処方オピオイドとその使用目的とは

18 2月, 2020
強力な鎮痛剤であるオピオイドが医師により処方されることがあります。オピオイドの最もよく知られているタイプは「モルヒネ」ですが、他にもたくさんの種類が存在します。

処方オピオイドは、神経系統内のオピオイド受容体と相互作用する薬剤の種類です。受容体と結合することで薬理効果が生じ、痛みを緩和します。しかし、医師がオピオイドを処方する主な理由とは何なのでしょうか?

オピオイドは安全な薬ですが、依存症につながる可能性があります。そのため、大量に使用すると体が薬物に慣れるので、同じ効果を得るためにより多くの量を必要とします。

最も一般的に使用される種類は、ヒドロコドン、オキシコドン、モルヒネ、そしてコデインです。さらに多くの種類がありますが、この4つが主に安全性が謳われるものです。

処方オピオイドの使用目的

処方オピオイドの使用目的

処方オピオイドを使用することで激しい痛みを軽減し、生活の質を大幅に改善することができます。メカニズムとしては、オピオイド受容体と相互作用することで、神経系の痛みを示す刺激を調節して作用します。この連鎖反応の結果、痛みに対する感度が低下するか、完全に消失するのです。

鎮痛を目的として最初に使用されたオピオイドはモルヒネでした。医師の間では、モルヒネの使用を開始点とする尺度が使用されます(モルヒネを「値1」とする)。数字が上がるにつれ、オピオイドの鎮痛力が利くにはどれほどの投薬が必要かを示します。

オピオイド受容体は、脳や脊髄などの中枢神経系の細胞の表面にあるタンパク質で、消化管に沿って続きます。

特定のタンパク質の情報をコード化する遺伝子の活性化により、新しい受容体が投薬されたオピオイド全量と結合するため、必要な投薬量は受容体に依存します。活性化シグナルは受容体が多いほど活発化するため、用量を増やすことが徐々に必要になります。これは、より多くの粒子が受容体に結合して、望ましい効果を引き起こすことができるようにするためです。

こちらもお読みください:テニス肘の痛みを和らげる5つの自然療法

処方目的

処方オピオイド

オピオイドを処方する主な理由は鎮痛です。慢性的な痛みにさらされると、精神的および身体的な変化が起こり、生活の質が悪化します。

このような状況下では、唯一の選択肢は少量のオピオイドを処方することです。鎮痛剤の中でも作用は中程度ですが、扱いやすいのが特徴です。

大量のオピオイドが投与されている場合は、激しい急性の痛みがある場合があります。鎮痛効果はより強力ですが、治療限界が限られているので、依存性が非常に高いことがあります。

処方オピオイドの種類が何であれ、副作用を回避する唯一の方法は、医師が指示した量を守ることです。オピオイドは、医療的監督の下で厳密に管理されなければならず、用量に加えて、投薬間隔を守る必要があります。

処方オピオイドの副作用

処方オピオイドの副作用

先述した通り、主な欠点は薬物依存のリスクです。それでも、他の鎮痛剤が効かない場合は、オピオイドが処方されます。留意すべきもう1つのことは、娯楽目的での乱用です。

娯楽目的で使用するオピオイドには医学的正当性は認められず、オピオイドの“心地よい”感覚が中毒者を生み出してしまいます。娯楽で使われると、依存度が非常に高いので、使えない時の禁断症状に苦しむことになります。

こちらもお読みください:生理痛を和らげるホットドリンク5つ

最後に、中毒者を生み出すことで評判が悪くはありますが、オピオイドは痛みを和らげるだけでなく、気分を向上するためにも役立つ、本来非常に優秀な薬です。痛みが取り除かれると、身体の機能的能力を取り戻し、日常生活を送ることができます。それにより精神疾患も改善するので、オピオイドは慢性疾患を持つ患者にとって非常に重要な薬なのです。

  • Álvarez, Y., & Farré, M. (2005). Farmacología de los opioides. Adicciones. https://doi.org/10.1016/S1280-4703(18)89443-9
  • Schug, S. A., & Gandham, N. (2007). Opioides. In Wall y Melzack. Tratado del Dolor. https://doi.org/10.1016/B978-84-8174-949-6.50028-9
  • Clemente, M. (2004). Farmacologia De Analgesicos Opiaceos. Chemistry & …. https://doi.org/10.1016/S1280-4703(11)71031-3
  • Fernández Vallin Cárdenas, E. (2002). Opioides, Mecanismo de Acción. Foro de Investigación y Tratamiento Del Dolor Para La Comunidad Médica.