日焼けしてしまったときの方策

· 11月 1, 2015

私達の肌は毎日太陽光線にさらされています。長くさらされていると日焼けすることになります。この種の日焼けは紫外線が皮膚を貫き、皮下組織が死ぬことで起こります。肌が赤くなり、強い痛みを伴うこともあります。

日差しにさらされすぎた肌がダメージを受けたときは、手当てをすることが大事です。色々な種類の日焼け対策用の商品が売られていますが、肌が実際に日焼けしてしまった場合は、回復のためにふさわしい方法を取るのが一番です。ここでは、炎症を伴う日焼けに関する最も効果的な方法をいくつか紹介します。

日陰から出ないこと

日焼けが辛い場合は日陰にいることが一番です。さらに日光にさらすことは日焼けをひどくさせるだけですから。外出しなければならない場合は、肌をできるだけ隠す服を着て、可能ならば、日焼け止めと帽子で顔を守りましょう。

冷水

シャワー

肌が太陽でダメージを受けたときに最初にすべきことの1つは、冷たいシャワーでダメージを受けた部分を冷やして回復させることです。できれば冷湿布を使って1度に1,2分づつ焼けた肌を冷やしましょう。そしてなによりも、脱水を防ぐために水をたくさん飲むことが大事です。日にさらされた身体は水分や必要な塩分を失うからです。

冷たいミルクによる湿布

ミルクは日焼けをやわらげる非常に良い方法です。ミルクの乳脂肪酸が、日焼けでヒリヒリする肌を落ち着かせる働きをします。ミルク湿布のやりかたは、清潔で柔らかい布をたっぷりのミルクに浸し、その布で日焼けした部分を優しくマッサージし、20分貼っておきます。それから大量の水ですすぎます。

カモミールティー

カモミールは沈静の薬理作用を持つ植物で、日焼けによる痛みを緩和するのにピッタリです。使い方はこうです。カモミールティーを用意し、冷蔵庫に入れたり氷を使ったりして冷やします。冷えたら、大きい綿布かタオルを浸し、それを傷んだ部位に貼ります。

アロエベラ

アロエベラは日焼けの手当てに最もよく用いられる方法のひとつです。簡単に痛みを取るだけでなく、細胞の組織を再生し、回復を早める手助けをします。アロエベラから液を絞り、日焼けで傷んだ部位に直接塗ります。また、内服での使用もお勧めです。水かジュースでアロエスムージーを作るのです。ジュースは、バナナ・キウイ・梨・苺、などなど様々なフルーツと併せるレシピが可能なので、工夫してみると良いですよ。

オートミール

オートミール

オートミールは日焼けした肌に潤いを与えるのに最適とされます。日光に曝した結果である肌のダメージを和らげ回復させるからです。オートミールのフレークを十分な量の水に混ぜてペースト状にします。そのペーストを損傷した部位に優しく擦り込み2,3分置きます。その後、冷水ですすぎます。

りんご酢

アップルサイダービネガー

りんご酢は日焼けによる炎症の手当ての最良の方法のひとつです。痛みを緩和するだけでなく、水脹れや皮膚の剥離も防ぎます。酢酸がマイナスの効果を及ぼす場合もあるので、直接肌に塗ることは避けましょう。先ず、りんご酢を同量の水で薄めてから使います。それを含ませた湿布を患部に15分貼ると良いでしょう。15分経ったら布を新しい溶液に浸しなおしましょう。別な選択肢としてりんご酢の風呂もあります。湯船にコップ2杯の酢を入れます。

忘れてはいけないこと

日焼けの最良の対策は、そもそも初めから日焼けしないようにすることです。日焼け止めを使うこと、水をたくさん飲むこと、肌を乾燥させないように気をつけること、また健康的な食習慣、そして毎日の洗顔と肌の手入れなどによって、厳しい太陽光から肌を守ることがとても大事です。