これを読んだら、バナナのイメージが変わります

9月 15, 2018

バナナは、私たちに肉体的にも精神的にもエネルギーを与えてくれる果物です。一つだけ気をつけることは、バナナを食べるためには適切な時間があるということについて知っておくことです。

ダイエットにおいて食事制限は必ずしも正しい選択肢であるとは言えませんが、減量したいなら避けるべき食べ物があることは事実です。

バナナはカロリーが高いために、ダイエット時に食べるのをやめてしまう人がいます。しかし、食べ物の価値を決めるのはカロリーだけではありません。

実際には、高カロリーの食べ物でも身体に良く、効果的な食べ方を知っていればダイエットに役立つものもあります。問題は、私たちの体が何を必要としているのか知らない人が多いということです。何の疑いも持たずに巷にあふれるダイエット法を実践してしまう人がいますが、そのダイエット方法が必ずしもその人に適しているとは限りません。

オフィスで働く時間が長い人、立ちっぱなしの仕事をしている人、もっとアクティブに働いている人の身体が求めるものが必ずしも同じであるとは限りません。

また、考慮するべきもう一つのことは、季節です。例えば寒い日と暑い日では身体の機能の仕方が異なります。気温が高いと発汗量が増え、血圧が下がり、運動をするためのエネルギーも下がります。あなたが食べるべきものは、このような要因によっても変わってくるのです。

バナナのメリット

バナナ vs うつ病

バナナ1

なぜバナナがうつ病に良い効果があるのでしょうか。その理由は、バナナにはトリプトファンという体内でセロトニンに変わるタンパク質があるためです。セロトニンが脳に達すると、私たちは安定や落ち着きを感じることができます。

さらに、うつ病を患っている人が特に必要とするポジティブなマインドを与えてくれます。病院で処方される薬と同じ効果があるわけではありませんが、その効果を高めるのに役立ち、生活の質を向上させることができます。

この記事もお読みください

うつ病に対処する精神面での対策

PMS(月経前症候群)にさようなら

生理前に異様に甘いものが食べたくなったりしたことはありませんか?  これはホルモンの変化によって血糖値がバランスを失うことで、体が糖分を求めるために起こります。

・バナナは血糖値を安定させることから、このような状況にぴったりの食べ物です。

・また、他の果物と同様、バナナには多くの繊維が含まれているため、お菓子などに比べてはるかに健康的です。食物繊維は体内にある不必要なものを取り除くのに役立ちます。

この記事もお読みください

辛いPMS(月経前症候群)にさよならする方法

バナナは朝の吐き気を抑える

吐き気

バナナは二つの面で朝の吐き気を抑えます。

・胃の内側を保護する粘液を再生成します。

・嘔吐によって失われたカリウムを補充します。結果として、吐き気による収縮を和らげます。

食事の間にバナナを食べるのがおすすめです。

エネルギー豊富なバナナ

バナナはどれほどのエネルギーを与えてくれるのでしょうか。例えば、バナナを一本食べると90分間の運動をするための準備が整います。

でも、私たちがエネルギーを必要とするのは運動のためだけではありません。あなたがとても忙しい仕事をしていて、軽食を取る時間もとれないなら、バナナがおすすめです。バナナを食べるとより生産的になります。

バナナを食べるのにどれくらいの時間がかかりますか? 1分もかからないのではないでしょうか。

バナナは眠気を覚まし、集中力を高める

ランニング

この特徴は、セロトニンを産出する特性などにも関連しています。脳が適切に働くためには、私たちはリラックスしつつもアクティブでなければなりません。

難しいコンセプトについて理解したり、決断を下すために、このマインドセットが重要です。バナナは、脳を100%働かせる必要がある人におすすめの食べ物です。

バナナがここまで私たちに良い効果をもたらしてくれる果物であるということを知っていましたか? 多くの人にとって嬉しい驚きであったはずです。きっと今までよりもさらにバナナを楽しむことができるはずです。

 

あなたへおすすめ