胸やけを抑える5つの自然療法

2月 19, 2018
大抵、胸やけを起こすと胃薬や制酸薬などを飲んで対処しますが、胸やけを予め防ぐことの出来る自然療法が存在します。

胸やけはとても不快な症状です。これは胃酸が過剰に分泌されることで起こり、胃酸が喉の下部まで上がってくるものです。消化不良に関する他の症状と併せて出現することが多く、また、その理由のほとんどが食べ過ぎによるものです。今回は胸やけに自然な形で対処し、痛みを抑える方法をご紹介します。

一般的に症状は軽く、すぐに良くなるものが多いですが、適切な治療が必要となる胃潰瘍、炎症、そして他の合併症に影響することも覚えておきましょう。

幸い、従来の胃薬の他に、胃酸のレベルを調節してくれる胸やけの100%自然療法が存在しています。

この記事では5つの興味深い方法を紹介したいと思います。

1.シナモンティー

シナモン茶

シナモンは抗炎症性と痙攣を鎮める効果を持っていることで知られています。これを飲むことで、特に刺激物の多い食事を摂った後の胃の炎症を自然に和らげることが出来ます。

また、シナモンの持つ天然オイルが胃の内部に起こる刺激を抑えて、胃酸を中和してくれます。

材料

  • シナモンパウダーをスプーン1杯
  • はちみつをスプーン1杯
  • コップ1杯分の水

作り方

  • 水を沸騰させてシナモンパウダーを加えてください。
  • 10分間寝かせた後、はちみつで甘さを足して出来上がりです。

飲み方

  • 食事の30分後に飲むようにしましょう。

2.レタスティー

レタスティーには抗炎症性と酸を抑える効果があります。これらが消化不良や胸やけによる胃の刺激を和らげてくれるのです。

また、このお茶は胸やけを落ち着かせ、消化機能を良くします。

材料

  • 新鮮なレタスの葉3枚
  • コップ一杯分の水

作り方

  • レタスを細長くカットして沸騰した水の中に入れてください。
  • 10分間寝かせたら完成です。

飲み方

  • 胸やけの症状を感じたらすぐに飲んでください。

3.アロエジュース

アロエジュース

アロエは消化を良くする効能を持つことから、胸やけを抑えるには最もおすすめの自然療法です。胃酸の過剰分泌を制御して潰瘍の形成を防いでくれるのです。

また、アロエの持つ栄養は腸に存在する良性のバクテリアを増やし、消化器の疾患や感染症のリスクを軽減してくれます。

材料

  • アロエをスプーン5杯
  • コップ半分の水
  • はちみつをスプーン2杯
  • レモンの汁をスプーン2杯

作り方

  • 全ての材料をミキサーに入れて滑らかになるまで回して完成です。

飲み方

  • 胸やけが起こりそうだと思ったら飲んでください。
  • また、下剤効果がある為、飲み過ぎには注意してください。

4.フェンネルシード

フェンネルは薬用として数百年以上使われてきました。消化器疾患を和らげ、胃酸が過剰分泌した際に起こる症状を和らげてくれます。

フェンネルの種と球根の両方に酸と炎症を抑える効果が含まれており、消化不良や炎症を落ち着かせてくれます。

材料

  • 粉末状のフェンネルシードをスプーン1杯
  • レモンジュースをスプーン2杯
  • はちみつをスプーン1杯
  • コップ1杯分の水

作り方

  • フェンネルシードを粉末にして(球根の場合すりおろす)沸騰した水の中に加えてください。
  • 5分ほど経ったらレモンジュースとはちみつを入れて完成です。

5.パセリティー

パセリティー

パセリの胃を綺麗にしたり、消化を助ける特性が、胸やけ、胃酸の逆流、そして胃の炎症を制御してくれます。

パセリの成分がゆっくりとした消化を促して、胃酸の量を調節してくれるのです。

材料

  • コップ1杯分の水
  • 新鮮なパセリをスプーン1杯

作り方

  • 湯を沸かし、沸騰し始めたら火を止めてパセリを加えてください。
  • 蓋をして5分から10分経ったら完成です。

飲み方

  • 消化不良や胃酸の逆流を感じた時に飲んでください。
  • さらに、予防薬として使用したいなら、1日3回食前に飲んでください。

胃が重かったり荒れていると感じたら、今回紹介した飲み物を試して、早くそうした不快な症状から解放されましょう。

定期的に胸やけに苦しんでいるのであれば、お医者さんに診てもらいましょう。それは何らかの消化器に関する病気かもしれません。

また、脂っこい、辛い、そして砂糖の多い食べ物などの刺激の多い物はあまり食べ過ぎないように気をつけましょう。

あなたへおすすめ