自宅でできるコツで胃炎をコントロール

7月 2, 2018
ご紹介するコツは胃炎の症状を軽くするのに役立ちますが、治すには、医師にかかることが大切です。

自宅でできる簡単なコツで、胃炎をコントロールできるとご存知ですか?

胃炎とは、胃の内膜が炎症を起こす状態のことを言います。通常、腹部に強い痛みを感じ、酸やガスが発生します。

胃炎を引き起こす原因は様々なものがありますが、大抵の場合はヘリコバクター・ピロリという菌の過剰な増加が原因です。

胃炎の症状は急に現れることもあり、徐々に発症することもあります。症状としては穏やかで一時的な場合が多いですが、胃内の出血などのリスクもあります。

現在は、胃炎が患者の生活の質を脅かさないように症状を抑える治療法が多く存在します。

また、特に胃炎の原因が外部からの刺激の場合、症状を最小限に抑えるために自宅でできるコツもあります。

胃炎に困っていて、症状のどう抑えたら良いか分からない方、一緒に見ていきましょう!

胃を押さえる男性

胃炎の原因

胃炎は、胃を消化液から守るための内膜が炎症することで引き起こされます。過剰な酸が内膜を弱め、機能を低下させることで、炎症が起こったり傷ができたりします。

胃炎の症状は主にこの炎症の後に出てきますが、自己免疫の状態や、胃内への胆汁逆流や、消化器官疾患が原因で起こる症状もあります。

リスク要因

  • ヘリコバクター・ピロリ菌感染
  • 寄生虫やウイルス性疾患
  • 鎮静剤の長期間の使用
  • ストレス
  • 消化系の怪我
  • クローン病

刺激の強い食事は胃炎の原因ではありませんが、症状を悪化させる要因の1つです。

胃炎の見分け方

お腹を押さえる女性

多くの場合、胃炎は症状なしに起こります。胃の不快感を通常の消化の一面と思って勘違いする患者もいます。

胃炎の度合いによっては、下記が起こる可能性もあります:

  • 胃の上部の胸焼け
  • 吐き気、嘔吐
  • 食欲不振
  • 胃痛、お腹の張り
  • 胃酸の逆流

症状が繰り返し現れるのであれば、医師に診せることが大切です。診察後に、胃炎であると確認するための臨床検査を勧めてくれます。

胃炎を自然に抑える自宅療法

胃炎を抑える医薬品はたくさんありますが、合併症を防ぐために生活スタイルを変えることも大切です。

治療して不快な症状は一時的に収まりますが、再発するか、完治するか、悪化するかは習慣によります。

医薬品を過剰に摂取せずに胃炎を治すために、ナチュラルでかつ自宅でできる方法を試すのもピッタリです。この記事では、ぜひ試していただきたいコツを集めて見ました。

冷たいゼラチンを食べる

ゼリー

ゼラチンは、体に良い必須栄養素がいっぱいの食べ物です。ゼラチンに含まれるアミノ酸とビタミンとミネラルが、胃の内膜を修復し、炎症を抑えます。

  • 胸焼けや他の胃炎の症状を感じた時に、冷たいゼラチンを1人前食べる。

こちらもお読みください:知っておくべきゼラチンの効能11選

バナナを食べる

バナナには食物繊維と抗酸化物質が含まれるので、胃炎が原因の消化不良を抑える昔からの療法の1つです。

バナナは柔らかく、胃のpHを調節してくれ、胃潰瘍や不快感の原因となる過度な酸量を下げてくれます。

  • バナナを1本食べるか、スムージーにしたり朝食に加えても大丈夫です。

こちらもお読みください:体内のpH値のバランスを正常に保つ方法

ライスウォーターを飲む

ライスウォーター

他にも、ライスウォーターに凝縮される食物繊維も消化作用を助けます。ライスウォーターの栄養素が自然に胃を落ち着かせ、酸で傷ついた組織を再生させます。

  • 調味料等は加えずにお米を水で煮込み、煮汁を1日に2〜3回飲む。

刺激物の摂取を控える

特に症状が酷い時に食べると、胃炎の症状を悪化させる刺激物には様々なものがあります。

水をもっと飲む

水を飲む女性

最後に、胃炎で苦しんでいる方は、消化をよくするために十分なお水を飲まなければなりません。水分が足りないとpH値が変わり、酸性液が胃を傷つけてしまいます。

  • 毎日コップ6〜8杯のお水を飲むようにしましょう。
  • お水だけでは飲みにくい場合、レモンを少し絞ったり、味をちょっとつけて見ましょう。

さあ、ご紹介した内容を心に留め、ぜひ胃炎の治療に役立ててください。加えて、経過を診てもらうために定期的に病院に行きましょう。

あなたへおすすめ