日焼けの症状を緩和する5つの自然療法

7月 15, 2018
今回ご紹介する自然療法は、日焼けの症状を緩和しながら回復力を高めますが、これらの方法に加えて水分補給をしっかりと行って体内と皮膚の保湿を心がけることが大切です。

日焼けの症状を緩和する自然療法があるのをご存知ですか?

日焼けとは紫外線に長時間さらされた時に皮膚に起こる病変です。

日焼けを繰り返し行ったり、日焼けの症状が悪化すると、皮膚癌やその他の皮膚の問題を発症するリスクが高まります。

そのため、太陽の光を防ぐ道具を使ったり、日焼け止めを使うなどの予防を行うことが皮膚の健康を維持するためには欠かせない習慣です。

もちろん、日焼けを避けることができない場合は、その影響を最小限に抑え、日焼け後は皮膚組織の治癒を促進することが大切です。

本記事では、日焼けの症状を解消する5つの自然療法をご紹介します。日焼けに対処する必要があるときにぜひご活用ください!

1.アロエベラとビタミン E

アロエベラ

ビタミンEの抗酸化作用と共に、アロエベラゲルの爽快感は、日焼けの症状を緩和する皮膚の修復プロセスをサポートするのに役立ちます。

どちらの成分も紫外線による被害を受けた組織を再生し、細菌感染症や真菌症を予防することで日焼けの症状を解消するのに役立ちます。

材料

  • アロエベラ 大さじ3
  • ビタミンEカプセル 1錠

使用方法

  • アロエベラのゲルとビタミンE カプセルを混ぜます。
  • 患部をきれいに洗ったら、出来上がったクリームで患部をすべて覆います。
  • 40分間そのままにした後、冷水で洗い流してください。
  • 症状が解消されるまで毎日続けてください。

2. ナチュラルヨーグルトとオートミール

ナチュラルヨーグルトとオートミールを組み合わせると、日焼けした肌を再生しながら角質を除去する働きがあります。

またこれらの材料には抗酸化成分と抗炎症成分が含まれているため、紫外線による負の影響を軽減する効果もあります。

材料

  • ナチュラルヨーグルト 大さじ3
  • ロールドオートミール 大さじ1

使用方法

  • 二つの材料がクリーム状のペーストになるまで混ぜます。
  • 患部に塗ったら40分間そのままにします。
  • 冷水で洗い流します。
  • 毎日行ってください。

3. 牛乳とスターチ

冷たい牛乳とコーンスターチを混ぜて作るクリームは、日焼けによる痛みや痒み、そして傷を緩和する働きがあります。また材料に含まれている抗酸化成分が皮膚細胞の再生を促します。

材料

  • 冷たい牛乳  1/2カップ
  • コーンスターチ 大さじ1

使用方法

  • 硬めのペースト状になるまで混ぜます。
  • 日焼けした部分に塗った後30分間そのままにします。
  • 冷水で洗い流してください。
  • 日焼けの症状が緩和されるまで続けてください。

4. カモミールティー

カモミールティーに含まれる抗炎症成分が、日焼けによる赤みや痛みを軽減します。

日焼けした肌に直接塗布することで、皮膚組織の修復を促進します。

材料

  • カモミールの花 大さじ1
  • 水 1/2カップ
  • 氷 4個

使用方法

  • 沸騰した湯の中にカモミールを入れたら20~30分かけて抽出します。
  • カモミールを濾した後、氷を入れます。
  • 非常に冷たくなったら日焼けした場所に塗ります。
  • 洗い流さず、そのまま浸透させてください。
  • 1日3回、毎日行ってください。

5. ハチミツとココナッツミルク

ハチミツとココナッツミルクの組み合わせは、水分補給療法と抗菌剤を提供します。 火傷に適用されると、皮膚を修復するのに役立ちます。

材料

  • ココナッツミルク 1/2カップ
  • オーガニックハチミツ 大さじ 5

使用方法

  • ココナッツオイルを容器に入れたらハチミツを入れて混ぜます。
  • 冷水で皮膚をきれいに洗います。
  • 優しくマッサージをしながら患部に塗ります。
  • 40分間そのままにします。
  • 冷水で洗い流してください。
  • 皮膚の状態が改善されるまで毎日続けてください。

日焼けによって皮膚が痛くなったり敏感になっていませんか?

今回ご紹介した自然療法で、日焼けの症状を緩和してください。

あなたへおすすめ