体型のタイプ別おススメ食生活

1月 29, 2020
自分の体のタイプを知ることで、減量のための食事に最適な食品を選ぶ助けになります。

自分の体に見合った体重を目指していますか?体の特定の部分に脂肪がつきやすいことに気が付きましたか?もし答えがイエスなら、あなたの体のタイプに合った食事があるということをまず知っておきましょう。みんなが同じように太るわけではないのです。

生活習慣が体型に影響するのも確かですが、体のタイプが原因で痩せにくいという場合もあります。つまり、私たちの親や先祖からの遺伝が関係する私たちの体型です。

アメリカの心理学者ウィリアム・ハーバート・シェルドンは、体型を3つのタイプに分類しました。

  • 外胚葉型
  • 中胚葉型
  • 内肺葉型

それ以来、アメリカ・ヒューストン大学のデータも相まって、個人に合わせた食生活プランをデザインする際に、この情報が栄養士、トレーナー、医師によって考慮されています。

私たちの体のタイプが分かれば、ダイエットの成功のカギとなるのです。

ヒップサイズを測る女性

外胚葉型または「チューブ型」

このタイプの主な特徴はやせていることです。この中には、体重をなかなか増やすことができない人も含まれます。

体重が増えない理由が何らかの病気でないことを確かめるため、まず医師の診察を受けることが大切です。また一般に、体脂肪が少ないけれども筋肉もつきにくい人が多いです。

理想の食事

この場合の理想の食生活は、食品群を以下の比率で含むものです。

  • 炭水化物:55%
  • たんぱく質:25%
  • 脂質:20%

このタイプの方は、食事に以下の食品を取り入れることが大切です。

  • 豆類
  • 赤身の肉
  • 乳製品や卵
  • 野菜やフルーツ(アボカド)
  • ナッツ類
  • オリーブオイル
  • 全粒シリアル
穀類・豆類

エクササイズ

運動をする際には、外胚葉型の人は筋肉トレーニングが適しています。ウエイトトレーニングや負荷の高いエクササイズが、筋肉を発達させるために効果的です。

こちらもどうぞ:どちらがベスト?筋肉の強化とストレッチ

中胚葉型または「リンゴ型」

 

中胚葉型の女性はリンゴ型とも呼ばれ、脂肪がウエストのあたりにつきやすいという特徴があります。そのため体重が増えるとお腹に煩わしい二段腹ができてしまいます。

理想の食事

このタイプの女性に理想的な食生活の比率は以下の通りです。

  • 炭水化物…40%
  • たんぱく質…30%
  • 脂質…30%

食事に取り入れるべき食品が以下です。

  • フルーツと野菜
  • 赤身の肉
  • 低脂肪の乳製品
  • ナッツ類や種子類
  • 全粒シリアルや豆類

また、避けるべき、もしくは量を減らすべき食品は、

  • ジャンクフードや加工食品
  • 炭酸飲料
  • 揚げ物や缶詰食品
  • 精製穀物

エクササイズ

中胚葉型の人は「遺伝子的に恵まれた人」だと言われます。体重を落としてスタイルを形作るのが容易な場合が多いからです。有酸素運動と筋力をつけるエクササイズを組み合わせれば、適切な体重をキープして筋肉を引き締めることが可能です。

減量ダイエット

内肺葉型または「洋ナシ型」

 

このタイプの人は、代謝が遅いという特徴があります。太り過ぎや肥満、その他の代謝の問題による異常に陥りやすい傾向があります。この場合、毎日のカロリー摂取量を抑えることが推奨されます。

おすすめの食品

このタイプの方は、食事に以下の食品を取り入れることが大切です

  • オリーブオイルやアボカドなど健康的な脂質
  • 水分の多いフルーツや野菜
  • 全粒シリアル
  • 赤身の肉や魚類

可能な限り避けるべき食品は、

  • ジャンクフードや加工食品
  • ナトリウムの多い食品
  • 糖分を含む飲み物や炭酸飲料
  • 甘い物やパン類

エクササイズ

正しい食事を補完するために、内胚葉型の人は中程度の負荷の有酸素運動を1日30分間行うべきです。

  • ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどが、体重をコントロールするために理想的な活動です。
  • 体重が落ち始めたら、週2、3回筋力エクササイズも取り入れるのが良いでしょう。

こちらもおすすめ:毎日どのくらい運動したらいい?

自分の体型のタイプを認識するのは簡単でないこともあります。多くの人に2種類以上のタイプの特徴があてはまるからです。しかし、特定のタイプ一つに属するというのが一般的な傾向です。

  • Sillero, M. (2010). Composición Corporal. Nutrición y Dietética.

  • Sánchez, R. M., Galvis, G., & Victoriano, P. F. (2003). Relacion Entre Caracteristicas Del Tracto Digestivo Y Los Habitos Alimentarios De Peces Del Rio Yucao, Sistema Del Rio Meta (Colombia). Gayana (Concepción). https://doi.org/10.4067/S0717-65382003000100010

  • FAO. (2015). Macronutrientes y micronutrientes. Organización de Las Naciones Unidas Para La Alimentación y La Agricultura.