ナチュラルヨーグルトを使った自然療法6選

· 12月 26, 2018
ナチュラルヨーグルトには善玉菌が含まれており、健康に良い様々な効能があります。

ナチュラルヨーグルトはここ数年で、その効能が広く知られるようになりました。使い道やレシピ、食べ方なども豊富で、そのため高い人気を得ています。

善玉菌は腸内フローラを整え、免疫系を強くし、感染症や病気を予防します。ヨーグルトはとても使いやすく、様々な食事や飲み物のレシピに使うことが出来ます。

ヨーグルトは単なる食べ物ではありません。健康のトラブルを改善する自然療法に利用することが出来ます。あっという間に効果が出るものではありませんが、症状の改善につながります。

ここではヨーグルトの6つの利用法をご紹介します。

 

1.やけど

やけど ナチュラルヨーグルト 自然療法

ヨーグルトの乳酸菌は皮膚の水素イオン濃度指数を整え、軽度のやけどの改善に役立ちます。やけどに直接ヨーグルトを塗りましょう。赤みや痛みを取り除きます。

方法

・冷蔵庫で冷やしたヨーグルトを患部に塗ります。

・15分置いたら濡らした布で優しく拭き取ります。

・治るまで1日2回行います。

こちらもご覧ください 日焼けの症状を緩和する5つの自然療法

 

2.爪水虫

ヨーグルトに含まれる成分は爪水虫の改善にも効果があります。抗真菌作用を持つため、細菌の増殖を抑えます。またホワイトニング効果もあるので、爪の変色を防ぎます。

方法

・少量のヨーグルトで爪をマッサージします。

・30分ほど置いて乾燥させ、温かいお湯で洗い流します。

・少なくとも週に3回、日に2回ずつするようにしましょう。

 

3.ふけ

ふけ ナチュラルヨーグルト

ヨーグルトの抗真菌作用は、フケの予防改善にも効果があります。水素イオン濃度を整え、過度の皮脂を防ぎます。

方法

・濡らした髪をパーツごとに分け、頭皮全体にいきわたるようにヨーグルトを塗ります。

・30分置いたら洗い流します。

・週に3回行います。

 

4.口内炎

ヨーグルトに含まれる善玉菌は、口内炎を作る細菌と闘います。水素イオン濃度を整え、治癒を早めます。

方法

・少量の冷たいヨーグルトを患部に塗ります。

・1日に2回か3回つけます。

・痛みがなくなるまで続けてください。

こちらもご覧ください 口内炎の治療と予防

 

5.歯のホワイトニング

ホワイトニング ナチュラルヨーグルト

ヨーグルトでのホワイトニングは専門家がするものとは違いますが、毎日使うと歯の黄ばみを改善することが出来ます。ヨーグルトの酸は歯のエナメルを傷つけるプラークを取り除きます。そのため、感染のリスクも低下します。

方法

・歯ブラシにヨーグルトを付け、普通に歯磨きをします。

・洗い流さずそのままにします。一日2回行ってください。

注意;ヨーグルトで磨くのは、歯磨きを使って磨くのとは違います。必ず歯磨きをした後に行うようにしてください。

 

6.ニキビ

ヨーグルトに含まれる酸には抗酸化成分が入っており、皮脂の過度の分泌を止め、ニキビを予防します。また、毛穴に蓄積した汚れを取り除き、皮膚に酸素を与え、フレッシュで潤いのあるお肌を作り上げます。

方法

・顔全体、もしくはニキビのある所にヨーグルトを塗ります。

・30分置きます。乾いたら温かいお湯で洗い流します。

・週に3回か4回行ってください。

ご紹介したヨーグルトの使い方をご存知でしたか? 御覧の通り、ヨーグルトの使い道は様々です。あらゆる症状の改善に使用することが出来ます。