骨の痛み:原因、症状、治療

5月 12, 2019
オメガ3脂肪酸を摂取すると、骨や関節の痛みを和らげることが出来ます。

骨や関節の痛みの原因はいくつかあります。日常生活に大きく影響してくるので、予防や治療の方法を知っておくことが大切です。

骨の痛みの原因は関節炎、骨粗しょう症、不健康な食事による栄養不足、身体的活動、怪我など様々です。ライフスタイルを完全に変えなくても、適切な治療をすれば改善させることは出来ます。

骨の痛みは年齢に関係なく大勢の人が悩んでいます。男性より女性の方が患者数は多く、痛みの度合いにもよりますが、日常生活に支障が出ることもあります。骨の痛みは重度になる場合もあり、また慢性化することもあります。痛みの種類がどういったものなのか、その症状をよく観察し、特定しましょう。

・激しい骨の痛み:このタイプの痛みはある時突然現れます。急に動いたりひねったりすることが原因となる場合もあります。また運動後または背中や筋肉の怪我によって起こります。

・慢性的な骨の痛み:急性のものと違って、慢性的なものは痛みが持続します。これにはいくつかの原因があります。

こちらもご覧ください 関節症を予防する6つのヒント

 

骨の痛み

 

骨の痛みの原因

骨の痛みの原因は、変形性関節症、ねんざ、骨折などがあります。

関節の痛みを悪化させてしまうリスクファクターは以下のものです。

・上記のことや手術が原因である、関節の損傷。

・遺伝的要素

・解剖学的構造

肥満(関節に過度の負担がかかっている)

 

症状

骨の痛みは指、足、手首、膝など様々な部分に現れます。こわばったり、ズキズキとした痛みがあります。関節の痛み、関節炎、変形性関節症などは、炎症などが原因である可能性があります。

変形性関節症になると軟骨組織が弱くなりますが、一方でその回復にも限度が見られます。そのため徐々に軟骨が失われていってしまうのです。その結果、クッションのない骨同士がぶつかり合い痛みが発生します。

こちらもご覧ください  関節炎の緩和に最適な食事法 

 

関節の痛みを緩和する自然療法

オレンジ

 

オレンジ

ビタミンCたっぷりのオレンジは、炎症を予防するのに役立ちます。また抗酸化成分であるベータカロチンも含んでおり、慢性関節リウマチのリスクを低めます。

利用法

・毎日1個か2個のオレンジを食べます。

・ナチュラルジュースを朝食前に飲みます。

 

ホーステイル

ホーステイルにはアルミニウム、酸化鉄、カリウム、マグネシウムなどミネラルが豊富に含まれています。これらは結合組織をサポートします。

利尿作用があるため特定の関節の状態の痛みを緩和するのに役立ちます。この植物は有機化合物を含んでおり、骨を再石灰化したり自然に腫れを引かせてくれます。

材料

ホーステイルリーフ  15g

・水  250ml

手順

・水にホーステイルを入れて火にかけ沸騰させます。

・火からおろし、5分から7分置きます。

・カップに注いで飲みます。1日2回飲みましょう。

 

魚を食べる

オメガ3脂肪酸を摂取すると、骨や関節の痛みを和らげることが出来ます。そのためには、もっと次のような魚を食べましょう。

・鮭

・鱒

・マグロ

 

ローズマリー入りアルコール

ローズマリー入りのアルコールには抗炎症作用があり、関節の痛みを和らげます。関節炎や変形関節症に苦しんでいる人には特におススメです。

材料

・ローズマリー  15g

・アルコール  250ml

手順

アルコールにローズマリーを入れて48時間起きます。

使い方

・痛みがある部分に、ローズマリー入りアルコールでマッサージをします。

・1日数回行っても大丈夫です。

ご紹介したものに加え、果物や野菜たっぷりのバランスのとれた食事、長めのお散歩、アルコール摂取を控える、喫煙をしないなど、ヘルシーな生活を心がけましょう。