関節症を予防する6つのヒント

2月 12, 2019
関節症は健康に深刻な影響をもたらす可能性があります。発病を予防、もしくは少なくとも遅らせるよう努力しましょう。

関節症を予防したいですか?

関節症は、性別に関係なく年を取ると起こりやすくなる骨格系の病気です。これは軟骨組織とそれに隣接する骨の劣化によって引き起こされます。

軟骨組織の劣化は50から55歳の間に発生しやすく、その頃に目立った影響が見られ始めます。

・軟骨はコラーゲンで構成されており、その基本的な機能は骨同士が擦れないようにすることです。

・この組織が消滅もしくは劣化すると、摩擦によって痛みが発生します。これは関節の炎症や変形の主な原因となります。

この病気が慢性的なものになると、動くことそのものが苦痛になります。ですので、適切な時期に適切な治療を受けましょう。関節の痛みや軋みには、治療も大事ですが、それにも増して予防が大切です。

 

関節症だとどうやったら分かる?

若ければ若いほど発見が難しくなります。関節症の症状は注意すべき特定の場所の関節の痛みから始まります。

・手と指

・腰回り

・お尻

・膝

・指示

 

予防のヒント

1.カルシウムの摂取

骨の健康にカルシウム摂取は欠かせません。毎日の食生活で気を付けて取り入れるようにしましょう。関節症の予防に役立つだけでなく。骨粗しょう症など他の変性疾患の発症も予防することが出来ます。

女性に特に多い病気です。サプリメントで取り入れるのも良いでしょう。

こちらもご覧ください 骨粗しょう症を防ぐ7つの習慣

 

2.野菜たっぷりの食事

野菜と果物はたっぷり食べましょう。これらは多くのビタミン、ミネラルを含んでおり、骨だけでなく体全体の健康にとても良いものです。

以下のものはビタミンCを多く含んでいます。

・柑橘系の果物

・いちご

・セロリ

・にんじん

・キャベツ

・ブロッコリー

野菜

 

3.体重を落とす

肥満は健康に害を及ぼすもので、体に様々な問題をきたします。

体重が重すぎると体を支える膝に負担をかけ、関節の軟骨が損傷します。

 

4.エクササイズ

毎日のエクササイズが正しく行われていれば、こういった病気を予防することが出来ます。ジムなどでエクササイズするときは、姿勢に気を付けましょう。姿勢が悪いと骨や軟骨にダメージを与えます。

また、ジョギングをするときは、足への負担を考慮して距離を決定しましょう。以下がおススメのエクササイズです。

・ピラティス

ヨガ

・ストレッチ

・水泳

サイクリング

 

5.良い姿勢

仕事などで座っている時間が長い人は、姿勢に注意を払いましょう。もし自分の姿勢があまり良くないと感じる方は、人間工学に基づいた椅子を使用し、正しい姿勢を保つようにしましょう。

50分か1時間ごとに休憩を取って、ストレッチなどの軽いエクササイズをすると良いです。仕事やスポーツ、エクササイズなどで悪い姿勢を取ることが多いと、関節症にかかりやすくなります。

こちらもご覧ください 姿勢を良くするための6つのテクニック

 

6.診察を受ける

痛みがあることに気づいたら、専門医に診てもらいましょう。病気を発見し、またそれがどの程度進行しているかを知ることが出来ます。症状を改善する治療法も提案してくれるでしょう。病気のフォローアップのために、再診することをお勧めします。

適切な治療をしていない骨折や外傷を経験したことがある人は、回復不良により軟骨に直接影響を及ぼす関節症になることがあります。

 

7.軟骨組織と栄養分

体の健康をサポートする様々なサプリメントがあります。この病気の場合は、グルコサミン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸がおススメです。軟骨組織に栄養分を与え、骨の健康を保ちましょう。

関節症予防のヒントをいくつかご紹介しましたがいかがだったでしょうか? 健康は、良い栄養分、良い生活習慣を含むヘルシーな生活から成り立っています。それでも症状が現れた場合は、信頼できる医者の診察を受けて、適切な治療を受けましょう。

  • Alonso, A.; Álvaro-Gracia, J. M.; Andreu, J. L. et al. (2000). Manual S.E.R. de las enfermedades reumáticas. Madrid: Sociedad Española de Reumatología.
  • McAlindon, T. E., et al. (2000). “Glucosamine and chondroitin for treatment of osteoarthritis: a systematic quality assessment and meta-analysis”, JAMA, 283 (11): 1469-1475.
  • Zhang, W., and Moskowitz, R. W. (2007). “OARSI recommendations for the management of hip and knee osteoarthritis, Part I: Critical appraisal of existing treatment guidelines and systematic review of current research evidence activity”, Osteoarthritis and Cartilage, 15: 981-999.