自然に肌を引き締める6つの方法

6月 17, 2019
肌のたるみが気になっていませんか? 本記事でご紹介する方法を、毎日実践して肌の引き締めを目指しましょう!

肌のハリがなくなると、自分に自信がなくなり自尊心までも低下することがあります。

肌のたるみの原因は、減量などの体重の減少、妊娠による体重の増減、栄養不足、または加齢などですが、紫外線や不健康な生活習慣もその一員となります。

一度たるんでしまうと元に戻すのは簡単なことではありませんが、自然で健康的な方法を使って肌を引き締めるのに役立つ方法があります。

肌を自然に引き締める方法

美容整形などを用いて肌のたるみを緩和する方法は数多くありますが、美容整形を避けて、自然な方法を実践したい人にお勧めの方法も存在します。

興味がある方は、このまま続けてご覧ください。

1. 天然の引き締めクリーム

フェイスクリームを塗る女性

肌の引き締めに効果があると言われる市販品は数多くありますが、同様の効果が期待できる自然療法があります。

一晩で効果が出る魔法の様な方法ではありませんが、継続して使用することで肌の状態を改善する効果が期待できます。

シアバター、オレンジオイル、そしてビタミンEカプセルなど、手頃な材料を組み合わせて、天然の引き締めクリームを手作りしましょう。

肌に潤いと栄養を与える効果があります。

こちらもお試しください:肌を蘇らせる4種のナイトクリーム

2. サプリメント

サプリメントは、一晩で肌を引き締める方法ではありませんが、継続して服用することで、肌への良い効果が期待できます。

例えば2015年の研究では、コラーゲンサプリメントが肌の老化による悪影響を最小限に抑えると発表されています。

また、コラーゲン合成をサポートする役割を果たすビタミンCサプリメントも、バランスよく摂取しましょう。

3. エクササイズ

腕立てをする女性

肌を自然に引き締めるための最良の方法の1つは、定期的な運動をすることです。

運動は脂肪が体内に蓄積されるのを予防しながら、筋肉を鍛えて体を引き締めるため、肌がハリを取り戻すのに役立ちます。

有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせると、脂肪を燃焼しながら筋肉を引き締める高い効果が期待できるでしょう。

1日20分から始めることができるため、時間がないという言い訳は通用しませんよ!

4. 肌のマッサージ

正しい方法で行うマッサージは、血液の流れを促進しながら再活性化するため、体内組織を最適な状態に保つのに役立ちます。

ある研究によると、正しい方法で行うマッサージは、併用するアンチエイジングクリームの効果が高まる可能性があることが、明らかになりました。

血液の流れを再活性化し、体内組織を最適な状態に保つ効果が期待できるマッサージを継続することで、肌の引き締めに役立ちます。

エッセンシャルオイル、化粧水やトナー、保湿ローションなどを活用して肌をマッサージすることもできます。

大切なのは、マッサージを1回したからといってその効果が一晩で現れるわけではないと理解することです。

肌の状態を改善するためには、継続してマッサージを行う必要があると覚えて起きましょう。

こちらもお試しください:エッグフェイスマスクで/クリーンなハリのあるお肌に

5.  十分な水分補給

水分補給をする女性

十分な水分を補給することで、シワの予防や肌の状態を保つのに役立ちます。

もちろん水を飲むだけで、これまでの肌のたるみを全て解消することはできませんが、今後のシワの予防や肌の引き締め効果が期待できます。

1日に必要な水分量は、年齢、体重、そして生活習慣によって異なりますが、一般的には、1日に2リットル(グラス6〜8杯)程度を専門家は推奨しています。

水分補給の効果を高めるためには、レモン果汁を加えて空腹時に摂取することをお勧めします。

6. 適切な栄養補給

「私たちが食べるものが私たちを作り上げる」という言葉を聞いたことはありますか?

肌を引き締めるために様々な美容製品を使う人も多くいますが、実は肌の状態を良好に保つためには、外側からだけでは内側から、つまり食生活が重要な役割を果たします。

老化を予防しながら肌を引き締めるためには、ビタミン、ミネラル、タンパク質、抗酸化物質など体が必要としている栄養素をバランスよく補給することで、酸化ストレスによる悪影響を抑えることができます。

次のような食品をバランスよく摂取する食事を心がけてください。

  • 新鮮な果物と野菜
  • 魚と赤身の肉
  • ナッツと種
  • 水とお茶
  • 全粒穀物および豆類

肌のたるみに悩んでいませんか?

早期の加齢によりシワが出てきたと困っていませんか?

今回ご紹介した、肌を引き締めるのに役立つ方法を継続して日常生活に取り入れることで、その違いを実感できるでしょう。

  • Keen, M., & Hassan, I. (2016). Vitamin E in dermatology. Indian Dermatology Online Journal. https://doi.org/10.4103/2229-5178.185494
  • Telang, P. (2013). Vitamin C in dermatology. Indian Dermatology Online Journal. https://doi.org/10.4103/2229-5178.110593
  • Traber, M. G., & Stevens, J. F. (2011). Vitamins C and E: Beneficial effects from a mechanistic perspective. Free Radical Biology and Medicine. https://doi.org/10.1016/j.freeradbiomed.2011.05.017
  • Fuchs, R. (2015). Physical Activity and Health. In International Encyclopedia of the Social & Behavioral Sciences: Second Edition. https://doi.org/10.1016/B978-0-08-097086-8.14115-7
  • Asserin, J., Lati, E., Shioya, T., & Prawitt, J. (2015). The effect of oral collagen peptide supplementation on skin moisture and the dermal collagen network: Eevidence from an ex vivo model and randomized, placebo-controlled clinical trials. Journal of Cosmetic Dermatology. https://doi.org/10.1111/jocd.12174
  • Caberlotto, E., Ruiz, L., Miller, Z., Poletti, M., & Tadlock, L. (2017). Effects of a skin-massaging device on the exvivo expression of human dermis proteins and in-vivo facial wrinkles. PLoS ONE. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0172624
  • Murzaku, E. C., Bronsnick, T., & Rao, B. K. (2014). Diet in dermatology. Journal of the American Academy of Dermatology. https://doi.org/10.1016/j.jaad.2014.06.016