの化学物質を含んでおり、炎症や胃の不調を引き起こします。

また大量の砂糖が入っているので腸内フローラや、電解質に悪影響を及ぼします。

 

8.精製小麦粉

精製小麦粉を含む炭水化物は消化を遅らせ、炎症や痛み、重い感覚をまねきます

胃が痛い時にこれらを食べると症状を悪化させ治りが悪くなります。

代わりに全粒粉のものを摂り入れましょう。消化をサポートする繊維をたっぷり含んでいます。

胃の痛みに苦しんでいますか? ここでご紹介した食材は、胃が完全に良くなるまでは避けるようにしてください!

カテゴリ: 健康習慣 タグ:
あなたへおすすめ