腸内ガスと鼓腸の7つの原因

6月 14, 2017
非常に不快で恥ずかしい症状である腸内ガスと鼓腸の原因をご紹介します。

多くの人が腸内ガスの症状に鼓腸に悩んでいます。腸内ガスの原因は、腸の細菌が原因ですが、腸内の病気や腸に入る外敵要因がガスの症状を悪化させると言われています。

そのためガスや鼓腸の原因を知り、発生を抑制することが大切です。

本記事では、よくあるガスや鼓腸の7つの原因をご紹介します。予防にご活用ください。

1.腸内フローラのバランスの乱れ

過剰な腸内ガスは、腸を守る働きをする腸内フローラと言われる腸内細菌のバランスの乱れが原因で、胃腸炎や感染症など消化器系疾患を発症している時に現れる症状です。

胃腸内のpH値は乱れがちなので、バクテリアのバランスが乱れることでガスの生成が活性化されてしまいます。

プロバイオティクス食品やプレバイオティクス食品を積極的に摂取することで、腸内の細菌を正常な状態に保ちます。

 

2.腸内での異常発酵

消化器官の細菌は、ある特定の食品を腸内で発酵し、消化プロセスを容易にします。これは主に大腸で行われますが、細菌が小腸に運ばれて異常発酵が起こることもあります。

この時点で食品はまだ完全に消化されていないので、腸内にガスが充満し放出され、腸内ガスにより、腹部の膨らみや痛みなど、生活に影響を与える症状が現れることもあります。

 

3.食べるのが早い

食べるのが早い人は、その理由に関係なく腸内ガスに悩む傾向にあります。食事中に大量の空気も飲み込んでいるため腸内のガスが増加し、げっぷや鼓腸の原因になります。

 

4.乳製品の過剰な摂取

乳製品の消化を問題なく行なっているように見える人でも、長期的に見ると乳製品の過剰摂取は深刻な健康被害を引き起こします。

加齢や一定の食品を過剰に摂取することが原因で、乳製品の消化を助けるラクトース、つまり乳糖の分解酵素の値が低下します。

消化器系の疾患を発症している時や乳製品を摂取した後に問題が生じる時は、乳糖不耐性を疑いましょう。

乳糖不耐性の症状を軽減する唯一の方法が、乳製品の摂取を避けることです。乳製品の代わりになる代替え品を使ってください。

 

5.ホルモンの変化

更年期の女性は特に、ホルモンの乱れを経験します。そのため腸内に過剰なガスがたまります。

どのホルモンなのかはまだ明らかになっていませんが、ホルモンの乱れが起きると腸内活動の乱れも起こることがわかっています。

この症状を抑えるためには、積極的に運動を行い、十分な水分補給を行いましょう。

 

6.グルテン過敏症

ガスは食物アレルギーやセリアック病などの疾患の兆候である可能性が高いと言われています。

私たちが食べ物を消化するのは小腸ですが、自己免疫疾患とも言われるセリアック病は、グルテンを消化しにくいために、小腸の内側の壁に炎症が発生しておなかが痛くなったりします。

少しでも疑わしい症状が現れたらこの症状をコントロールするための食事制限が必要になります。

 

7.老廃物の蓄積

便秘や腸内の老廃物の蓄積は、腸内ガスをはじめとする消化器系疾患の原因となります。

老廃物が直腸にとどまると、腸内フローラのバランスが乱れ、通常よりも多くのガスが発生します。さらに腸内で栄養素が吸収されにくくなり、体内に不必要な老廃物が体外に排出されなくなります

このような症状が現れた時は、水分や食物繊維などの消化物質を含む食品を積極的に摂取してください。

最も効果的なの食生活の改善です。ガスの生成を刺激する食品の摂取を控えてください。

今回ご紹介したアドバイスを参考に、必要に応じて医師の指導を受けながら、生活習慣を変えていきましょう。

あなたへおすすめ