関節炎の解消に最適な食事法

8月 16, 2018
医師の指導や推奨事項に従いながら、食生活を改善することで関節炎の症状を改善できます。

関節炎とは、関節の炎症及び変性を伴う問題で、日常生活を行う上で苦痛を伴い行動が制限されます。

関節炎にお悩みの場合は、本記事を参考にして食事の改善を行ってみてください。

完全に食生活を改善するのが難しいと考える人もいるかもしれませんが、不快で辛い関節炎の症状を緩和するためには、試す価値があるのではないでしょうか。

ただし、この食事法は医師の指導による治療の、補完的なものとして活用してください。

関節炎の患者が食生活に加えるべき食品

関節炎の症状を解消するためには、毎日の食生活に注意を払うことが大切です。

積極的に食べるべき食品をご紹介します:

関節炎患者が取り入れるべき食品の一つ目は鮭です。

抗炎症効果のあるオメガ3脂肪酸を豊富に含む鮭の効能を最大に生かすためには、週2回食べることをお勧めします。

ただし鮭の値段が高騰していて予算がない場合や鮭の味に飽きた時は、マグロやイワシに置き換えることも可能です。

大豆

豆腐

ベジタリアンの食生活に欠かせない大豆ですが、魚が苦手な方は、大豆や大豆製品がお勧めです。

マメ科の植物にもオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているため、様々な方法で取り入れることができます:

  • 豆腐
  • 発芽大豆
  • 豆乳

大豆は脂肪分が少なく、食物繊維とタンパク質を豊富に含んでいる理想的な「完全な」食品で、炎症を抑制しながら健康全般を改善します。

こちらもご覧ください:減量効果抜群!ビーガンダイエット

万能な食材である大豆は、様々な食材と組み合わせて毎日食べることができます。日本人にはおなじみですが、ベジタリアンメニューやビーガンメニューも参考に大豆を活用してください。

質の良い植物性油

心臓の健康を維持して炎症を解消する効果のある健康的な脂肪が含まれるエクストラバージンオリーブオイルですが、他の植物性油にもオリーブオイルのような性質を持つ油があります。

ナッツ由来の油や種子由来の油などがお勧めですが、今回はその中でもアボカドオイルとひまわり油をお勧めします。

オリーブオイルよりも多くのオメガ3脂肪酸を含むため、料理に新しい風味と栄養を加えます。

関節炎を発症している人が避けるべき食品

関節炎の原因となる炎症を軽減するために避けるべき食品をご紹介します:

揚げ物および加工食品

加工品

揚げ物や加工品の摂取量を減らすことは、関節炎を発症している人には不可欠です。これは揚げ物や加工品が、体内の炎症を引き起こすからです。

「蒸す」「焼く」「茹でる」「オーブンで焼く」などの調理法を使ってください。

加工品や揚げ物をよく食べている人は最初は難しいかもしれませんが、関節炎の症状を緩和するためには必要な改善です。

一人では難しい時は、栄養士や医師に相談してください。最初は専門家のサポートを得ながら徐々に自分でも食生活を改善できるようになります。

砂糖と甘味料

関節炎を発症している人が避けるべき食品の一つが砂糖と甘味料です。

ただし市販されている食品の多くには砂糖や甘味料が添加されています。

オーガニックハチミツ、メープルシロップ、アガベシロップ、ステビアなどの自然食品を購入し、自炊するのが理想的です。

こちらの記事もご覧ください:自宅でステビアをを育てる方法

もう一つのオプションは香辛料です。ミントやバジルなどのミント、バニラエッセンスなどの天然の香料、スターアニス、カルダモンなどのスパイスを活用して、食事に風味をつけましょう。

乳製品

乳製品

関節炎を発症している人は、できる限り乳製品の摂取を避ける必要があります。乳製品は関節の周りの炎症を引き起こす要因の一つです。

ただし、乳製品による炎症への影響は個人差があります。

また乳製品の摂取を避ける場合は、他の食品から十分なタンパク質を摂取するように心がけてください。

あなたへおすすめ