日焼け後のケア:ローションと保湿剤のどちらがいいの?

6月 23, 2019
日焼け後のケアには、アフターサンローションと保湿剤のどちらがいいのでしょうか? 実は、日焼けの度合いや肌のダメージ、そしてどの程度の時間日光にさらされたかなどによって、どちらを選ぶかが決まります。

夏には楽しいことがたくさんありますが、太陽の光を浴び続けると、肌にダメージを与える原因になります。

そして、太陽だけでなく、海岸の砂、海水、またプールの塩素など、海岸やプールでは太陽の光以外にも肌にダメージを与えるものがたくさんあります。

日焼けをした後のケアはとても大切ですが、保湿剤を使うべきか、またはローションを使うべきか悩むことがあります。

楽しい夏の1日が終わったら、どのように日焼け後のケアを行うのが肌に最も良い方法なのか、本記事でご紹介します。

日焼け後専用のローションと保湿剤:類似点と相違点

ローションと保湿剤は、どちらも肌に水分を補給し、日焼けによる不快感を緩和しながら、日焼けによる早期老化を予防する効果があります。

こちらもご参考に:自然に肌を引き締める6つの方法

日焼け後用のアフターサンローション

ローションには、保湿物質に加えて、アロエベラやカレンデュラなどの肌の状態を落ち着かせる有効成分が含まれています。

ミントや抗酸化物質、そしてビタミンを成分に含むものもあります。

詳しくご紹介します。

ミント

ミントは、肌が自然に回復するのを助けながら、刺激を和らげます。

日焼けによって熱を持っている場合は、熱を下げながら皮膚組織の炎症を抑えるとても爽やかな方法です。

手の保湿

アロエ

スキンケア製品に使用される最も人気のある植物の一つです。

アロエは、真皮にビタミンなどの栄養を与えながら、細胞組織を保湿・修復します。

アロエを局所的に使うと自然な鎮痛剤としての効果もあるため、日焼けによってダメージを受けた表皮組織の症状を鎮静する効果が期待できます。

アルファビサボロール

カモミール由来の化合物で抗炎症特性があるため、日焼けの症状が火傷のようにひどい場合などにも自然療法として作用すると言われています。

D-パンテノール

ビタミンB 5(パントテン酸)の誘導体で、新しい組織の形成を促進するため、日焼けによってダメージを受けた皮膚を再生する働きがあると考えられています。

キンセンカエキス

日焼けによるダメージを和らげながら癒す効果があるこの成分は、紫外線によるダメージからの回復を助けます。

他の一般的な成分

死んだ皮膚細胞の回復と再生を促進するローションによく見られる有効成分は次のとおりです。

  • メントール
  • 樟脳(カンファー)
  • セージ
  • アラントイン
  • エノキソロン
  • チロシン

保湿剤

保湿剤にはさまざまな成分が含まれていますが、肌を中和させるための成分が多く含まれていますし、香りや種類も幅広いものが使われています。

また必要に応じて頻繁に使用することができます。

一般的な成分をご紹介します。

  • アロエ
  • アーモンド
  • D-パンテノール
  • エッセンシャルオイル
  • シアバター
  • ココナツミルク

こちらもご覧ください:日焼け止めって保湿クリームとして使えるの?

どちらを選ぶべきか?

日焼けをした女性

保湿剤の中には、アフターサンローションで使用されているものと同じ有効成分を含んでいるものがあります。

どちらも肌に水分と栄養を補給する大切な日焼け後のケアです。

製品を冷蔵庫に数分入れると、日焼けしだ肌に気持ちの良い冷たいケアを行うことができます。

長時間太陽の光を浴びて、日焼けというよりも肌が火傷をしているような状態の場合は、日焼け後専用のアフターサンローションの使用をお勧めします。

これは炎症を軽減しながら、燃えているような感覚や熱を緩和する成分が含まれているからです。

保湿剤にこれらの成分は含まれていません。

火傷をしていない場合でも、肌の保湿だけでなく、体の中から水分補給を行うことが大切なので、日焼け後のケアには普段よりも多くの水分補給を心がけましょう。

汗と日焼け止めが混じると、肌にダメージを与えることがあるため、外で1日を過ごした場合は、必ずしっかりと体を洗ってください。

また、私たちの肌はとても敏感なので、清潔に保つ必要はありますが、日焼け後すぐには角質除去を行わないように気をつけてください。