心臓発作のサインを知る5つの方法

7月 2, 2018
心臓発作は誰にでも起こりうるものですので、どのようなものかをよく知っておき、対処できるようにすべきでしょう。

心臓発作のサインは誰でも知っておくべきでしょう。知っておくことで、すぐに行動に移すことができ、誰にでも起こりうる心臓発作が深刻な状態になるのを防ぐことができるでしょう。

心臓発作の原因は説明しやすいものです。動脈の中で血の塊が血流をブロックしてしまい、心臓に入ることや、体の他の部分に血液が押し出されることを妨害してしまうのです。

残念ながら、心臓発作が起きる確率は高く、死因の上位となっています。

心臓発作を知る

心臓は梗塞を起こす前に体にシグナルを送ります。そのシグナルを受けて心臓発作が起こることを知り、なんらかの医療補助を求めることが可能となるのです。シグナルを受け取った時にどのように行動するかがとても重要なのです。

心臓発作の主な症状

心臓発作の症状

  1. 心臓発作が起きる時、ちょうど胸骨の後ろあたりに痛みを感じるでしょう。痛みはどちらかの腕まで広がります。通常は左腕に痛みを感じ、そして、首が痛くなります。痛みは約40分程度続くでしょう。
  2. 動悸が激しくなり、呼吸が苦しくなるでしょう。
  3. 吐き気もまたよくある症状の一つです。だからと言って、吐き気をもよおしたら必ずしも心臓発作に繋がるというわけではありません。通常は、前述した段階の後に吐き気を感じ、嘔吐して終わる場合もあります。
  4. 体は激しい体温変化を起こします。これは人によります。冷や汗をかく人もいますし、逆にホットフラッシュを経験する人もいるでしょう。
  5. 不安感も一般的な症状です。ですが、心配することでより状況が悪化しますので、すぐに誰かに助けを求めましょう。

悪習慣を断ち切った生活

日々の生活の中で、体が何かしらの代価を払わなくてはいけない時がきます。以下のような悪習慣に心当たりがある人は、すぐに生活を改善し、心臓発作のリスクを下げましょう。

1. 喫煙

タバコ

喫煙は心臓発作のリスクを上げる悪習慣の一つです。心臓系の病気による死のリスクを上げてしまうでしょう。

ヘビースモーカーの人の呼吸器系機能は衰えています。そのため、心臓発作になると、より深刻な状況になるかもしれません。

2. 過剰なストレス

ストレスはとてもよくある現代社会の問題です。毎日の生活が忙しすぎるため、リラックスする時間が十分に取れないのです。穏やかになり、問題を見つめ、自分を疲れさせないようにしましょう。

自分のプライベートと仕事を分けることがストレスに上手く対応する上での最初の一歩です。呼吸法、マインドフルネスなど自分を見つめる方法を知り、明日の心配をすることはやめましょう。

3. 脂質の多い食事

脂肪

ヘルシーな食事を心がけましょう。ジャンクフードや揚げ物を食べ過ぎると、体に良くない影響を与えてしまいます。心臓系の病気の大部分は、不健康な食生活からくるのです。

悪玉コレステロールの値に気をつけましょう。体に良くないものは絶対に食べてはいけないと言っているわけではありません。自分が何を食べているかに注目し、コントロールしましょう。時々なら、ジャンクフードを食べても構いません。

4. お酒

お酒は飲みすぎると体に良くありません。実際、肥満の重要な要因でもあり、心臓の問題を引き起こす危険もあります。お酒を飲む人は、適度に嗜む程度にしましょう。お酒のせいで病気になってはいけません。

5. 運動不足

エクササイズをする女性

常にストレスを感じている、体を休めることができないなどは良い習慣ではありません。一方、ダラダラとした生活を送っている人も血液が活発に循環していません。したがって、運動不足から健康トラブルへと繋がるのです。

心臓発作を予防するのに特別なことをする必要はないのです。ポイントは、できる限り健康的な生活を送ることです。悪習慣はできるだけ避け、感情をコントロールすることを学びましょう。上述したようなことはすべて心臓発作のリスクを下げてくれることでしょう。

あなたへおすすめ