常に空腹だと感じる10の原因

3月 26, 2018
胃の中が空っぽになっている時に空腹を感じますが、それ以外の要因が空腹感を引き起こすことがあります。本記事で詳しくご紹介します!

常に何かを食べていたり、食べ物のことばかり考えていませんか?

空腹感を絶え間なく感じる場合は、本記事でご紹介する原因との関連を考えてみましょう。

1.喉の渇き

「たくさん食べたのにまだ空腹を感じる」という場合は、実は空腹ではないことがほとんどです。

このような場合は、グラス1杯の水を飲んで少し待ってください。すぐに空腹感が消えて、実は喉が渇いていたことに気づくでしょう。

つまり、自分の体に定期的に十分な水分を補給することで、空腹感がなくなることがよくあります。

朝起きたらすぐに水を飲み、その後も食事の1時間前にグラス1杯の水で体内に水分を補給すると、過剰な食欲や空腹感が軽減します。

2. 栄養価のない食品

砂糖

精製された砂糖が多く含まれているお菓子やデザートを食べてはいけません。

これらの砂糖や砂糖を含む食品には栄養価が含まれていないため、たとえ少量でも、食べれば食べるほど空腹を感じる結果になります。

精製された砂糖や小麦から作られた食品や加工品を避けて、健康的な食生活を心がけてください。

3. 睡眠不足

十分な睡眠がとれていないとき、朝起きてすぐに何かを口にしたいように感じることがあります。

しかし毎日7~9時間の睡眠をとれば、このように感じることはなくなります。

私たちの体は夜間にメラトニンと呼ばれるホルモンを生成します。このホルモンは私たちの体を正常に機能させるための大切な働きをするだけではなく、食欲にも大きな影響を与えます。つまり睡眠が不足するとメラトニンの生成にも悪影響を及ぼし、不必要な空腹を感じる結果となります。

4. ストレス

ストレス

ストレスを感じると誰でも、行動や心身の活動に何らかの影響を受けます。

中にはストレスを感じると全く食べられなくなる人もいれば、過食をしてしまう人もいます。

ストレスを感じると過食をするタイプの人は、ストレスや不安感が押し寄せたとき「ストレスは不健康な食事や過食をするための言い訳にはならない」ことを自分に言い聞かせることが大切です。

もちろんそれだけでは過食を予防するのは難しいため、ストレスを感じたら、友達に電話する、スポーツをする、読書をするなど、自分の心が穏やかになる行動を積極的に行い、食べ物への注意を離し、食べること以外でストレスを解消することが大切です。

5. お菓子とアルコール

アルコール飲料には、食欲を刺激する成分が含まれているため、体重増加の原因になります。

アルコール飲料の摂取を避けるか、どうしても飲みたい場合は適量を心がけてください。

友人と外出するときは、アルコールの摂取量とスナックや不健康な食事の量を適度に抑えながら、健康的な食品の摂取を心がけてください。

6. タンパク質不足

魚

食べ過ぎを予防するためには、毎日の食事に適量のタンパク質を含むことが大切です。

タンパク質は私たちの体にエネルギーを供給しながら、満腹感を持続させる大切な栄養素です。

野菜や果物と一緒にタンパク質を食べてください。

7. 健康的な脂質の不足

揚げ物や加工品、そして焼き菓子やパン類など、不健康な脂質が多く含まれた食品は、体重増加の原因となります。

しかし、オリーブオイルや、アボカド、鮭、ナッツ類、ひまわりの種などに含まれている脂質は私たちの体に良い影響を与える健康的な脂質です。適量を食事に取り入れてください。

8. 食事をきちんと食べていない

大きなサンドイッチを食べる女性

一日に必要な食事は、朝食、昼食、夕食、そしてこれらの食間に食べる2回のスナックです。これらの食事を食べないと、必要以上の空腹感を感じて、のちに過食する結果になります。

また一度に大量の食事を食べないことが理想の体重を維持するためには欠かせないため、必ずこの食事法を守ってください。

9. 食べ物について考えすぎない

食べ物について考えないようにするためには、食べ物の写真や食べ物に関する記事、またはオンラインのページなどを見ないことが大切です。

例えば、インスタグラムなどで常に食べ物の投稿をフォローしたり見ていると、最終的にお腹が空いて過食する結果となります。

10. 早食いをしない

幸せなカップル

ゆっくりと食べることで満腹感が持続して、不必要な空腹を感じる機会が減ります。

早く食べると、体内が十分に食べ物を吸収して脳に満腹であることを伝える前に、次の食べ物を体内に運んでしまいます。

そのため、カロリーを過剰に摂取して、体内が必要としている量よりも多く食べている可能性があります。

食べ物をしっかりと噛んで、少量を少しずつ食べることで、正しいタイミングで満腹感を感じます。

 

あなたへおすすめ