骨の痛み:助言と処置

· 5月 15, 2016

骨の痛みの原因には様々なものがあります。一般的でありませんが、幸いその痛みを処置することが可能です。

何が骨の痛みを引き起こすのでしょうか?

子供や若者は通常、成長期に骨の痛みを経験します。

多くの人々は、風邪またはインフルエンザにかかっている時に骨の痛みを経験します。

骨粗鬆症骨は栄養失調で、ミネラルを除去されているもろい状況です。骨粗鬆症が原因で感じる骨の痛みは専門医により治療が必要です。

  • 骨粗鬆症または骨の感染症
  • 腎臓病
  • 栄養失調
  • 痔と子宮の問題
  • 更年期:骨が弱まり、骨粗鬆症の危険性が増します
  • 骨のガン
  • 怪我での骨折
  • 骨関節炎と関節炎
  • 白血病
  • 貧血

骨の痛みを治療する方法

今回ご紹介するのは、骨の痛みを減らすことを助けて生活の質を改善するための方法です。

ただし、骨の痛みは前述したように深刻な疾患の兆候である可能性があります。

継続的な痛みを感じたり痛みが治らない場合は、必ず医師の診察を受けてください。

良いものを食べること 

毎日の食生活では、できる限り動物性の脂肪を減らし、新鮮な野菜や温野菜を食べることをお勧めします。

生成された砂糖や小麦粉は、体からミネラルを除去して、骨からカルシウムを奪うため食生活から取り除くのが最善の方法です。

便秘との戦い

constipation

便秘は、骨の不快な痛みにつながることがあります。

便秘が原因の骨の痛みは、腸をデトックスすることが重要です。

こちらもお試しください:便秘の緩和に効果的!プラム・フェンネル・フラックスシードジュース

休憩

十分に休みをとることは、骨の痛みの処置や、予防する為には不可欠です。

骨の痛みを経験しているならば、過度に努力することを避け、毎晩8時間は睡眠をとりましょう。

こちらもご参考に:睡眠の質を高める9つの食べ物

サプリメント

あなたが骨の痛みまたは別の骨に関連した問題で苦しんでいるならば、サプリメントやあなたが食べる食品を通して、カルシウムとビタミンA、ビタミンD、ビタミンCの摂取を増やしてください。 

リラクゼーション療法

yoga

ストレスは、骨の痛みに密接にリンクしています。

否定的な感情を取り除く為に、リラクゼーション療法を利用しリラックスする時間をとることは重要です。

厚生労働省によると、リラクゼーション療法には「漸進的弛緩法、誘導イメージ療法、バイオフィードバック、自己催眠、深呼吸法などさまざまな療法」があるため、自分の症状にあった療法を専門家の指導のもとで選択することが大切です。

骨の痛みを処置する為の自然療法

上記のヒントに加えて、以下の食材を試してみてください。

生姜茶

ginger-tea

生姜には痛みを和らげ、そして骨の痛みの減少を助けることができる抗炎症性特性があります。

生姜は、関節の健康を増進して、体内の毒素の除去を促します。

  • カップ1杯の水を沸騰させて、スプーン1杯のすりおろし生姜を加えてください。
  • 5分間おいて生姜茶が抽出されたら出来上がりです。
  • 1日につき3回飲んでください。

イラクサ 

この植物は、関節に蓄積される老廃物の排出を助ける利尿作用があります。

毎日3回、乾燥したイラクサの根でお茶を作って飲んでください。

骨の痛みを和らげるジュース

このジュースは、カルシウム、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、マグネシウム、カリウムが入っているおかけで骨の痛みを和らげることができます。

材料

  • ストロベリー 8個
  • オレンジジュース 小さじ2杯
  • 豆乳 2/3カップ

作り方

  • イチゴを洗って、他の材料と一緒にミキサーにかけてください。
  • よく混ぜて、濾してから飲んでください。

引用サイト:厚生労働省統合医療情報発信サイト