ソフトドリンクの真実

4月 20, 2016
ソフトドリンクには、もっと飲みたいと感じさせ、依存させる作用がある成分が含まれています。

ソフトドリンク(炭酸飲料)は、世界中でとても人気のある飲み物です。アメリカなどのいくつかの地域では、水より安い値段で販売されていることもあるほどです。

しかし大半の消費者は、ソフトドリンクに何が含まれているか知りません。この記事で、あなたが食事と一緒に楽しんでいるソフトドリンクがどんな材料から作られているかお話しましょう。読んだ後では、もうソフトドリンクを飲みたくなくなるかもしれませんよ!

ソフトドリンクはどのようにして作られるのか

ソフトドリンクは、さまざまな化学的過程を経て作られます。ナチュラルな要素はほとんど無いといってよいでしょう。カラメル、カフェイン、保存料に加えて、白砂糖、香料、人工着色料(この3つが成分の大半を占める場合もあります)が含まれています。

そのほか、例えばコーラには炭酸と、エリソルビン酸ナトリウムが含まれています。これはほとんどの人にとっては聞き慣れない名前で、恐ろしげに聞こえるかもしれませんが、知らずに人々が体の中に取り入れているものなのです。

コーラには、次のような、あまり知られていない作用もあります。便利ではありますが、同時に、人の体にとっては、あまり良いものではないということも想像できます。

バスルームの掃除

バスルーム(トイレ)にこびりついた汚れを取り除くことができます。コーラを撒いてから、ブラシを使って掃除してください。

腐食した部分を取り除く

整備士は、腐食を除去するためにコーラを使います。少量を注ぎ、30分間そのままにしておきます。

錆を除去する

remove-rust

コーラに含まれている酸は、溶剤として優れた効果があります。自転車などの錆に少量使うとよいでしょう。

油汚れを落とす

整備士がソフトドリンクを使うもう一つの目的は、油汚れを落とすことです。洋服が自動車のオイルなどで汚れたときは、容器に入れた数リットルのソフトドリンクに浸します。3時間おいてから水ですすぐことできれいになります。

ガラスを掃除する

自動車の窓ガラスにも、家の窓にも使うことができます。手に少量取ってガラスに塗り、その後、水で湿らせた清潔な布で拭き取ります。

その他のソフトドリンクの成分

ソフトドリンクには、上で述べた以外にも、まだ驚くべき秘密があります。例えばリン酸です。リン酸には腐食作用があり、まず歯に影響し、その後、体の中に入り、胃や肝臓にも影響します。このことは、消化器官や肝臓のさまざまな問題の原因になります。多くの人は気付くことがない、静かな危険と言えるでしょう。

いくつかの研究は、リン酸には発ガン性があると述べています。リン酸が大量の砂糖やカフェインと結び付いた場合、次のような影響があります:

  • 中毒性:常にソフトドリンクを欲しがるようになります
  • 神経機能の変化:ソフトドリンクを頻繁に飲む人たちは、他の人たちよりも興奮しやすくなります。
  • ホルモンバランスの乱れ:内分泌などに影響します。
  • 歯に対する害:着色汚れ、腐食、虫歯
  • 骨がもろくなる:体内のカルシウムが奪われます。
  • 体重の増加:糖分が大量に含まれており(低カロリーをうたっているソフトドリンクであっても)体重増加の原因となります。
  • 免疫力の低下
  • アレルギーの悪化
  • 体内のミネラルの減少
  • アルコールを摂った場合と同じくらいの負担が肝臓にかかります。
  • 細胞の老化
soft-drinks

なぜ私たちはソフトドリンクを飲むのか

第一に、ソフトドリンクについてよく知らないということが理由と言えます。もし人々が、ソフトドリンクを飲むことによるネガティブな影響を本当に知っていたら、すぐに買うのをやめることでしょう。少なくとも、この記事を読んでいる私たちは、ソフトドリンクを買うことや、大事な人に勧めることを今日からやめることができます。

また、ソフトドリンクには中毒性があり、水と同じように気軽に買う人も多くいます。メディアの広告は、ソフトドリンクを飲むことが最新の流行であり、友人や家族と楽しい時間を過ごすために欠かせないものであるかのように宣伝しています。しかしそれはあくまで作り上げられたイメージです。ソフトドリンクの製造と販売については大きな議論があります。消費者の健康を損なうようなものを販売することで、利益を得る企業もあります(タバコ業界が例の一つです)。

ソフトドリンクを飲むと何が起きるか

cola-ice

赤と白のラベルで有名なソフトドリンクが、人体にどのような影響を及ぼすか明らかにした、非常に興味深い研究があります。研究によると、このソフトドリンクを飲むことによる影響は以下のようなものです:

  • 飲んでから10分後:カフェインと砂糖の作用により、神経が急に興奮します。
  • 20分後:血中のインスリン値が上昇し、肝臓は砂糖を脂肪に変え始めます。
  • 40分後:肝臓が糖分を血中に放出し、瞳孔が開き、血圧が上がり、私たちに眠気を生じさせる働きのある受容体がブロックされます。
  • 45分後:脳の快感中枢を刺激する働きをするホルモン、ドーパミンが増加します。ある種のドラッグを使用した場合も、これと同様の作用があります。
  • 60分後:いくつかの特定の栄養素は、ソフトドリンクに含まれるリン酸と結びつくことにより水分と共に排出され、尿によって排出されるカルシウムの量も増加します。この過程はマグネシウムや亜鉛の不足の原因になることもあります。

 

あなたへおすすめ