高血圧の症状をコントロールする食品7選

血液の循環を改善し、高血圧の合併症を予防するためには、体液貯留をコントロールして炎症を抑える食品を毎日の食事に取り入れることが大切です。本記事で詳しくご説明します。

高血圧とは循環システムに影響を及ぼす慢性疾患で、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態を指します。

高血圧を発症すると下記のリスクが「通常」よりも非常に高くなります:

  • 動脈へのダメージ
  • 脳卒中
  • 死に至るさまざまな心臓病

血圧が140/90またはそれ以上の人を高血圧と定義しています。

高血圧は一般的な病気になっていますが、薬でその症状を抑えている人でもこれらの合併症を引き起こすリスクは高いといわれています。

高血圧の初期はほとんど自覚症状がないため、気づかない人がほとんどです。特に家族に高血圧の病歴があるときは、必ず医師の定期検診を受けてください。

また、血圧をコントロールする効果のある食品を積極的に摂取して高血圧を自然に予防することが大切です。

本記事では毎日の食事に加えたい、高血圧に効果のある7つの食品をご紹介します。

 

1.フラックスシード

フラックスシードには食物繊維とオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

フラックスシードが体内に吸収されると、悪玉コレステロール(LDL)と高血圧をコントロールします。

フラックスシードを継続して摂取すると、血管に問題が起こるリスクを最小限に抑え体内組織の炎症をコントロールすることで、高血圧患者の生活改善を行います。

 

2.バナナ

甘くておいしい果物として人気のバナナは、高血圧の予防に効果のある食品として知られています。

カリウムが豊富に含まれているバナナは、体内の炎症を抑えます。また血圧に影響を与える体液貯留を軽減する効果もあります。

 

3.脂質の多い魚

脂質の多い魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。

このタイプの脂肪酸は動脈を洗浄し、中性脂肪、コレステロール、そして高血圧をコントロールする働きがあります。

魚のたんぱく質が体内を浄化し、炎症を予防します。また体内の血流を助ける働きもあります。

魚は心身の健康を改善する、たんぱく質をはじめとする豊富な栄養素が含まれた素晴らしい食品です。

 

4.セロリ

セロリにはファイトケミカルや抗酸化物質が高濃度含まれているため、高血圧の患者にさまざまな効能をもたらします。

毎日セロリを適量食べると炎症を抑え、体内に過剰に蓄積された体液を体外に排出する効果があります。

必須ミネラルを豊富に含むセロリは、ストレスや高血圧と関係があるホルモンと言われるコルチゾール値を減少させます

 

5.玉ねぎ

玉ねぎは硫黄が豊富に含まれているため、炎症、高血圧、そしてコレステロール値が高いなどの症状を緩和します。

玉ねぎの汁は、過剰に蓄積された有害な脂肪である悪玉コレステロール(LDL)と中性脂肪を取り除くことで動脈を浄化します。

また玉ねぎには抗酸化物質が含まれているため動脈の老化と酸化を予防します

 

6.カイエンペッパー

カイエンペッパーを適量消費することで、血圧のコントロールが難しい高血圧患者の血圧値を低下させる効果があります。

カイエンペッパーの有効成分であるカプサイシンは体内の血液循環を改善し、動脈硬化の原因となるプラークの蓄積を予防します。

成人の高血圧と深く関係しているといわれる活性酵素による体内への悪影響を緩和する素晴らしい成分です

 

7.ココナッツウォーター

ココナッツウォーターを継続することで得られる素晴らしい効果は、あまり知られていません。

しかし、ココナッツウォーターはミネラルや抗酸化物質を豊富に含んでいるため、体内への栄養補給、体内の血液循環そして血圧の問題の緩和します。

天然の利尿成分として、ココナッツウォーターは、体内組織に過剰に蓄積された体液を体外に排出します。

また心臓の健康を保護する、健康に良い少量の脂質と食物繊維を日々の食生活に取り込むことができます。

食事の改善により高血圧をコントロールすることで、高血圧が引き起こすさまざまな疾患を予防できます。

今回ご紹介した食品を毎日の食事に取り入れ、バランスのとれた食生活を心がけてください。

 

あなたへおすすめ