赤ワインを適度に飲むべき8つの理由

· 4月 30, 2018
レスベラトロールを含め赤ワインに含まれる成分は、適度に飲む限り、体にとって大変有益になり得るものです。

赤ワインは世界中で最も広く消費されているアルコール飲料の一つです。数知れぬ文化の一部を形成し、健康に良い栄養分の重要な源として受け継がれてきました

過剰に摂取することは悪い結果につながりますが、1日にグラス1,2杯分を飲むことで、体に強力な抗酸化作用、ならびに身体的健康や精神的健康を促す成分を供給することができます。

その主要活性成分であるレスベラトロールは、老化を速め傷を与える粒子である遊離基の悪い作用から細胞を守ります。

赤ワインを悔いなく適度に消費できる理由は沢山あります。この記事では、赤ワインをあなたの食事に取り入れられるようにその最も良い効果8選をここでシェアしたいと思います。

1. 脳の健康を守る

読書

レスベラトロールをはじめ、抗酸化物質が多く含まれているため、赤ワインは酸化ストレスの影響から脳の細胞を守るのに役立ちます。

こうした物質は組織の再生を支え、脳内の酸素供給過程が適度になることを確かにするため血流を規制します

  • 1日にグラス1杯飲むだけで、アルツハイマーや認知症、他の神経障害になるリスクを減らすのに十分です。

もっと知りたいですか?脳の健康のために避けるべき7つの習慣 

2. 鬱病を予防できる

鬱を経験しがちな人は、赤ワインを定期的に飲むことで改善が見られます。

このヘルシーな飲み物は、健康ホルモンとして知られるエンドルフィンやセロトニンなどの神経伝達物質の生成を刺激します。

  • 気分障害を抑えるには、週に3、4杯飲むので十分です。

3.口の健康を改善する

歯垢

ワインの過剰摂取は歯のエナメル質に影響を及ぼしますが、週に少量であれば、歯や歯肉を感染症から守ることができるので健康的です。

赤ワインの抗菌性物質が、口内に生息し虫歯や歯肉炎につながりかねない細菌の増殖を止めます。

  • 口内全体を湿らしたことを確認してから、週にグラス2、3杯摂取しましょう。

4. 呼吸器の健康を改善する

赤ワインの主要抗酸化物質であるレスベラトールには、呼吸気道に防護壁を作る力があります。

そのため、毒素や外界物質による炎症や病気になるリスクを抑えます。

その抗炎症作用と解毒作用が呼吸気道を浄化し、痰の過剰な生成を抑え、気道に痰や異物がからんだり詰まったりするのを阻止します。

  • ワインを1日に小さいグラス1杯飲むことは免疫を強化し、インフルエンザや風邪になるリスクを抑えます。

5. 心血管の健康を改善する

心臓

アルコール飲料を摂取することは心血管の健康にとって悪影響につながりますが、赤ワインを適度に飲むことは大変有益なことです。

その強力な抗酸化作用が動脈内のコレステロールの酸化を防ぎ、高コレステロール血症や動脈硬化症などの疾患を防ぎます。

  • 女性は1日に小さなグラス1杯飲むとよいでしょう。男性は2杯まで飲めます。

6. 尿路感染症と闘う

このヘルシーな飲み物は尿路感染症を規制するのに心強い味方です。

その利尿成分は水分の除去を高め、尿路で増える細菌の除去を促します。

その一方で、膀胱の健康を良くする収斂作用があり、炎症物質や不要物の影響によって炎症が起こるのを防ぎます。

  • 感染症の症状を感じたら、毎日ワインを少量飲みましょう。

7. 活力を高める

赤ワインを飲む人

朝のだるさに苦しむ人は、赤ワイン1杯を飲むことで良い活力を得ることができます。ワインの栄養分は、体の活力を高め、身体的パフォーマンスと精神的パフォーマンスを高めてくれます。

これはワインが血行を改善するので、疲労を回避するのに欠かせない体全体の酸素の巡りが良くなるためです。

  • 気だるかったり、疲れた時は赤ワインを飲みましょう。

8. 早期の老化を防ぐ

あなたは早くに老化してしまうことを避ける方法を探していますか?一般的に、健康的な生活習慣を保つことが重要ですが、赤ワインを常習的に飲むことはその力強い支えとなります。

レスベラトールは、細胞が毒素によって劣化することから守ってくれます。そのため、臓器や組織への損傷を最小化します。

  • 少なくとも週にグラス4杯のワインを飲んで、この効果を堪能しましょう。

お分かりのように、赤ワインを飲むことには多くの利点があります。少量を時々摂取し、体を健康に保つためにその成分に最高の仕事をしてもらいましょう。