自宅でニンニクを栽培する方法

· 4月 29, 2018
ニンニクは、多くの食文化において基本食材の一つとされています。多くの伝統食文化の数多くのレシピに必要不可欠な、料理の味を引き立てる香味野菜です。

ニンニクは独特の味で、さまざまな料理に欠かせない香味野菜です。それ以外にも数多くの薬効を持つ食材でもあります高血圧を調節したり、コレステロールが動脈の壁に付着するのを防ぐのにも役立ちます。ですからニンニクの自家栽培はとても都合がよいこと請け合いです。

用土を準備して植え付け、世話を続けるほどの価値が本当にあるのかとお考えになるかもしれませんが、答えはイエスです。それは健康的だからというだけではなく、さまざまな食品の摂取による身体への影響についてより深く実感することができるはずだからです。

ニンニクの自家栽培による利点

皮が薄ピンクのニンニク

  • 自家栽培したニンニクは、農薬や毒素に汚染されておらず安全で安心です。
  • ニンニクに限らず食材を自家栽培することは、年齢に関わらず非常に教育的効果の高い活動です。忍耐強くあることや細やかな心遣いを持つことを教えてくれます。ストレスを解放したり、今その時に集中することを学んだりする助けにもなります。そしてこれらすべては心の平穏につながるでしょう。
  • 自家栽培の食材は、スーパーで市販されている多くの製品と違って、各種ビタミンや各種ミネラルの含有量が特別な処置によって影響を受けていないため、栄養価の面で優れている傾向があります。
  • ニンニクの香りは、美味しい料理や家族や友人と共に過ごす楽しい時間を思い出させてくれるでしょう。
  • ニンニクを自家栽培する費用は長期的にはわずかなものですから、節約という面でもとても有効です。
  • 栽培がうまく行って収穫できたあかつきには、採りたての新鮮な食材が手に入ることになります。

 

ニンニクの自家栽培に必要なもの

芽の出たニンニク

ニンニクを植えて育て収穫するのはとても簡単です。十分な日光と水をやるよう注意するだけです(土が乾かないような水やりが必要です)。

まず購入したニンニク1個を皮はつけたままで1片ずつにばらして種とします。用土は何らかの自然肥料を使って準備すると良いでしょう。地植えなら畝と溝を交互に整え、畝に種を植えます。

植える深さは表面から約10cmのところで、とがっている方を上にして植えます。種と種との間は約15cm離します。1つの種(1片)からニンニク1個(球根)に育ちます。

とても簡単ですよね。ニンニクを栽培する畑と用土を準備するにあたり、考慮するべき一連のポイントがあります。以下にそのポイントを詳しくご説明します。

ニンニク栽培で注意するポイント

ニンニク数個

  • 植え付け時期は春か秋が最適です(北半球の場合)。
  • プランターに植える場合は、容量は最低3リットル、深さは最低25cm必要です。
  • 畑に地植えする場合は、畝と畝の間は少なくとも30cm離します。こうすればそれぞれのニンニクが育つために十分なスペースができ、初めからニンニク同士がお互いの成長を妨げ合うことを防げます。
  • 種を植え付けた時点から約3か月半で収穫できるでしょう。

栽培を成功させるためには肥沃な用土が必要ですから、栄養を与えるために堆肥(土が軽い場合は牛糞など)を入れることをおすすめします。

一方、用土の密度を高くするためであれ、用土の栄養の量と質を高めるためであれ、自然肥料のみを使うことをおすすめします。

 

栽培方法

ニンニクは日光と水を好みますから、直射日光が当たる場所に植え付けます。

そして用土を乾燥させないように水やりをする必要があります。用土が乾燥してしまうとニンニクは枯れてしまうので注意します。

ニンニクに与えるべき水の量は、栽培地の気候によっても変わってきます。

反対に大量の水をやると病気になる可能性が高くなります。しかし土が乾くとニンニクは大きくなりませんし、極端な場合は育たないこともあります。