毎日のウォーキングで人生はどう変わる?

16 12月, 2018
1日たった30分のウォーキングによって、身体的にも心理的にも大きな変化をもたらすことができます。ウォーキングを日々の習慣にするのが理想です。
 

座りっぱなしの生活スタイルは、身体にとって非常に不健康なことです。身体を動かさないことによって多くの病気にかかる可能性が高くなってしまいます。

言いかえれば人生を健康に最大限楽しむことが難しくなるということです。

この記事が生活スタイルを変えるきっかけとなれば幸いです。ほんの少しの努力で、健康や精神状態に大きな変化を感じることができるでしょう。

身体がエネルギーをチャージできるようにするためには、今より少し活動的になることで十分です。

ただしその少しの活動の恩恵に預かるためには、根気強く継続することが重要だということを忘れてはいけません。少しの努力で健康的な習慣を身につけましょう。

ウォーキングが身体に良い理由

ハート型、ウォーキング、ウエストサイズ

健康的なエクササイズの習慣を始めるのに最も良い方法の一つは、1日30分以内のウォーキングを始めることです。

また、エクササイズの前には適切に身体を温める必要があることを頭に入れてください。これがケガの予防につながります。もちろん十分な量の水を飲むこともお忘れなく。

エクササイズを始めることを決めたら、身体が発するサインに十分注意しましょう。決めた時間まで続けることで非常に疲れを感じるようなら、無理をしてはいけません。

各自の体力に合わせて休憩時間を延ばして対処するのも良いでしょう。何事も少しずつです。

 

もっと負荷をかけられると感じる場合は、専門家のアドバイスを受けるのが良いでしょう。大切なことは、各自が年齢、体重、個人的な条件を考慮して自分ができる範囲を知ることです。

そうすれば不必要なケガをする危険なくトレーニングすることができるでしょう。

慢性疾患がある場合は、エクササイズを始める前に医師に相談することが重要です。あなたの状態にあった運動を指示してくれるでしょう。

こちらの記事もご覧ください:ネガティブな感情を撃退!ウォーキング・メディテーション

毎日のウォーキングによる主な効果

ウォーキング

  • 健康のために非常に大きな要素である血液の循環に良い影響があります。身体中の細胞が常に栄養や酸素を取り込みやすくなるでしょう。
  • 血糖値が下がるため、糖尿病にかかる可能性が低くなるでしょう
  • コレステロール値やカロリーも下げることができ、健康的に体重を落とす助けになるでしょう。ウォーキングは脂肪を落とすだけでなく、筋肉も強化できるからです。
  • ウォーキングの習慣がつくと、日々の活動を行う意欲やエネルギーが大きくなっていることにほどなく気づくでしょう。それだけではなく、身体のポジティブな変化を鏡の中に見て取ることで、自尊心も改善されるはずです
  • 関節や骨がより健康的になり、肉離れや骨折、こりなどの症状が予防できます。身体の動きがより強く敏捷に感じられ、実際にも変化があるはずです。
 
  • ウォーキングは便秘予防にもなるので、消化系にも良い効果があるでしょう。
  • 心血管機能、呼吸器機能も明らかに改善されるでしょう。

さらに毎日のウォーキングはストレスの緩和にもつながります。エネルギーをより消費することで眠りにつきやすくなり、睡眠の問題も解消できるでしょう。

また歩くことでホルモンの分泌が活発になり、満足感や意欲、明るい気持ちを感じることでうつ症状に陥る可能性が大きく減るでしょう。

 

今日からウォーキングを始めましょう!

夕暮れを歩く人

こちらの記事もご覧ください:毎日のウォーキングで引き締まった体型を維持しましょう

これらの効果を得るためには、運動にふさわしい服装をし、歩いた後はストレッチをすることに気を付けましょう。今後のケガを防ぐことになります。

毎日ウォーキングをすることは、正しい食生活や十分な水分補給と同様、いつまでも健康に身体を維持するためにできる非常に大切なことです。

動くということは身体の自然な機能の一部ですから、動かない生活を長く続けるということは、容赦のない早期老化や劣化を招きます。

初めのうちは少し退屈に感じるかもしれませんが、長い目で見てウォーキングが身体にもたらす効果は非常に大きなものです。

 
  • Barton, J., Hine, R., & Pretty, J. (2009). The health benefits of walking in greenspaces of high natural and heritage value. Journal of Integrative Environmental Sciences, 6(4), 261–278. Available at: https://doi.org/10.1080/19438150903378425. Accessed 12/05/2020.
  • Franke, A., Harder, H., Orth, A. K., Zitzmann, S., & Singer, M. V. (2008). Postprandial walking but not consumption of alcoholic digestifs or espresso accelerates gastric emptying in healthy volunteers. Journal of Gastrointestinal and Liver Diseases17(1), 27. Available at: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18392240. Accessed 12/05/2020.
  • Murtagh, E. M., Murphy, M. H., & Boone-Heinonen, J. (2010). Walking: the first steps in cardiovascular disease prevention. Current Opinion in Cardiology, 22(5), 490–496. Available at: https://doi.org/10.1097/hco.0b013e32833ce972. Accessed 12/05/2020.
  • Richardson, C. R., Newton, T. L., Abraham, J. J., Sen, A., Jimbo, M., & Swartz, A. M. (2008). A Meta-Analysis of Pedometer-Based Walking Interventions and Weight Loss. The Annals of Family Medicine, 6(1), 69–77. Available at: https://doi.org/10.1370/afm.761. Accessed 12/05/2020.
  • Sullivan Bisson, A. N., Robinson, S. A., & Lachman, M. E. (2019). Walk to a better night of sleep: testing the relationship between physical activity and sleep. Sleep Health, 5(5), 487–494. Available at: https://doi.org/10.1016/j.sleh.2019.06.003. Accessed 12/05/2020.
  • Williams, P. T., & Thompson, P. D. (2013). Walking Versus Running for Hypertension, Cholesterol, and Diabetes Mellitus Risk Reduction. Arteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology, 33(5), 1085–1091. Available at: https://doi.org/10.1161/atvbaha.112.300878. Accessed 12/05/2020.