その食べ物!残留農薬は大丈夫?

5月 20, 2018
私たちが毎日消費している食品の多くは農薬に汚染されています。そして農薬に汚染された食品を摂取し続けると、健康に悪影響を及ぼす結果となります。

私たちが口にする食品の多くは、畑で作られたものです。

この食べ物に農薬が含まれているかどうかについて考えたことはありますか?

また、新鮮な果物や野菜だけではなく、これらを材料にした製品にも農薬は含まれています。

例えば、サンドイッチのパンは小麦を使用していますが、その小麦には農薬が使われていることが多くあります。

ほとんどの国で、農業には農薬が使用されており、これらの農薬は、有毒物質が多く含まれています。

残留農薬と呼ばれることもある食品に残留している農薬の上限を定める基準は正式にはないため、消費者の口に農薬が入らないことを保証することはできません。

国連食糧農業機関(FAO)によると、世界中の国では平均で年間4.55トンの農薬を使用しており、これらの農薬には、殺菌剤、除草剤および殺虫剤などが含まれています。

農薬による健康への悪影響

農薬

殺虫剤などの農薬は、さまざまな健康上の問題を引き起こす可能性があります。

農薬を使用すると農薬の毒性と、農薬にさらされることつまり暴露量の影響を受けます。

農薬が消費者の健康に影響を及ぼすのは、経口または呼吸のような何らかの方法で農薬に接触するからです。 また、皮膚や目が農薬に触れることにより、体内にさらなる悪影響を及ぼします。

ただし、家の近くで有害な農薬が使用された場合は、健康へのリスクは低い傾向があります。

農薬に含まれる複数の成分により、毒性レベルが変わります。

毒性レベルを確認するには、毒性の指標である農薬の製品ラベルのキーワードを探してください。

登録されているすべての農薬には、そのラベルに「危険」や「警告」などの警告を表示する必要がありますが、これらの単語は、毒性レベルを反映しています。

  • 注意:最も低いレベルの毒性
  • 警告:中程度の毒性。
  • 危険:最も有毒な製品

危険にさらされやすい人々

子供達

最も脆弱である人々とは、高齢者、特定の病状を持つ人々、妊娠中の女性そして子供です。

農薬を使って栽培された食品の消費を減らすためには、できる限り農薬を使わずに栽培された食品や、毒性の少ない製品を選択する方法を検討してください。

常に食品ラベルを読み、自分の健康と安全は自分で守る習慣をつけましょう。また自宅でのガーデニングに農薬を使う場合は、手袋と防護ゴーグルを使用してください。

生態系農業

生態系農業

農薬や化学肥料の使用を減らして自然の生態系を保護する生態系農業は、私たちの大きな希望です。自然と生物多様性を考慮して、科学と現代の革新を結びつける新しい農業の始まりです。

生態系農業は化学物質で環境を汚染せず、遺伝子組み換え作物も作りません。

結論

食品に含まれている農薬の量を知りたいのであれば、農薬の成分ラベルなどを見る方法があります。

体内に農薬などの毒素が蓄積しないようにするためには、生態系農業で作られた製品を選ぶべきです。

自分が口にする食品に何が含まれているのか、または何を使って栽培されたのかを知ることで農薬をはじめとする有害物質が体内に入るのを減らすことができます。

 

あなたへおすすめ