オートミールの10の効能

オートミールに含まれている水溶性繊維は、でんぷんの消化吸収速度を抑え、血糖値の急激な上昇を防ぐ作用があります。
オートミールの10の効能

最後の更新: 29 11月, 2018

オートミールは健康に良く、美味しい全粒穀物シリアルの一種です。長い歴史の中で、高い栄養価、低カロリーなオートミールは、さまざまな文化文明で主食として活躍して、今でも世界で一番よく食べられている穀物の一種です。ここでは、オートミールの10種類の効能ご紹介します!

オートミールには他のシリアルと比べて、タンパク質、ビタミン、炭水化物といった栄養素が豊富に含まれています。

コレステロールバランスを保つ

研究によると、オートミールに含まれるβグルカンという成分が、高いコレステロール値を抑制してくれます。朝食に摂取することで、コレステロール値を正常範囲に保つ効果があります

オートミールの抗酸化作用

オートミールと心臓

オートミールは抗酸化機能もあり、体内の悪玉コレストロールを分解しやすくなります。この点から見ると、オートミールは心血管疾患に重要な役割を果たしていることがわかります

免疫力増強

免疫システムにおいてβグルカンは、炎症を引き起こすウイルスや細菌に対応できる成分という研究もあります。毎日オートミールを食べることで、体の免疫システムを強めて、病原菌から守る働きが強まります

糖尿病への影響

オートミールの影響

毎日オートミールを食べる人は、2型糖尿病を患う確立が少ないと一般的に言われています。2型糖尿病とは、インスリン分泌低下と感受性低下の二つを原因とする糖尿病です。「生活習慣によって糖尿病になった」と言う場合、この2型糖尿病を指します。

特に食後の食べ物の消化や吸収を緩やかにして、血糖値を抑制するので、オートミールに含まれる水溶性繊維は、糖尿病の症状を和らげる影響があります。

食物繊維の効果

オートミールに含まれる食物繊維は、大腸内で腸内細菌により人が吸収できる分解物に転換されます。食後長時間を経てから体内にエネルギーとして吸収される特徴を持ち、エネルギー吸収の平準化に寄与しています。

満腹感が継続する

毎日朝食としてオートミールを勧める理由の一つは、長時間にわたって満腹感が持続し、いつも何かを食べたいという気持ちが抑えられることです。これは、吸収しにくい炭水化物と呼ばれる複合炭水化物のおかげです。

こちらの記事もお勧めです:

オートミールが身体に良い理由とその食べ方

ホルモンバランス

オートミールには植物エストロゲンである、リグナンが含まれているので、ホルモンバランスを正常化するのに効果的です。閉経後の女性は、特にエストロゲン不足になるので、オートミールをお勧めします。

ぜんそくにも良い

オートミールは、咳と気管支系が弱い人にもよく勧められる食品ですオートミールなどの全粒穀物は、糖分の多いお菓子や、脂の多い揚げ物、加工食品などに比べて、身体に良い選択です。

特にぜんそく持ちの子供には、医師の診断に従うと共に、家庭での自然療法として栄養価の高いオートミールをぜひ食生活に取り入れましょう。

心臓を守る役割

心臓のためのオートミール

オートミールとその他のシリアルにも含まれる、リグナンという植物性化学物質は、消化作用を通じて体に吸収されて、心臓を守ってくれます。

利尿促進作用

オートミールに含まれるケイ素は、排尿量を増加させて尿を促進します。利尿効果により、体内で不要になった成分を体外に排出し、健康維持を促します。

どのようにオートミールを朝食として食べるのか?

オートミール

朝食としてのオートミールの食べ方はいろいろありますが、ここではとてもシンプルな食べ方をご紹介します。健康に良いものを身体に取り入れて、いい一日をスタートできます。

材料

  • 全粒穀物のオートミール 1/2カップ
  • アーモンド 6個
  • ナッツ 2個
  • チアシード 大さじ1杯
  • ハチミツまたはステビア 少々
  • レーズン 小さじ1杯
  • ココナッツミルクまたはアーモンドミルク 適量

作り方

  • 大きめの容器にオートミールを入れてから、チアシード大さじ1を加えます。
  • 混ぜてから、ココナッツミルクまたアーモンドミルクを注ぎ、残りの材料が入るスペースを残して、ほぼ容器いっぱいぐらい入れます。
  • 残りの材料を入れて、食品用ラップをして冷蔵庫に一晩置きます。翌日にもう少し牛乳を加え、召し上がってください。
それはあなたに興味があるかもしれません...
押さえておきたい!オートミールの4つのレシピ
みんな健康Read it in みんな健康
押さえておきたい!オートミールの4つのレシピ

