健康維持のための3つの運動

理由は様々であるにしろ、座りっぱなしの生活をしている人は多いことでしょう。それは、今は気付かなくとも、少しずつあなたの健康を害していくのです。そこで、簡単にできる3つの運動、始めてみませんか。

肥満心臓系の問題、コレステロール・・・・日常生活に簡単な運動を1日たった30分組み込むことで、いろいろな健康上の問題が避けられるのです。でもちゃんと継続しなければなりません。頑張ってはじめてみませんか? 無理して一人で始めることはありません。友人や家族を誘ってみてはどうでしょうか? この3つの運動は実行に移すのがとても簡単な上、一日を通していろいろ組み合わせることも可能です。大事なことは毎日実行すること、また日々の習慣としてしまうことです

 

階段の上り下り

階段上りの効果

驚くかもしれませんが、これは様々な研究結果が証明していることで、多くの心臓専門医が階段の上り下りを薦めているのです。特に心臓血管系によく、足の筋肉増強にも効果があり、カロリーを十分消費するのです。カナダのトロント大学、ロイ教授は20分間20センチの段差の階段を上るだけで、健康維持に素晴らしい効果を発揮する、と証明しています

・コレステロール値の減少、高血圧低下の作用のため、心臓病をさけられる

・足の筋肉増強、心臓病への耐性強化 ・カロリーの消費 ・骨の増強 ・代謝のアップ

 

どうやって実行する?

  1. 家庭、ショッピングセンター、仕事場
  2. 毎日20分から25分
  3. 疲労を感じたら、ゆっくりまた深く呼吸する
  4. 姿勢をただし、前かがみにならないように、特に足に気持ちを集中するようにする
  5. 人口装具を膝に使用しているなど足に問題がある方はよく注意して行ってください。心臓系に問題がある場合は必ずかかりつけの医者に相談してからおこなうようにして下さい。

 

自転車に乗ること

自転車に乗る

これもまたお勧めの方法です。もし自転車を持っていて、その環境が整っている場合ぜひ試してみて下さい。もし自家用車に自転車が積めるようでしたらいうことはありません。自転車を毎日30分から35分こぐことはとてもよい運動になり、もしパートナーがいるのであればより楽しいものとなるでしょう。

心臓発作の可能性の50%を防ぎます。

背中の痛みをとり、関節の動きを保護します。自転車をこぐことは脊椎周辺の筋肉を伸ばし、かつ増強するのです(よって椎間板ヘルニアの予防になります)この運動は膝にもいいですし、さらに軟骨を強くする働きまであるのです。

・免疫力のアップにもつながります。

自転車こぎ等の運動を続けることによって我々の体内にある食細胞を活発にし、かつ毒性を排除していくのです。

毎日歩くこと

日々の生活にウォーキングを組み込むうえでのポイントは、毎日続けることと、30分間速足で歩くことです。無理して走らなくていいのです。ただ軽快に30分以上歩くだけでよいのです。

心臓の強化、病気を防ぎ、コレステロール値を減少させます。

体重のコントロール。少しずつテンポをあげることによって筋肉が増強され、代謝がアップし、贅肉がなくなります。

・痴ほう症の予防、脳血管の発作の予防

骨粗しょう症の予防。骨を強くし、関節を柔軟にします。

臀部、腹部に活力を与えます。歩くときは特にこの部分を意識して、姿勢をよくし、前かがみにならないようにします。

・ビタミンÐの増加。日中日を浴びながらウォーキングすることは骨を強くし、免疫力をアップさせるビタミンÐを増加させます。

・エネルギーのアップ

パートナーや友達と一日30分程度歩くことはそう難しいことではありません。ですが、日々のストレスや心配事を解消させる効果があることは立証ずみです。外気を存分に吸い、ひととき、日々やらなければならないことを忘れることは、私たちの生きていく上でのビタミンとなるでしょう。

 

今日からでもさっそく始めてみませんか?