毎日のウォーキングの効果4選

· 10月 2, 2017
毎日30分以上のウォーキングを行うことで、コレステロール値を正常に保ち、心臓の健康を維持しながら減量を促進します。

ウォーキングには数え切れないほどの効果があります。

人間にとって「別の場所へ移動する最も簡単な手段の一つ」である歩行、つまりウォーキングは、体全体を使う基本的で継続的な動きで、脚だけではなく、腕への運動効果もあります。

現代では多くの専門家がウォーキングを推奨しており、特に怪我の回復期などには理想的な運動です

歩くときのリズムは、自分が設定した目標によって異なります。

例えば、自宅から職場まで歩くときは普通のペースで歩く方が多いでしょう。この速度でも健康維持には効果的ですが、トレーニングという点からは劇的な結果は現れないかもしれません。

逆にトレーニングとしてウォーキングを行うときには、動きやペースを考えて歩くため、エネルギーが必要になります。

本記事では運動としてのウォーキングの4つの効果をご紹介します。

ウォーキングの効能

健康的な生活習慣やライフスタイルに欠かせないエクササイズは、毎日のスケジュールに組み込むことが大切です。

ウォーキングは忙しい人でも手軽に始められる健康的なアクティビティーであり、数え切れないほどの効果が期待できます。

1. 病気の予防効果

年齢を重ねるとかかりやすくなる病気を予防する方法がいくつかあり、ウォーキングも効果的な予防法の一つです。

医師が病気の予防法として推奨するウォーキングは、呼吸器系の病気をはじめとする病気の予防や症状の緩和効果があります。

また毎日のウォーキングで2型糖尿病や認知症の予防効果が期待できます。

こちらもご覧ください 認知症予防のための4つの脳トレ

2. 心臓を守る

心臓

毎日のウォーキングにより、心拍数を上げ、体をめぐる血液量を増やす静脈が強化されるため、心臓の健康維持にもおすすめです。

まず最初は中強度から始めてください。心臓発作のリスクが軽減され、心臓の周りの筋肉を強化します。

次第に血液の流れが活性化され、より多くの酸素が供給されるため、善玉コレステロールの生成が増加すると同時に、悪玉コレステロールの量が減少します。

3. 減量効果

減量

ウォーキングは、一晩で体重が一気に落ちるような魔法の方法ではありませんし、実は魔法の方法はどこにも存在しません。

毎日活発にウォーキングを行うことで、ゆっくりと確実に目標に達成します。

体重のコントロールは、健康的なライフスタイルを送るセルフコントロールと同じです。そのため、毎日ウォーキングを行い継続することで理想の体重に到達することができます。

毎日30分以上ウォーキングを行うと、代謝が向上してより多くのカロリーを消費しますが、カロリーの消費量は歩くスピードによって異なります。

またウォーキングには、脂肪の燃焼だけではなく、足の筋肉を強化して筋肉の密度を増やす働きがあります。

こちらもご覧ください ダイエットにぴったりのキャベツスープ

4. エネルギーが満ち溢れる

エネルギー

現代社会では、多くの人の活力が欠如しており、過剰な無気力感に襲われることもあります。

その原因の一つが腸機能や血液の流れの低下ですが、毎日30分以上のウォーキングで、改善できます。

疲れているからとウォーキングをしない人もいますが、実はウォーキングによって活力が回復し、全身がエネルギーに満ちる効果があります。

運動することで血液の流れが促進され、体内により多くの酸素が供給されるため、脳や心臓の機能を促進しながら健康維持に効果的です。

今日から早速ウォーキングを始めてみませんか?