チョコレートの驚くべき効能

· 5月 24, 2016

万人に愛されるチョコレート。そのまま食べてもお菓子作りに使っても最高ですよね。しかし、チョコレートは体に悪いという思い込みのために、食べるのをためらったり食べた後に後悔したり人が多いようです。でも実は、毎週数十グラムのチョコレートを食べることは健康にとってもいいんです! それではチョコレートがもたらす健康効果について見ていきましょう。

 今では、多くの研究がダークチョコレートには老化防止に役立つ物質が豊富に含まれていることを証明しています。あなたがどんな種類の食事法を実践していても、毎日の食事にダークチョコレートを加えることはとても健康的です。特にフラボノイドという強力な老化防止要素は、私たちの体を様々な病気から守ってくれます。

こちらもご覧ください 知ってる? 老化を早める悪習慣6選

チョコレートに関する20の事実

砕いたチョコレート

・チョコレートに含まれるカフェインは微量で、コーヒーやお茶などと比べると全く無視できるくらいです。

・チョコレートは自然の鎮痛剤とも呼ばれ、様々な体の痛みを直したり防いだりするのに役立ちます。

・たったひとかけらのチョコレートで、約15km走るのに必要なエネルギーを取得できます。

チョコレートに含まれる栄養素は体内で良いバクテリアを育てる手助けをします。

・豊富なフラボノイドは皮膚を紫外線から守り、日焼けを防止します。

・チョコレートの香りは脳内のベータ波を活性化させ、体をリラックスさせることが知られています。またチョコレートを食べることはポジティブで充実した感情を引き出すエンドロフィンという物質の分泌を盛んにします。うつ病を防ぐのに役立つセロトニンも増加します。

・チョコレートは記憶力と集中力を高めます。これは、チョコレートを食べた2~3時間後に脳への血流を増加させるフラボノイドの働きによるものです。

・チョコレートは虫歯を防止します。チョコレートにはたくさんの砂糖が含まれてはいますが、ココア豆に含まれる抗菌物質がその作用を打ち消すからです。

・疲労を緩和させ身体運動のパフォーマンスを向上します。

・ダークチョコレートを徹底的に接種すると、含まれる老化防止要素が長生きに役立ちます。

Physiology and Behavior誌に掲載された研究によると、ダークチョコレートを食べると暗闇での視力が向上します。

・フラボノイドは心臓にはいい効果があります。ダークチョコレートは動脈を拡張させ血流を増加させます。さらに、動脈の壁にプラークが溜まるのを防ぐ働きもあります。(プラークとは脂肪や細胞の死骸が血管と壁にはり付いたもので、動脈硬化を引き起こします)

・信じてもらえないとは思えますが、チョコレートは体重を減らすのにも効果があるのです!これもフラボノイドをはじめとした老化防止要素の効能で、またチョコレートは他のスイーツに比べると少量で満足感が得られるからです。

・妊娠中にチョコレートを食べることはストレスを減少させ、希望を向上させることに役立ちます。

・チョコレートの成分は多くの美容品に保湿成分として含まれており、しわを防止する効果があります。

・ダークチョコレートは咳を防ぎコントロールする効果があると信じられています。

フラボノイドは見た目を若く保つ効果があります。

フラボノイドは体内に含まれるフリーラジカルと戦います。(フリーラジカルとは原子構成の中で通常は二つ対になっている電子を一つしか持たない原子や分子のことで、がん発生を促進すると言われています)ですので、チョコレートはがんを含む病気を防ぎ、細胞の再生を促進する効果があります。

・最近の研究では、週に約600グラムのチョコレートを食べる女性は脳卒中になる危険性が通常よりも20%低いことを示しています。

・ココアにはオレイン酸という善玉コレステロールの割合を増加させる効果のある脂肪の一種が含まれています。

こちらもご覧ください コレステロール値を下げるナチュラルな方法5種

 

チョコレートを健康的に食べるコツ

チョコレートバー

・もっとも健康に良いのはダークチョコレートです。ミルクチョコレートなどにも役立つ栄養素が含まれてはいますが、ダークチョコレートに比べたら少量です。

チョコレートの消費は一日60グラム程度に抑えましょう。

・糖尿病や肥満に悩む人は、チョコレートの健康的な食べ方についてまずはお医者さんに相談しましょう。

チョコレートを買う際には、最低でもカカオが65%含まれているものを選びましょう。