抗酸化ジュース

1月 22, 2016
抗酸化成分によって、免疫力の低下や多くの様々な病気を引き起こすフリーラジカルという物質の影響を和らげることができます。フリーラジカルとは、他の物質を酸化する力が強い分子です。代表的なフリーラジカルは活性酸素です。

抗酸化成分は、我々の体に強力な影響を持っていることはよく知られています。それは、抗酸化成分により、我々の体の中の健康な細胞が、フリーラジカルの悪影響によって害されるのを防いでくれているからです。フリーラジカルとは、我々の体内や環境汚染物質、タバコの煙、放射線の中に食物が分解されたのちに、作られる分子のことを指します。

これらの分子は、長時間をかけて、体内に蓄積し、心臓病やガン、呼吸器系の疾患等の深刻な病気を引き起こす可能性があります。

抗酸化剤はどのような効果があるのか?

抗酸化剤は、フリーラジカルが体内で健康な細胞にダメージを与えることを防ぐ力があります。 抗酸化剤に含まれる成分がフリーラジカルの影響を弱め、その体内での働きを抑制するのです。これこそまさに、多くの深刻な疾病、人々を悩ませる一般的な健康問題を防ぐために抗酸化剤が、重要視されている所以なのです。

抗酸化剤の恩恵

免疫

多くの科学的研究によって、抗酸化剤が次に掲げる疾病の危険を防止、減少させることがわかっています。

本来、我々の体には、一日中フリーラジカルと戦い続ける能力が備わっています。ただ、問題となるのは、毎日の生活習慣や環境汚染、偏った食事、その他フリーラジカルの過度の摂取をもたらす要因です。これらは、体のそのような能力を酷使させ、時間が経つにつれ、機能しなくさせてしまいます。

抗酸化ジュースの作り方

抗酸化ジュースは、多くの抗酸化成分を含む果物、野菜そしてスパイスを混ぜ合わせて作ります。 もちろん、これらの材料をそのまま食べることもできますが、おすすめは、ジュースにして混ぜ合わせ、強力な抗酸化成分をもったジュースにして飲むことです。

にんじん2

材料

  • 大さじ一杯のウコン粉末:この強力なスパイスは、300を超える種類の抗酸化成分を含んでいることが特徴です。それに加え、痛み止め、抗炎症作用もあります。これによって、いたみをやわらげ、関節症の症状に対処し、健康状態を改善し、消化器機能を助け。ガンを防止し、免疫系を強化することができます。
  • 5センチ程度の生姜の根:この強力な根は、早老症やガン、糖尿病、循環器系疾患、心臓や筋肉の疾患などを防ぎます。また、痛みや、けいれん、関節症等の問題を和らげるのにおすすめな、抗炎症作用も持っています。
  • 人参5つ:これは、βカロチン(プロビタミンA)、ビタミンE(トコフェロール)、ビタミンCなどの抗酸化成分を多く含んでいるのが特徴です。特に早老症や免疫系の強化、心臓病やガンの予防にさえ効果的です。
  • レモン2つ及びオレンジ1つ:柑橘系果物は、ビタミンCβカロチン、Bコンプレックスビタミンなどを代表とした異なる種類の抗酸化成分を多く含むことが特徴です。これらは、循環器系や心臓、炎症や痛み、呼吸器系の感染症に対し、威力を発揮します。ガンや糖尿病、高血圧症、早老症の防止にも効果的です。
  • きゅうり1本: きゅうりは、多くの水分を含んでおり、そのすぐれた体内の浄化作用を持つことで有名です。加えて、抗酸化成分、例えば、ビタミンA,B,C,E、スタノールなどの抗酸化成分を多く含んでいると考えられています。きゅうりは、フリーラジカルの、体内や皮膚に対する影響をやわらげ、消化を助け、抗炎症作用を持つと言われています。さらに、ダイエット効果もあると言われています。

準備

柑橘果物やしょうが、人参の皮を剥きます。そして、ミキサーに上で述べたすべての材料を入れて、数分間砕きます。

その後、よく混ざったことを確認したら、取り出してください。きゅうりに含まれる水分では、スムージーとしては足りないと思いますので、最後に水を少し加えてください。抗酸化ジュースの強力な効果を存分に発揮させるため、朝食の30分前頃に飲むことをお勧めします

あなたへおすすめ