どこで起こる?疲労骨折の原因と症状

2月 2, 2020
疲労骨折は、足で起こるのが一般的です。亀裂が小さいため、レントゲンでは見つからないことが多く、診断は容易ではありません。残念なことに正しい治療が行われないことも多く、慢性的な痛みを引き起こす原因になる可能性があります。

一般的に、疲労骨折は反復運動や、運動や活動の量や強度が急激に増加することが原因で起こります。

疲労骨折はレントゲンで検出されないため、診断が容易ではありません。

他の怪我や病気と区別するために、専門医は補完的な検査を行う必要があります。

スポーツ選手は疲労骨折を発症する危険に最もさらされており、疲労骨折の2%はスポーツ傷害です。

疲労骨折が起こると強い痛みを伴い、疲労骨折をしている骨がずれることもあります。

疲労骨折とはなんですか?

どこで起こる?疲労骨折の原因と症状 鎖骨のレントゲン

疲労骨折は、運動など身体活動による過負荷の結果として発生する可能性があります。

疲労骨折の原因の一つは、骨の弱さや疲労で、骨の欠損がある場合も骨が弱くなります。

その一方、繰り返しやこれまでとは違う活動による、筋肉の継続的な乱用がある場合に、骨にヒビが入ったり完全に骨折します。

最初は、ある特定の運動や動きをする際にのみ激しい痛みを感じることがありますが、運動が終わると痛みが消えます。

骨は、コラーゲンというたんぱく質がコラーゲン線維を構成しており、これが骨の基礎となります。

また何か外部からの力を受けたときに、損傷した組織を再形成する働きがあります。

しかし、過負荷により衝撃が継続的に起こる場合や急激に起こる場合、コラーゲンを補充する身体の能力を超えた損傷である疲労骨折が起こります。

また骨粗鬆症も疲労骨折の一因です。

こちらもご参考に:骨の痛み:原因、症状、治療

疲労骨折の種類

疲労骨折は、低リスクと高リスクの2つに分類されます。

この分類は、患部の場所、合併症の可能性、完治までの時間、偽関節の存在、治療方法などの要因によって異なります。

各グループの特徴は次のとおりです。

  • 低リスク:痛みを引き起こす運動を停止することで簡単に治療することができます。主に、上肢、肋骨、骨盤、大腿骨、脛骨、腰椎、踵骨で起こります。
  • 高リスク:合併症の可能性がある疲労骨折です。多くの場合、大腿骨頸部、外脛骨、足根の舟状骨、距骨および中足骨の基部の損傷に関係しています。

こちらもご参考に:骨の痛み:助言と処置

疲労骨折がおこる主な場所

どこで起こる?疲労骨折の原因と症状 ランニングの準備をする人

運動時に使う筋肉群に応じて、各スポーツ分野にはさまざまな骨折があります。

疲労骨折は、何らかの理由で繰り返し同じ場所に衝撃を受けることが原因で、体内の多数の骨に影響を及ぼす可能性があります。

様々な場所が影響を受けると考えられていますが、足は最も疲労骨折が起こりやすい場所です。

足の中でも疲労骨折が起こりやすい場所をご紹介します。

  • 第二中足骨の骨折:つま先は運動中に最も負荷がかかる場所です。その中でも、足の指の中でも最も長い指なので、最も頻繁に疲労骨折が起こります。
  • 足の小指の骨折:横方向への動きとジャンプを必要とするすべてのアクティビティにおいて疲労骨折が起こる可能性がある場所です。
  • 踵骨骨折:かかとがサポートの役割を果たす活動で疲労骨折が起こる傾向があります。
  • 距骨骨折:特定のアクティビティやスポーツに固有の疲労骨折です。あまり一般的でありませんが、ここで疲労骨折が起こると非常に不便です。
  • 足首の内くるぶし骨折:長距離ジャンプやランニング競技などを含むスポーツで一般的です。

体の他の部位で疲労骨折が起こるのも比較的一般的で、腓骨、骨盤、大腿骨頸部、足の類骨、または腓骨の骨端でも起こります。

最後に

スポーツという観点から見ると、それぞれのスポーツ分野で頻繁に起こる、典型的な疲労骨折があります。

マラソン選手、サッカー選手、ダンサー、バレーボール選手は、中足骨の疲労骨折が起こりやすいと言われています。

ハンドボール選手では第一肋骨の疲労骨折、そしてゴルフ選手では下部肋骨が疲労骨折を起こしやすい考えられています。

  • Torrengo, F., Paús, V., & Cédola, J. (2010). Fracturas por estrés en deportistas. Rev la Asoc argentina Traumatol del Deport, 18-23.