コーンスターチの5つの利用法

12月 31, 2017
コーンスターチには皮脂の生成を規制する効能があります。顔や髪のマスクとして使うこともできます。

コーンスターチはパンなどのベーカリー製品やデザートを始め様々なレシピに使われる粉です。

コーンスターチはヘルシークッキングの世界で有名になりつつある材料です。セリアック病やグルテン不耐症の人にとって素晴らしい小麦の代用となるからです。

ですが、コーンスターチはそれだけでなく、様々な用途に使うことができる食品なのです。その独特の手触りや効能は、他の材料と組み合わせやすく、美容トラブルや家事に使えるでしょう。

今日は、コーンスターチの5つの利用法をご紹介します。

1. コーンスターチで軽い火傷の治療

手の火傷ケア

コーンスターチには、火傷ができてしまった皮膚の表面を癒すビタミンやミネラルが含まれています。

直接塗布することで燃えるような感覚が減り、死んだ肌細胞を取り除いて酸素供給を助けます。

材料

  • コーンスターチ 大さじ2(20g)
  • ココナッツオイル 小さじ1(5g)
  • 水 (必要なだけ)

準備

  • コーンスターチをボールに入れ、水を注いでペースト状にします。
  • 好みの硬さになったらココナッツオイルを加えて混ぜましょう。

使い方

  • 火傷をしてしまった部分に塗布し、30分おきましょう。
  • 冷たい水で洗い流します。週に3回以上行いましょう。

2. インクのシミ取り

インクのシミは家具についてしまうと取りにくいですよね。

ですが、コーンスターチの効能を利用するとインクのシミも取れやすくなるでしょう。

材料

  • コーンスターチ 大さじ2(20g)
  • 牛乳 大さじ5(50ml)

準備

  • コーンスターチと牛乳を混ぜ、しっかりしたペースト状にします。

使い方

  • インクのシミがついてしまった部分に塗布し、15分おきましょう
  • 乾燥したらブラシで擦り、シミを取り除きます。

3. 脂っぽい髪のトリートメント

ヘアマスク

コーンスターチのピーリング効果、吸収効果は、べたついた脂っぽい髪をふわっときれいにするのに使えるでしょう。

頭皮につかうことで余分な皮脂が取り除かれ、汚れやフケの形成を抑えます。

材料

  • コーンスターチ 大さじ2(20g)
  • 重曹 小さじ1(5g)
  • 水 (必要なだけ)

準備

  • コーンスターチと重曹をボールで混ぜます。水を少し入れ、しっかりしたペースト状にしましょう。

使い方

  • 髪を濡らし、ブロッキングし根元から毛先に向けてトリートメントします。
  • 30分おいてから洗い流します。
  • 週に2回以上行いましょう。

4. 毛穴の黒ずみマスク

コーンスターチには皮脂の生成を規制し、死んだ肌細胞を取り除く効果がありますので、毛穴の黒ずみケアに利用できるでしょう。

この場合、コーンスターチと卵白を混ぜ、ピーリング・皮膚再生効果のあるマスクにすることをお勧めします。

材料

  • 卵白 1個分
  • コーンスターチ 大さじ1(10g)

準備

  • 卵白をかき混ぜ、コーンスターチを加えて混ぜます。

使い方

  • マスクを顔全体に伸ばします。黒ずみが気になる部分を中心に伸ばしましょう。
  • 30分おいてからぬるま湯で洗い流しましょう。
  • 週に3回まで行いましょう。

5. 水虫の治療

足のケア

コーンスターチは足の過剰な汗を吸収してくれます。真菌や細菌が増殖するのに必要な環境を変えてくれるのです。

水虫に効果を出すには少量のココナッツオイルと混ぜ合わせると良いでしょう。

材料

  • コーンスターチ 大さじ2(20g)
  • ココナッツオイル 大さじ3(45g)

準備

  • ココナッツオイルを溶かし、コーンスターチを入れて混ぜます。

使い方

  • 足、特に水虫ができてしまった部分を中心にペーストを塗布します。
  • 40分おいてから洗い流します。
  • 皮膚の状態が改善するまで毎晩続けましょう。

ご欄の通り、コーンスターチの利用法は料理以外にもたくさんあります。使い切れずにキッチンの棚に眠っているコーンスターチがあるなら、是非自然療法に使ってみましょう。きっと気に入るはずですよ!

あなたへおすすめ