毎日歩くことの6つの効果

5月 5, 2019
毎日歩くことで健康を改善しながら、心身の健康を脅かす病気を予防する効果が期待できます。本記事では、毎日歩くことの利点をご紹介します。

イギリスのケンブリッジ大学の研究者が行った研究によると、毎日歩くことで、多くの人の早死のリスクを軽減することが明らかになりました。

また日常生活においても、多くの健康効果が期待できます。

私たちのやる気を引き起こし、毎日歩くことを習慣づけるためにも、ここからは歩くことの健康効果についてご紹介します。

やる気が向上する素晴らしい利点がたくさんありますよ!

1. 認知症の症状を軽減

歩くのは有酸素運動であり、有酸素運動は認知症の症状を軽減するのに役立つと考えられています。

週3回以上の運動に加えて、毎日歩くことで、心身の健康を維持する効果も期待できます。

2. 心臓の健康維持

心臓の健康

毎日歩くことで、心臓の健康にも良い影響を与えます。

歩くと言うのは有酸素運動であり、心臓が血液を送り出すのを助けながら容易にし、心血管系全体の健康維持に役立ちます。

また心血管系の病気による死亡のリスクを低下させる効果も期待できるでしょう。

3. ガンを発症するリスクを軽減

2018年(1)の研究によると、ウォーキングはガンの治療による疲労感を軽減するのに役立つ可能性があるため、ガン治療において重要な役割を果たす可能性があります。

この研究では、乳がんを発症している女性と大腸がんを発症している人の両方が、週に180分歩いてその効果を調べました。

研究の結果から、がんの予防や症状の軽減に効果を発揮することがわかりました。

1日25分以上歩くことを目指してください。

こちらもご覧ください:毎日のウォーキングで人生はどう変わる?

4. 精神状態の安定と気分の向上

毎日歩くことや運動する習慣がある人が参加して行われたいくつかの研究によると、毎日歩くことで気分を改善する効果が期待できることが明らかになりました。

精神的なストレスや疲労を感じたり、うつ状態になったときには、公園を散歩したりハイキングや登山に行くことをお勧めします。

5. 体内のビタミンD値を向上

ビタミンDは、骨がリンとカルシウムを吸収するのを助け、骨格系を強化します。

毎日太陽の下で歩くと、体内のビタミンDの量が増えることが実証されています。

皮膚が日光にさらされると、骨が正常に機能するために必要なビタミンDが体内で産生され始めます。

ビタミンDを含む食品は非常に少ないため、毎日の散歩が重要な役割を果たしますが、必ず日焼け止めを塗って出かけてください

ビタミンDは、特に高齢者の骨を強化するのに役立つため、毎日高齢者は散歩に出かけるように推奨されるのはこのためです。

6. 勃起不全のサポート

勃起不全に悩む男性

毎日散歩に出かける男性は、性生活の面で大いに恩恵を受けるでしょう。

いくつかの研究では、生活習慣の一部として毎日歩いている男性は勃起不全になるリスクが軽減すると発表しています。

また女性にとっても、歩くことで身体機能が向上し、満足度の高い活発な性生活を送ることをできる効果が期待できます。

ご存知ですか?:五感を刺激することで性的喜びを与える方法

毎日歩くことの利点を体験しましょう

歩くだけでは、脚を引き締める効果までは期待できないかもしれませんが、心身の健康維持には役立ちます

また歩くことには、リラックス効果、ストレス解消効果、うつ症状の緩和、そしてエネルギーを補給する効果など様々な利点があります。

さらに、肥満を予防し、理想的な体重を維持しながら、新陳代謝を正常に保つため、長寿にも繋がるかもしれません。

最後に、毎日歩くといってもそのスピードも大切です。

普段歩くスピードよりも早い、身体的な「努力」が必要となる適度に速いペースを維持しましょう。

また毎日歩く中に、買い物などは含まないようにしてください。

(1) VanderWalde, N. A. (2018). Phase 2 randomized study of a walking intervention for radiation-related fatigue among older breast cancer patients receiving radiation.https://meetinglibrary.asco.org/record/163417/abstract.