オートミール は栄養価が高く、繊維や体が不要なものを取り去るのを助ける必須アミノ酸を豊富に含んでいることはご存知の方も多いでしょう。とてもシンプルな食べ物のように思えますが、様々な食べ方が出来る穀物なのです。今日は、そんな オートミールの4つのレシピ をご紹介したいと思います。



  • Chandalia, M., Garg, A., Lutjohann, D., Von Bergmann, K., Grundy, S. M., & Brinkley, L. J. (2000). Beneficial effects of high dietary fiber intake in patients with type 2 diabetes mellitus. New England Journal of Medicine342(19), 1392-1398. Available at: https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM200005113421903. Accessed 06/03/2020.
  • DAVIS, J. M., MURPHY, E. A., BROWN, A. S., CARMICHAEL, M. D., GHAFFAR, A., & MAYER, E. P. (2004). Effects of oat β-glucan on innate immunity and infection after exercise stress. Medicine & Science in Sports & Exercise36(8), 1321-1327. Available at: https://journals.lww.com/acsm-msse/Fulltext/2004/08000/Effects_of_Oat___Glucan_on_Innate_Immunity_and.9.aspx. Accessed 06/03/2020.
  • EFSA Panel on Dietetic Products, Nutrition and Allergies (NDA). (2010). Scientific Opinion on the substantiation of a health claim related to oat beta glucan and lowering blood cholesterol and reduced risk of (coronary) heart disease pursuant to Article 14 of Regulation (EC) No 1924/2006. EFSA Journal8(12), 1885. Available at: https://doi.org/10.2903/j.efsa.2010.1885. Accessed 06/03/2020.
  • Mackie, A., Rigby, N., Harvey, P., & Bajka, B. (2016). Increasing dietary oat fibre decreases the permeability of intestinal mucus. Journal of functional foods26, 418-427. Available at: https://doi.org/10.1016/j.jff.2016.08.018. Accessed 06/03/2020.
  • MedlinePlus (2019). Antioxidantes. Available at: https://medlineplus.gov/spanish/antioxidants.html. Accessed 06/03/2020.
  • Othman, R. A., Moghadasian, M. H., & Jones, P. J. (2011). Cholesterol-lowering effects of oat β-glucan. Nutrition reviews69(6), 299-309. Available at: https://doi.org/10.1111/j.1753-4887.2011.00401.x. Accessed 06/03/2020.
  • MedlinePlus (2018). Fibra. Available at: https://medlineplus.gov/spanish/ency/article/002470.htm. Accessed 06/03/2020.
  • Peterson, D. M. (2001). Oat antioxidants. Journal of cereal science33(2), 115-129. Available at: https://doi.org/10.1006/jcrs.2000.0349. Accessed 06/03/2020.
  • Rebello, C. J., O’Neil, C. E., & Greenway, F. L. (2016). Dietary fiber and satiety: the effects of oats on satiety. Nutrition Reviews74(2), 131-147. Available at: https://doi.org/10.1093/nutrit/nuv063. Accessed 06/03/2020.
  • Singh, R., De, S., & Belkheir, A. (2013). Avena sativa (Oat), a potential neutraceutical and therapeutic agent: an overview. Critical reviews in food science and nutrition53(2), 126-144. Available at: https://doi.org/10.1080/10408398.2010.526725. Accessed 06/03/2020.
  • Virtanen, S. M., Kaila, M., Pekkanen, J., Kenward, M. G., Uusitalo, U., Pietinen, P., … & Veijola, R. (2010). Early introduction of oats associated with decreased risk of persistent asthma and early introduction of fish with decreased risk of allergic rhinitis. British journal of nutrition103(2), 266-273. Available at: https://doi.org/10.1017/S0007114509991541. Accessed 06/03/2020.
  • Zhang, X., McGeoch, S. C., Megson, I. L., MacRury, S. M., Johnstone, A. M., Abraham, P., … & Lobley, G. E. (2014). Oat‐enriched diet reduces inflammatory status assessed by circulating cell‐derived microparticle concentrations in type 2 diabetes. Molecular nutrition & food research58(6), 1322-1332. Available at: https://doi.org/10.1002/mnfr.201300820. Accessed 06/03/2020.