にんにくと蜂蜜の素晴らしい効能

効果を十分に得るために、にんにくも蜂蜜も必ずオーガニックのものを使うようにしましょう。

生活の中で経験する体の軽い不調や症状などは、自然療法で対応することが出来ます。

また、家庭で簡単に作れるものもたくさんあります。ここではにんにくと蜂蜜の効能についてお伝えしていきます。

にんにくと蜂蜜を混ぜることで、身体に素晴らしい効果もたらすことが出来ます。風邪やインフルエンザ対策、デトックス、免疫力を高めるなど効果は様々です。

 

にんにくの効能

まずはにんにくの効能からお伝えします。

にんにくは以下の事柄の予防、改善に効果があることが科学的に証明されています。

・アテローム性動脈硬化症

・心臓発作

・心臓病

・コレステロール値

・血圧

また、糖尿病や前立腺の病気、変形性関節症などにも効果があります。

定期的に取り入れれば体内の毒素を排出し、免疫力を高めることも期待できます。

にんにくはビタミンB6、マンガン、セレン、繊維を豊富に含んでいます。

 

蜂蜜の効能

蜂蜜は抗酸化成分、酵素、ミネラル(イオン、亜鉛、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、セレン)ビタミン(B6、チアミン、リボフラビン、ナイアシン)を豊富に含んでいます。

・消化を促します。

・砂糖の代わりとして使え、体重維持に役立ちます。

・含まれるビタミンとミネラルがコレステロール値のバランスを整えます。

・体のエネルギーとなります。

 

にんにくの蜂蜜漬けの作り方

材料

・にんにく  1個(10~12片)

・蜂蜜  1カップ(335g)

道具

・木のスプーン

・8オンス(約240ml)の密閉ガラス瓶(ジャムの空き瓶など)

作り方

・にんにくの皮をむき、ガラス瓶に入れます。

・蜂蜜を加え、空気の泡を木のスプーンで取り除き蓋をします。

・キャビネットなど、暗い場所に常温で1週間保管したら完成です。

おススメの使い方

有効成分を全て取り入れるために、にんにくを生で食べましょう

毎日空腹時に食べてください。病気を予防し風邪やインフルエンザの症状を和らげます。

・出来るだけ蓋と蜂蜜の間に1cm程度隙間を作ってください。

・しっかりと管理をすれば、2年ほどお使いいただけます。簡単に作れ、長持ちし、効果抜群です。

 

にんにくの蜂蜜漬けの効果

効果をしっかりと得るには1週間毎日食べ続け、次の2週間は食べないということを繰り返してください。

 

1.悪玉コレステロール(LDL)を退治する

にんにくが潰れるときに放出されるアリシンという成分が、血中の毒素と悪玉コレステロールを排除します。

また、不健康な食事に含まれる中性脂肪を分解します。

 

2.免疫力を高める

にんにくの蜂蜜漬けは、免疫力を高めるのに最適な食材です。

2つが持つ抗菌作用、抗真菌作用によってウイルスやバクテリア、その他体に侵入する害のあるものを排除します。

 

3.炎症を抑える

にんにくと蜂蜜には炎症を抑えたり、痛み止めとしての働きがあります。

関節炎やむくみ、筋肉疾患などにも効果があります。

 

4.血圧を下げる

にんにく、はちみつ共に血圧を下げる働きがあり、心臓血管の健康維持に役立ちます。

毎日空腹時に食べれば、健康維持に素晴らしい効果を発揮します。

カテゴリ: レシピ タグ:
あなたへおすすめ