骨粗鬆症を予防してくれる8つの食べ物

· 2月 27, 2016
カルシウムは私たちの体に絶対必要な栄養素です。特に骨の健康を維持するには欠かせません。

骨粗鬆症は、骨髄のカルシウム不足から起こります。したがって、どのような食べものがカルシウム量を増やしてくれるかを知らなくてはいけません。今日は、是非とも食生活に取り入れたい、骨粗鬆症を予防する食べものをご紹介しましょう。

魚介類

数多くある魚介類の中でも、骨粗鬆症の予防にお勧めな魚介は、イワシ、マグロ、アサリ、海老などです。

豆類はカルシウムが豊富で、かつ食物繊維も豊富です。準備方法、調理方法に気をつけて食べましょう。

野菜

骨粗鬆症1

骨粗鬆症の予防に効果があるとされている野菜は、ほうれん草、ブロッコリー、スイスチャード(不断草)です。

ナッツ類

ナッツ類にはカルシウムが豊富に含まれています。その中でもアーモンドは最もカルシウムを多く含んでいます。ただし、ナッツ類はカロリーも高いですので、食べ過ぎには気をつけましょう。

こちらの記事もお読みください:とっても美味しいナッツバターの作り方

ビタミンK

レタス

ビタミンKは、オステオカルシンと呼ばれるタンパク質の生成において重要な栄養素です。オステオカルシンは、ミネラルが正常に骨に蓄積されるのを助けます。ビタミンKを含む食べものは、カラードグリーン、ブロッコリー、レタスです。

ビタミンC

ビタミンCは、骨粗鬆症を予防する上で私たちの体に欠かせない栄養素です。なぜなら、健康な骨構造を形成、維持、修復するをのを助ける働きをするからです。ビタミンCが豊富な食べものは、柑橘系のフルーツ、ピーマン、キウイフルーツを始め多くあります。

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの吸収に必要な栄養素です。ビタミンDが欠乏していては、せっかくカルシウムを多く含む食べ物を食べても効果がないでしょう。ビタミンDはマグロ、鯖、脂っぽい魚、鮭、栄養強化シリアルなどに含まれています。

こちらの記事もお読みください:ビタミンD不足:なりやすいのはどんな人?

ビタミンA

人参

ビタミンAは健康で強い骨を維持するのに必要な栄養素です。ビタミンAが豊富に含まれている食べものはニンジン、ほうれん草を始め、黄色やオレンジ色をしたフルーツや野菜です。

その他のお勧め

  • 塩分の摂りすぎに気をつけましょう。塩分を摂りすぎると、尿からカルシウムが失われます。
  • バランスのとれた食生活を維持することが大切です。つまり様々なグループの食べものをバランス良く食べ、カロリーを記録しましょう。そうすることで、体重の増加を防ぐことができます。体重の増加は骨の健康にも関係してきます。
  • リンやタンパク質が豊富な食べものを食べ過ぎないようにしましょう。これらは骨の形成や健康に必要な栄養素なのですが、摂りすぎると骨にはよくありません。

今日の記事を参考に、皆さんも骨粗鬆症を予防しましょう!