もっとタンパク質を食べよう!毎日の食事に加えるべき7つの食品

12月 14, 2017
タンパク質の摂取量を増やすことは代謝の改善・向上につながります。また髪や肌の状態を強化しながら活力を補給します。

タンパク質の摂取量を増やすことは代謝の改善・向上につながります。また髪や肌の状態を強化しながら活力を補給します。

タンパク質は私たちが毎日摂取するべき栄養素の中でも最も重要な栄養素の一つで、体内にエネルギーを補給しながら体内機能を促進する重要な役割があるため、タンパク質をしっかりと摂取することが大切です。

また、タンパク質の摂取量を増やすことで満腹感が持続し、空腹感を感じることなく減量に成功しますし、髪や肌を健康に保つ美容効果もあります。

本記事では、毎日の食事に簡単に取り入れることができるタンパク質を含む食品をご紹介します。

1.パルメザンチーズ

パルメザンチーズ

パルメザンチーズには高品質のタンパク質が含まれているため、エネルギーを向上させながら満腹感を維持します。

パルメザンチーズ100gにつき30gのタンパク質が含まれているため、毎日の必要摂取量を満たす素晴らしい食品です。

ただし、チーズには脂質も多く含まれているため摂取量や摂取頻度には注意が必要です。

こちらの記事もご覧ください: ぜひ試したい!タンパク質が豊富な朝食

2.塩漬けハム

塩漬けにした乾燥ハムにはタンパク質が凝縮しています。

100gにつき21gのタンパク質が含まれているため、一般の薄切りハムなどと比べて脂質が少なめなのが特徴です。ただし塩分が多く含まれているため摂取量には注意が必要です。

3.マグロ

マグロ

マグロは美味しくて栄養価の高い食品です。低カロリーにもかかわらずタンパク質が豊富に含まれているおすすめの食品です。

100gにつき21.5gのタンパク質が含まれている上、オメガ3脂肪酸やミネラルも豊富です。

週に2回以上マグロを食事に加えることで、空腹感を抑制しながら心臓の健康と筋肉の維持をサポートします。

4.鶏胸肉

鶏胸肉は脂肪分が少ないため、食事に加えるのにおすすめの食材です。

低カロリーながら100g中タンパク質は22g含まれています。鶏肉はすべての部位にタンパク質は含まれていますが、脂肪分が少なく低カロリーという点では、胸肉が最もおすすめの部位です。

5.大豆

大豆

大豆は低カロリーで栄養価の高い食品なので、減量に効果的な食材として人気を集めています。

100g中30gと、他の豆類のよりもタンパク質の含有量が高い大豆は、甲状腺疾患の原因になることもあるため、摂取には注意が必要です。

こちらの記事もご参考に: ダイエットをするときの7つの間違い

6.ナッツ類

アーモンドをはじめとするナッツには過剰な食欲を抑制する働きがあります。

100g中20gのたんぱく質を含んでいるだけではなく、オメガ3脂肪酸と抗酸化物質を豊富に含んでいます。

摂取量を守れば毎日食べることができる食品で、減量中の方にもおすすめのおやつです。

7.ゼラチン

ゼラチン

様々な種類のゼラチンが市販されています。ゼラチンはタンパク質を豊富に含むお財布に優しい食材で、100gには84gのタンパク質が含まれています。

またビタミンやミネラルが豊富に含まれているものの、低カロリーなので筋肉や関節を強くする働きがあります。またゼラチンはヘアマスクやフェイスマスクの材料として使うこともできます。

本記事でご紹介した食品を食べていますか?

タンパク質は私たちの毎日の食事に欠かせない栄養素です。摂取目安量を守りながら、毎日の食事に積極的に取り入れてください。

あなたへおすすめ