日に当たることの悪影響とは

日焼け、シミ、そして恐ろしい皮膚がん…日光が肌に及ぼす悪影響には明らかなものがあります。日に当たることにはさまざまなリスクが伴うのです。日焼け止めを塗って、健康的な習慣を身に付けましょう。
日に当たることの悪影響とは

最後の更新: 04 3月, 2020

過剰に日に当たることは、肌に有害な影響を与える可能性があることをご存知ですか?

太陽は地球上のすべての生命に不可欠であり、多くの利益をもたらすことは事実です。たとえば、植物は日光を吸収して光合成をし、人間のビタミンDの供給源でもあります。ただし、日光を楽しむには露出を抑えることが必要です。

確かに、日に適度に当たるのは健康的ですが、程度が過ぎれば肌、目、そして全体的な健康に害を及ぼす可能性があります。日光が肌に及ぼす主な副作用は、シワやシミから火傷や老化まで様々です。中には光アレルギーがある人もいて、皮膚がんになることさえあります。

日光が肌に与える有害な影響4つについて、今回は読んでみましょう。

日光が皮膚に及ぼす悪影響

日焼け

日焼け 日に当たることの悪影響とは

誰もが、人生のある時点で日焼けの不快な症状を経験していることでしょう。晴れた日のビーチや山で、十分に肌を保護しなかったことで経験するあの不快感。寝るときも悩まされた痛みはなかなか忘れられないですよね!

日焼け後、皮膚は赤くなり、水ぶくれができたり、炎症を起こすことさえあります。それだけでなく、肌が火照って、服が肌に当たるだけで痛みを感じます。場合によっては、発熱と脱水、さらに極端な場合にはⅡ度の火傷さえあるかもしれません。

紫外線が、これらの症状の原因です。日光に対する皮膚の保護反応として表皮が厚くなろうとするためです。一般に、症状は日光に当たってから数時間後に現れ、その強度は複数の要因、主に紫外線を吸収する能力に応じて異なります。

老化が早まる

低度の曝露であっても、日射の悪影響は溜まっていくものです。皮膚の老化は、時間が経つにつれて最も目に見える影響の1つ。実際に、皮膚老化の原因の90%は日光への露出です。この悪影響は、シミ、シワ、そして皮膚のたるみとして現れます。これは、過度の日光暴露によりコラーゲンとエラスチンが枯渇するためです。

紫外線が、日光にさらされることで肌が早く老化する主な理由です。これは、紫外線が肌に浸透して真皮に到達し、メラニンの形で急速かつ一過性の色素沈着を引き起こし、肌のトーンを暗くするためです。

日光に当たることの悪影響を避けるために、一年中日焼け止めを塗る必要があります。太陽光が肌にダメージを与えるのは夏の間だけではなく、日光にさらされるとき全てです。

太陽アレルギー

太陽アレルギー 日に当たることの悪影響とは

太陽アレルギーだなんて、至る所にある自然な要素なのに?と奇妙に思えるかもしれません。しかし、太陽アレルギーの人は実はたくさんいます。事実、世界人口の20%がこのアレルギーを持つと言われています。このタイプのアレルギーは、特定の食べ物、プールの塩素、ローション、薬、さらには衣服によって引き起こされるものなど、他の種類のアレルギーに関連しています。したがって、アレルギー反応が日光にさらされることで活性化する場合があるのです。

日光が与える最大の悪影響である皮膚がん

日光にさらされると、紫外線による細胞の損傷が原因で皮膚がんが発生する可能性があります。皮膚がんの発生には、いくつかの要因が関係しています。たとえば、繰り返し日光に当たることと日焼け、“スキンタイプ”、遺伝的要因、年齢などが原因であることがあります。

がんの影響を最も受けやすい皮膚のエリアは、顔、手、首など、日に最もよくさらされている場所です。日焼けは皮膚がんのリスクを大幅に高め、肌のタイプ(スキンタイプ)も決定的な要因です。肌と目の色が薄い人はリスクが高くなります。

悪性黒色腫の家族歴も決定的な要因であり、年齢も同様です。したがって、40歳以上の人は皮膚がんを発症するリスクが高くなります。悪性黒色腫と癌腫は皮膚癌の主な種類です。

  • 黒色腫は、かなり攻撃的で悪性度の高いタイプの皮膚がんです。
  • 最も一般的ながんは、通常ゆっくりと進行しますが、治療は比較的簡単です。

まとめると、日光の悪影響から身を守ることがいかに重要かを実感していただければ幸いです。何に関してもそうですが、予防は治療よりも役に立つのです!

それはあなたに興味があるかもしれません...
日焼けによるシミを防ぐ8つのアドバイス
みんな健康Read it in みんな健康
日焼けによるシミを防ぐ8つのアドバイス

シミの発生を避けるためには、日常の生活にいくつかの基本的なケアを取り入れることが大切です。一般的にはシミは無害で健康上のリスクはないと考えられますが、多くの人が美容的な観点から、シミの発生を防ぎたいと考えています。シミの発生を最小限に抑えるためには、まず肌が紫外線にさらされるのをできる限り減らすことが大切です。