コレステロールを正常に保つシンプルで自然な方法

· 6月 9, 2018
バランスのとれた健康的な食事に加えて、ストレスをコントロールすることでコレステロール値の上昇を抑制することができます。

生活習慣病と呼ばれるものの1つに「コレステロール値の高さ」があります。コレステロール値が上昇したら、ただちに対処をして制御しなければ、深刻な心臓血管系の病気へとつながる可能性があります。

本記事では、薬剤を服用することなく、コレステロールを正常に保つためのシンプルで効果的な8つの方法を紹介します。

コレステロール値が高いのはなぜ

コレステロール値が上昇するのはなぜか?

動物性食品の過剰摂取により悪玉コレステロール(LDL)値が上昇することがあります。

悪玉コレステロールの原因の1つである不飽和脂肪酸は、揚げ物、市販のパンや焼き菓子、便や缶入りの市販のソース、マーガリン、加工済または調理済食品、アイスクリームなどに使用されています。

また、ストレスがコレステロール値を上昇させる危険因子であることにも留意してください。

バランスのとれた健康的な食事を心がけているのにコレステロール値が下がらない場合は、継続的なストレスが悪玉コレステロール値を上昇させている可能性があります。

また肝機能が低下するとコレステロール値に悪影響を与えます。肝機能の低下が原因の場合は、ヨモギ、マリアアザミ、またはタンポポなどのハーブを活用してください。

コレステロール値を正常に保つ方法

1.ニンニク治療

ニンニク

ニンニクは、高コレステロール値や中性脂肪などのさまざまな症状を予防・解消するのに役立つ薬用植物です。 ニンニクに含まれる強力な血管拡張効果が、あらゆるタイプの心臓血管疾患を予防する効果があります。

さらに、天然の抗生物質でもあるニンニクにはクレンズ効果があるため、ニンニクの効能を最大に活用するためには、生のままを食べるか、チベット式ニンニク療法をお試しください。

2. 生の人参

人参

生の人参は、肝臓機能を高める能力によりコレステロール値を低下させます。

  • 生の人参の効果を最大限に活用するためには、食べる直前におろしたり、自家製の人参ジュースなどとして摂取してください。
  • 1日2食以上人参を摂取してください。

3.生姜

生姜

生姜は、爽やかな香りが特徴的な香辛料で、健康維持にも高い効果を発揮します。生姜の効果を最大に活用するためにも、食生活に取り入れてください。

  • コレステロール値を低下させるためには、徐々に食生活に加えてください。
  • おろし生姜や生姜のパウダーなどを少量加えるのもおすすめです。

4.ナッツ

ナッツ

ナッツは食べ過ぎない限り、非常に健康的な食品です。コレステロール値を低下させる食品を探している場合には特におすすめです。

  • コレステロール値を正常に保つために必要なナッツは、一握りで十分です。
  • 脳の機能を維持するのに役立ちます。

5.ホワイトクレイ

ホワイトクレイ

内服用に作られたホワイトクレイは、胸やけの症状やコレステロール値を正常に保つための良い治療法です。

ただし高血圧を発症している人は、避けてください。

6. コレステロールを正常に保つ効果のある食品

アボカド

人参や生姜など、前述した薬用効果のある食品に加えて、コレステロールを低下させる食品があります。

毎日の食生活に取り入れてください:

  • アボカド
  • 豆類
  • セロリ
  • オートミール
  • サフラン
  • 玉ねぎ
  • フラックスシード
  • キヌア
  • ヘーゼルナッツ
  • インゲン豆
  • りんご

7.ストレスに別れを告げる

リラックス

前述したように、ストレスがコレステロール値を上昇させます。そのため、食事の改善だけではなくストレスをコントロールすることがコレステロール値を正常に保つためには欠かせません。

職場だけではなく、日常生活の中で何かストレスを感じるとき、人間関係がストレスの原因となっているとき、または毎日の家事がストレスになっているときなどがあります。

毎日きちんと計画を立てて過ごしていない時も、やることに圧倒されてストレスを感じるなどの悪循環に陥ることもあります。

毎日の生活の中でストレスを感じやすい人は、計画的な毎日を過ごすように心がけてください。

8. 食べる量に注意する

食べる量

ついつい食べすぎてしまう人は、食べる量を少なめにするように心がけてください。

お腹が空いてしまったり飢餓感を感じてしまうのではなく、常に満腹であったり食べ過ぎるのを防ぐことが大切です。

「腹八分目」と言われるように、80%くらいの満腹感を感じたら、そこで食べるのをやめましょう。80%ほど満腹感を感じたら、実は私たちの体は十分な栄養と食事量が補われているサインです。ここで食べるのをやめる習慣をつけてください。