老化を防ぐ/マンゴーの知られざる効果

6月 20, 2015

 

マンゴーの発祥はアジアで、現在では熱帯地域で栽培されています。マンゴーは美味しいだけではなく、健康的で高い栄養素がたくさん含まれているので、スーパーフルーツとして今注目されています。マンゴーには次のような効能が隠されています。

 

 

体の免疫力を高める役割

マンゴーにはニンジンにも多く含まれているβカロチンが豊富に含まれており、この成分は体の免疫システムを良くする働きがあります。βカロチンは体内でビタミンAに変わりますが、このビタミンAは抗酸化物質を含んでおり、体内の内部システムにダメージを与えるフリーラジカルと呼ばれる成分からの影響を抑える働きを持っています。こういった効果によって、様々な病気を予防してくれます。

 

老化防止の役割

マンゴーにはビタミンAとCが豊富に含まれています。ビタミンCは体内のコラーゲン性のタンパク質を作る手助けをしてくれる役割を持ち、体の結合組織や血管、皮膚の老化のスピードを遅らせる効果があります。

 

脳の健康状態を維持する役割

マンゴー

 

 

マンゴーには脳を正常に機能させるために必要なビタミンB6が豊富に含まれています。これにより、精神状態と睡眠パターンの変化を決める重要な神経伝達物質の結合を手助けする役割を持っています。

マンゴーのような自然食品で、何も手を加えなくてもビタミンB6がここまで十分に摂取できるので、食べ過ぎると神経系にダメージを与える原因になりうる可能性もあります。

 

血圧を低下させる役割

マンゴーには結合すると血圧の低下を手助けしてくれるカリウムとマグネシウムをはじめ、ミネラルが多く含まれているので、高血圧で悩んでいる方には最適な食品です。

 

コレステロール値を低下させる役割

コレステロール.jpg

 

マンゴーにはペクチンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。この成分は溶解性の食物繊維で特に血中のコレステロールの数値を下げる役割を持っています。コレステロール数値でお悩みの方の強い味方になってくれます。

 

貧血治療の味方

この他にも貧血の治療を手助けしてくれる役割も持っています。マンゴーは素晴らしい量の鉄分を含んでいるので、貧血の方には大変おすすめです。通常量を食べるだけで貧血気味の方の強い味方になってくれます。

 

いかがでしたでしょうか? 少し小腹が空いたとき、カロリーの高い間食をしたい時には、これまでご紹介してきた栄養や素晴らしい効能を持ったマンゴーを選んでみてください。空腹を満たしてくれるだけでなく、あなたの体に健康という素晴らしいプレゼントをしてくれるでしょう。

 

 

あなたへおすすめ