体に潤いを!減量効果のある水分補給ジュースの作り方

10月 26, 2016
美味しくて栄養価の高い水分補給ジュースはいかがですか?今回は、空腹をコントロールする減量効果抜群の水分補給ジュースをご紹介します。

毎日十分な水分をとっていますか?

健康的な減量や体を正常に機能させるためには、十分な水分補給が必要です。正しい水分補給には、空腹時の胃痛を緩和し、不必要なカロリーの摂取を防ぐ効果があります。適切な水分摂取は、体重増加や様々な健康問題の予防に効果のある、手軽で効果的な健康維持方法です。

今回ご紹介するのは、体内の水分補給に最適な成分と豊富な栄養素を含む、減量効果も期待できる水分補給ジュースです。

毎日のお食事と一緒に、またはダイエット時の栄養補給としてご利用ください。

健康的な減量効果のある水分補給ジュース

きゅうり、ほうれん草、りんごといった水分補給効果のある食品の組み合せで、栄養価の高いジュースができあがります。

食物繊維を多く含むこのジュースは、便通を促進し、体内に脂肪が蓄積される原因となる消化器系の問題を解消する働きがあります。

また体内の酸化損傷や有害物質の蓄積を防ぎ、体内環境を改善する抗酸化物質やクロロフィルを豊富に含みます。

ほうれん草の効能

espinacas-500x332

ほうれん草は、満腹感を95%まで高め、減量効果を43%まで高めるといわれるチラコイドを含むことでも知られています。

またほうれん草は、ビタミン A、 C 、 E、そしてカリウム、鉄分、マグネシウムなどのミネラルと抗酸化物質を豊富に含む食品で、100gあたりのカロリーはわずが26カロリーです

きゅうりの効能

きゅうりの水分含有量は96%です。きゅうりは、利尿作用や消化機能を促進する働きでも知られている食品です。きゅうりを食べると体内の水分量が正常に保たれ、老廃物が体外へと排出されます。

低カロリーながら、脂質を分解する酵素を含むきゅうりは、ダイエットによく使われる食品です。

青リンゴの効能

manzana-500x358

青リンゴは低カロリーで、コレステロール値を正常に保ち、腸内環境を整える繊維質やペクチンを豊富に含んでいますが、ナトリウムや脂質などはほとんど含まれていませんさらに青リンゴには、栄養素の吸収やタンパク質や脂質の分解を促進する酵素が含まれており、リンゴを食べると代謝が促進され、他の食品よりも満腹感を感じます

セロリの効能

水分含有率が高いセロリの、100gあたりのカロリーはたったの16カロリーです。セロリは体内の水分調整を行い、体内組織に蓄積された老廃物を体外に排出する働きがあります。

またセロリには、ビタミンA、E、そしてB複合体と、リモネン、セリネン、そしてアスパラギンなどが含まれています。

水分補給ジュースの作り方

como-preparar-este-jugo-hidratante-500x334

今回ご紹介する天然成分たっぷりのジュースは、お腹も心も満たす、空腹時に最適な水分補給ジュースです。このジュースの効果をさらにあげるため、レモン果汁と生姜を加えています。体に大切な栄養素を補給するこの低カロリージュースは、1日に2−3回までお飲みいただく事ができます。

水分補給を行いながら体内を正常に機能させ、必要な水分、塩分、そしてミネラルを補給します。

材料

  • ほうれん草1カップ(30g)
  • きゅうり1/2カップ
  • セロリ2本
  • 青リンゴ2個
  • レモン1個
  • 生姜25g
  • 水2カップ(400ml)

作り方

  • すべての野菜を洗い、混ぜやすい大きさに切ります。
  • リンゴは酢で一度洗い流してから切ります。種は取り除いてください。
  • レモン果汁、おろし生姜、そして水を含むすべての材料をブレンダーに入れます。
  • 材料の形がなくなり滑らかになるまでブレンダーで混ぜ合わせたら出来上がりです。

飲み方

  • 空腹時に、水分補給ジュースを1杯飲むことから始めましょう。残ったジュースは食間に飲んでください。
  • 目標は1週間続ける事ですが、それが難しい場合、まずは1ヶ月に1度飲んでください。

毎日の健康的な食事にこのジュースを加えることで、スリムダウン効果も期待できます。健康維持や減量など、体に良い効果をもたらす水分補給ジュースをぜひお試しください。

あなたへおすすめ