皮膚炎とコルチコステロイドの関係

皮膚炎とコルチコステロイドの間には関係があります。これらは、適切に使用する限り、皮膚の発疹に対して安全で効果的な薬だからです。
皮膚炎とコルチコステロイドの関係

最後の更新: 28 3月, 2021

皮膚炎とコルチコステロイドは密接に関連しています。後者は通常前者の治療法だからです。コルチコステロイドは、適切に使用すれば、皮膚炎の発生の間隔を長くし、最小限に抑えるための味方になってくれます。

この薬は、引き起こす副作用のために悪評がありますが、医療監督下で適切に使用するなら一見するよりずっと安全です。専門家の指示に従って使用する場合には必要な安全対策がとられます。

皮膚炎とは何ですか?

おむつかぶれ 皮膚炎とコルチコステロイド
おむつかぶれは、子供の皮膚炎の一般的な形態であり、コルチコステロイドで治療することができます。

皮膚炎は、炎症、かゆみを伴う慢性的皮膚疾患です。コルチコステロイドは皮膚炎が発生したときに選択される治療法の一つです。治療に際し適切に使用される限り、安全で効果的な薬の選択肢だと言えます。

皮膚炎の発生を防ぐあるいは頻度を減らすことは、患者の生活の質にとって非常に重要です。コルチコステロイドは、そして炎症の発生回数が減ればコルチコステロイドの使用頻度は低くなります。

なぜコルチコステロイドを使用するのですか?

コルチコステロイドには天然または合成があります。天然のコルチコステロイドは、体がコレステロールから合成し、炎症と免疫の両方のプロセスに介入し、ストレスを制御するステロイドホルモンです。

一方ヒドロコルチゾンなどの合成コルチコステロイドは、天然のものの構造を変更することによって合成されます。通常薬剤の形で販売され、皮膚炎に使用されるものは患部に直接適用されます。

コルチコステロイドはどのように機能しますか?

カラフルな文字で綴られた「コルチコステロイド」

これらの薬には、抗炎症作用、血管収縮作用、免疫調節作用、抗増殖作用があります。皮膚炎によって引き起こされる炎症、かゆみ、および引っかき傷を減らします。適切に取り扱われると、皮膚炎の発生を抑えるのに役立ちます。しかし、完治はしません。

効力に応じて、コルチコステロイドは以下の分類に分類されます:

  • 最も強力:クロベタゾールが含まれているものが最も効果的です。
  • 高い効力:メチルプレドニゾロンなどの高い効力のものは、アトピー性皮膚を治療するために最も処方されている有効成分の1つであり、ベクロメタゾンとベタメタゾン(湿疹や皮膚炎に対して使用される)が含まれます。
  • 低い効力:ヒドロコルチゾンなどは低濃度で医薬部外品にあたるものとして販売されることがあります。

皮膚炎とコルチコステロイド:副作用

皮膚炎の治療に使用されるコルチコステロイドの副作用は、主に以下の要因に依存します。

 

  1. :副作用は薬の効能によって異なり、効能が高いほど副作用を引き起こす可能性が高くなります。
  2. 皮膚:コルチコステロイドを肘や足の裏に塗布することは、皮膚が薄いほど吸収しやすいため、顔、ひだ、性器に塗布することと同じではありません。
  3. 年齢:子供、高齢者、青年の皮膚は副作用の影響を受けやすいです。
  4. 形状:クリームや軟膏と液体では、皮膚には同じように吸収されません。脂質であるほど吸収されやすく、その効果の持続時間が長くなります。
  5. 治療期間:同様に、治療が長ければ長いほど、副作用のリスクが高くなります(これが、より長い治療のために効力の低いコルチコステロイドよりも効力の高いコルチコステロイドを数日間使用する方が良い場合がある理由です)。
  6. 治療範囲:患部の面積が大きいほど、副作用の可能性が高くなります。

こちらもお読みください:アトピー性皮膚炎と脂漏性皮膚炎の違い

コルチコステロイドの副作用を知っていますか?

この物質は、ストレッチマーククモ状静脈、皮膚萎縮などの不可逆的な副作用を引き起こします。ただし、顔面の紅斑、皮膚の色素沈着の変化、にきび、酒皶など、可逆的な他の副作用も発生します。

コルチコステロイドは光増感剤であるため、治療を受ける際には太陽光から保護する必要があります。また、全身レベルで副作用を引き起こす可能性があります。ただし、これらはまれであり、皮膚からのコルチコステロイドの吸収が原因です。

これらの副作用には次のものがあります。

  • 成長の遅れ
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • ミネラルコルチコイド効果

皮膚炎とコルチコステロイドの関連についての結論

皮膚炎にお悩みの場合は、コルチコステロイドの使用を避けるために、医師の指示に従い、発生の間に特定のエモリエントクリームを使用するようにすると良いでしょう。これは、病気を制御し、薬の過度の使用を回避するための最良の方法です。

コルチコステロイドは医学的監督下で使用すれば副作用を回避することができるでしょうが、それには医師が処方した治療の投与量と期間に従わなければなりません。

それはあなたに興味があるかもしれません...
コルチコステロイド外用薬の塗り方
みんな健康Read it in みんな健康
コルチコステロイド外用薬の塗り方

皮膚の状態によっては、外用コルチコステロイドを使用する場合は注意が必要です。一般的に見られる状況が2つあり、1つは、この薬を使用することへの恐れと、もう1つは、この薬を乱用することによって発生しうる反応です。副腎皮質ホルモン剤を使用することへの恐怖は、局所的に塗布しても。



  • Lebrun-Vignes, B., & Chosidow, O. (2007). Corticoterapia local cutánea. EMC – Pediatría. https://doi.org/10.1016/s1245-1789(07)70253-6

  • Mateos, M. (2011). Guía de tratamiento de la Dermatitis Atópica en el niño. Documento de consenso grupo de expertos.

  • Berbegal, L., DeLeon, F. J., & Silvestre, J. F. (2015). Estudio de sensibilización a corticoides en una consulta de alergia cutánea. Actas Dermo-Sifiliográficas. https://doi.org/10.1016/j.ad.2015.07.007